劇場公開日 2012年4月28日

  • 予告編を見る

ル・アーヴルの靴みがきのレビュー・感想・評価

3.512
20%
50%
26%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

4.0大切にしたい作品

miharyiさん
2018年10月10日
PCから投稿

鍛え抜かれた優しさは、ときにユーモラスに、ときに頑固に隣近所に伝染していく。
凹凸のない平凡な画像ですが、静かに心に伝わってくる。
とても大切にしたい作品。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
miharyi

3.5愛と希望がある

osanさん
2018年4月26日
PCから投稿

愛がある。希望がある。優しさがある。眼が未来に向いている。
ああ、映画だなあ、と実感できる作品。

そうそう、やっぱり小津安二郎の世界観が見て取れるとね、ってところで、日本人である自分にも共感しやすい。

他方、西欧の移民問題については共感というと厳しい。
西欧とアフリカとの歴史的関係を考えると、思いやりのない世界がそこに存在しているように感じる。ボタンを掛け違えていませんか、西欧さん? と言いたくなる。
1つのヨーロッパ共同体などと悦に入っていらっしゃるが、アフリカや中東は違うのかい? と問いたくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
osan

4.0難民映画の嚆矢

kkmxさん
2018年1月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kkmx

3.0ハッピーエンド?

2018年1月1日
Androidアプリから投稿

監督の評価と名作との評判で鑑賞したのですが。先入観なく鑑賞しましょう。後日見なおしたいと思います。重い内容を感じさせないマジック?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
びわ湖のこーちゃん

4.0観客は滑稽にも置き去りにされる。

2016年11月4日
iPhoneアプリから投稿

人々の愛に心が満たされていく中で、常につきまとう不安。
「いつ清算されるのか」と落ち着かない観客をよそに、誰もが望む、しかし1番あってはならないようなラストを迎える。
観客はただ呆然と泣き笑うだろう。
結末を恐れていた自身を一笑に付された様な気分で。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヨーザン

1.0ん~・・・

jjjjjさん
2016年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
jjjjj

3.5優しさのかたち

sonjeさん
2014年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

アキ・カウリスマキ作品はこれが初めて。期待を裏切らない、独特の空気感に出会えた心地よさが残った作品となりました。
仏港町、ル・アーヴルを舞台に、靴磨きの男と不法侵入の少年。また、男の妻や彼らをとりまくご近所さん。人間同士が紡ぐ優しさのいろんな形を、押し付けるのではなく、何気なく置き、見つけ出させてくれるような、さりげない感覚。
そんな類いの善意は、一つ一つは小さくても、それが結集して力を生み、事態を好転させるのだと思いました。

そして助けられた少年も 一度は命をあきらめた妻と主人公の二人のこれからも、心憎い警部や街のご近所さん達も・・いったん物語はおしまいになりながらも、またそれぞれの新たな始まりを予感させてくれるような終わり方が(小ぶりで控えめ、でも空に向かって咲いていた桜の木が、それを象徴しているように)気持ち良かったです。
奥さんの旦那様に対する愛の強さは無表情なのに、とてもこちらに伝わってきて、この最終展開はファンタジックでもあり、ちょっと感動しました(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
sonje

4.0日本の人情映画の世界

近大さん
2014年8月11日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

知的

幸せ

北フランスの港町ル・アーヴルを舞台に、靴みがき稼業の老人とアフリカからの不法移民少年の交流を描いた、フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督作。

素朴で淡々とした作風。
カウリスマキの作品を見ると、小津安二郎の作品を感じる。

小さな小さな人の善意、周囲の人間模様に夫婦愛…。
悪人も登場しない。あの警部の描かれ方もいい。
人情の世界、日本映画の世界だ。

心温まる作品ではあるが、べったり感情には寄り添わない。
クスッと笑えるユーモアもあるが、少しビター。
じんわりしつつ、移民問題も込める。
秀作。

不法滞在の少年との交流を描いた「扉をたたく人」があったが、こちらも良作!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.0「幸福」に包まれた秀作

2012年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

幸せ

 あらすじだけ見るとどんよりと暗い映画を想像するかもしれない。だが実際はまったく反対なのだ。
 まず特筆すべきなのはこの映画が持つ「雰囲気」だろう。貧しい老人や移民問題といったリアルでシリアスな問題を描いているのに、どことなく能天気で暗い気分にならない。それがノルマンディーの風景と重なり合って、良い味を出している。現代の話なのに映像感や描き方がどことなく’60年代、’70年代を彷彿とさせる。何とも言えない不思議な空気感なのだ。
 俳優達も良い。誰も彼もが一度見たら忘れられないキャラクターばかり。マルセルの見た目は決して「いい人」ではないのに、彼の行動や言動から彼が持つ優しさがあふれ出ている。仲むつまじい夫婦の様子も非常に好感が持てる。近所の店主達や靴みがきの同僚、さらには警官まで。みんな全くの「いい人」ではないが憎めない。これがこの映画を一筋縄ではいかない者にしているのだろう。そして唯一の純粋な良い子である移民の少年イングリッサ。彼とマルセルの無言のやりとりは何とも言えずおかしい。
 ところどころクサイ台詞や、理想主義的な展開が鼻につく人もいるかもしれない。でもこの映画の登場人物と同じように、心からは憎めない。見終わった後は何とも言えない幸せな気分になれること間違いなしだ。
(2012年5月20日鑑賞)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
キューブ

4.0ル・アーヴルに舞い降りた天使とは・・・

Chemyさん
2012年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Chemy

4.5もう理屈抜き。

dekatterさん
2012年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

観たあと旅に出たくなる映画、一杯飲りたくなる映画が好きだ。カウリスマキ監督は期待を裏切らない。スチールの連続のような絵、色調、照明、演出。しかも今回は港町でカルヴァドスだ。もう理屈抜き。★4.5 http://coco.to/4034

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dekatter

4.5カウリスマキの独特な世界

2012年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
DOGLOVER AKIKO
「ル・アーヴルの靴みがき」の作品トップへ