ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館のレビュー・感想・評価

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

劇場公開日 2012年12月1日
21件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

古典的な仕上がり

ダニエル・ラドクリフがパパ役を演じたホラー作品。
古典的な仕上がりと日本風な幽霊に思わずキャ~~っ。

miharyi
miharyiさん / 2018年9月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幽霊女を絶対チラ見せしかしない徹底ぶり。 鏡を横切ったり奥の方でこ...

幽霊女を絶対チラ見せしかしない徹底ぶり。
鏡を横切ったり奥の方でこっそり動いたりと終始チラ見せばかり。
最後の最後でしっかり出るだけ。
もうちょっと怖さがほしかった。
あとハリーはハリー

ハル
ハルさん / 2017年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファンタジーのような… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映像きれいでした
雰囲気も良い

ホラー要素というより、急に音がなってびっくり!などという
反射的な驚きが多い映画でした

物語はものすごく単純だけど、
なんであのような終わり方をしたのかがひっかかる
めでたしめでたしで、綺麗に終わらせてもよかった気がするのに
結局ああなるのね…という脱力感が見終わった後に残りました

骨折り損とは、まさにこのことでは

あと、私が見逃してるだけかもですがあの番犬は結局どこへいったんだろう?

とば
とばさん / 2016年9月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正統派ゴシックホラー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あんな洋館に独りで遺品整理とかやってられるか~(笑)

と思いますが、それでは映画になりませんね。

洋館で起こる怪現象はこちらもビクビクさせられます。
呪いの理屈もわかったラストは悲しいけれど、納得できる。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2015年12月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気で魅せる英国ゴシックホラー&ポッター弁護士

久しぶりにホラー映画を見たこともあってか、ベタベタな驚かし演出にも時折ビクッとなってしまいました(苦笑)
まあ超古典的でオーソドックスな英国ゴシックホラーでしたので、意外性はありませんでしたが、全体的な雰囲気、不気味感はなかなかのもので、来るぞ来るぞと分かっていてもビクつかされてしまう辺りの見せ方は、まずまず悪くはなかったんじゃないかなと思いましたよ。

勿論、主演はハリー・ポッターでおなじみのダニエル・ラドクリフでしたので、程々の怖さだったのは何となく予想した通りではありましたが、私レベルはこのぐらいでちょうどいい感じでした。
しかしラドクリフも妻に先立たれた子持ちの弁護士を演じる年頃になったんですねぇ。
正直違和感ありありでしたが、まあ演技自体はドロドロになりながら結構頑張っていましたし、十分評価に値するものだったのではないでしょうか。

メインとなった不気味な田舎町に存在する怪しげな館に纏わるストーリー自体は、何となくどこかで見た感は拭えず。
どちらかと言えば、ジトジト感、そしてお化け屋敷的な驚かせ演出で、話的な盛り上がりに足りないものを補っていた感じでしたね。
まあ結局終わってみればギミック的な部分の方しか印象に残っていないのは良いのか悪いのか・・・。
伏線も全て回収できていたのか、疑問な部分がありましたし・・・。

ただ、意味深なラストは個人的に結構好みな終わり方でしたね。
見る人によってどちらにも解釈できそうなラスト、私は彼自身が望んでいたラストと取りましたが・・・。
ところで、彼は弁護士らしいこと何かしてましたっけ?(笑)

スペランカー
スペランカーさん / 2015年11月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ダニエルラドクリフ頑張ってます。違和感なくハリー感なく見れると思わ...

ダニエルラドクリフ頑張ってます。違和感なくハリー感なく見れると思われます。が、ハリーの印象は強すぎますよね〜笑。酷です。ハリポタ子役は苦労してるんでしょうね。大変。
ホラーはあまり観ないのですが、ホラーでホロっとするのは凄く印象に残って好きですね、個人的に。しかし、この作品はそー言ったものではなく、終始ローテンション。雰囲気大事にしてて、ラドクリフ押しですね。怖さは多少感じられますが、途中でボケーっと気が抜ける感じが多少ね、ありましたね多少。見る環境にもよるのかな?。
ドンドン、ラドクリフに色んな役をやって欲しいと感じさせられました。そこはGOOD
ビックリ系じゃないぶん、いい感じで観れました。

VANeRop
VANeRopさん / 2015年3月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリーは盛り上がりに欠けるが

人物や街並み雰囲気など、絵がとても綺麗で楽しめた
途中で少したるみましたが、最後の落ちがそれなりに好きだったのでよかった
あくまで雰囲気重視のゴシックホラーなので字幕版で観るべきだった

Rekiboh
Rekibohさん / 2015年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アーサー・キップスと黒衣の女

ハリポタ卒業後のダニエル・ラドクリフの第一回主演作として話題になったホラー。
妻を亡くし失意の若き弁護士アーサーは、ある老婦人の遺言状を探す仕事の為、一人息子をロンドンに残し、田舎町の館を訪れるが、度々謎の黒衣の女性を目撃する…。

19世紀のイギリス、郊外の古ぼけた屋敷…ゴシックホラーのムード充分!
ジャパニーズホラーのようななかなか見せないじわじわ煽る恐怖演出も好感持てる。
ポッターくん…失礼、俳優ダニエル・ラドクリフの意表を突く父親役もそんなに悪くなく、泥塗れにもなる熱演。
そして、数々の名作ホラーを手掛けたハマー・フィルム作品というのも食指が動くポイント。

冒頭、3人の少女の死から始まる忌まわしき呪いの連鎖。
人によってはバッドともハッピーとも受け止められるラストも余韻が残る。

ハリウッドのこけおどしホラーとは違うイギリス製の上質なホラー。
ムードも含め悪くなかったのだが、ストーリーがちょっと大人し過ぎで、何かパンチの効いたものがあればもっと良かったとも思う。

近大
近大さん / 2015年1月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良作ゴシックホラー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

役者の知名度だけが売りの映画かと思っていたが、意外に良くできたホラー作品で楽しめた。

音によるこけおどしも多用されているが、怪奇現象の見せ方はバラエティーに富んでいて最後まで飽きる事はなかった。

黒い女の怨みが晴れる事は最後まで無かったようだが、主人公家族を見送る黒い女の表情を見ていると、最後の惨劇は主人公に対する彼女なりの恩返しだったのではとも思えてくる。

ソルトン
ソルトンさん / 2014年5月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私は好き ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私はすごく好きな映画でした。
どストライク、というやつです。

はじめの人形を踏みつぶし窓から飛び降りた3人の少女、没頭から気味の悪い綺麗な怖さが伝わってきました。

ラドクリフもしっかり男の子から男性になっていて
父親役、ぴったりでした。

問題はラスト、
これは好き嫌いが別れるのではないでしょうか。
メリーハッピーエンドか、ハッピーエンドかバッドエンドか。

私はハッピーエンドだと思ってます。
電車越しにいたたくさんの子供達やあの女の霊はハッピーエンドとはいい難い気もしますが
「パパ、あの人は誰?」
「ママだよ。」
の後のお父さんの笑顔はこの映画の中での一番幸せそうな顔してた気がしました。

全体的に雰囲気としては
哀しい、そんな映画です。
とても上品な後味のする作品だと思うので是非見てみてください。

らん
らんさん / 2014年5月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めてホラーを観る人に勧めたい作品(○´∀`○)

キャストに全くの無駄がなく、ホラーにおいて個人的に必要な要素「カット割り」、「BGM」、「意外性」、すべてにおいて文句のない作品だった。現代的なホラーよりはゴシックホラーの方が、深みがあり、わざとらしくないゾワゾワ感があった。

正直劇場スルーしたのが悔しいくらい。

チャリンカーベル
チャリンカーベルさん / 2014年3月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

The Woman In Black

これホラー…やったん??怖がりの女友達4人集まって夜中の2時から部屋真っ暗にしてキャーキャー言うために鑑賞したのに言わずに終わってしまったよ(´・_・`) 1人に至っては途中でいびきかいて寝ちゃったよ。笑 なんだか期待外れ(-_-)zzz 子役が可愛かったからまだ観れたけどなんだかなぁ〜。

misaki
misakiさん / 2014年2月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラドクリフが哀れすぎる・・。

正直、脚本が悪すぎると思います。
ホラーは解りづらいと得てして凡作になるものです。ハリポタシリーズの後の注目作品にしては正直、出る作品間違えたんじゃない。細かいプロットや演出もダメ。ラドクリフがいくら奮闘しても駄作は変わらない。

としぱぱ
としぱぱさん / 2013年9月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

かくも母親の執念は怖ろしい・・・

 正統派ゴシックホラーですね。こけおどしではないところに好感が持てた。やっぱり原作物は違うみたいだ。何故なのかわからないのではなく、ちゃんと理由があるところが納得できる。ダニエル・ラドクリフは、かわいかった頃を知っているので、あごにえくぼができ、髭も濃くなった今を観ると、男になってしまったなぁと思う。少しさびしい気分。でも、碧い瞳はすてきだった。今回はなんと父親役! ハリー・ポッター役を終えて、彼もいろいろチャレンジしているんだなぁ。彼の苦労が報われないところがちょっぴり悲しいけれど、あれで幸せなのかしら? わかりましぇん・・・

瑞
さん / 2013年7月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白くない

ダニエル・ラドクリフがハリーポッター完結後に初主演した映画。
しかし19世紀末のロンドン、嫁を亡くした子持ちの弁護士ってのはちょっと役に合ってないような。
映画はミステリー風味のホラー。ただし何かの真相を突き止めるわけではなく、単に幽霊が地味に登場するだけ。
そのわりに現地の人々が訳アリだったり、過去の軋轢があったりで、展開が面倒なんだな。ぶっちゃけストーリーは致命的に面白くない。
ヨークシャーデールズ国立公園でロケしたという映像はとても綺麗。まぁ見どころと言ったらそれくらい。これはラドクリフファンはともかく、ホラーファンなら全く納得できない出来だろうな。

テツコ
テツコさん / 2013年6月6日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

20世紀初頭のイギリス!

原作を読んで映像化したものを観てみたいと思い劇場へ行きました。
まさに20世紀初頭のイギリス。
それもロンドンではなく沼沢地帯の寒村と沼の中の無人の邸宅。
本を読んでイメージしたものが詳細に映像化されていました。
ストーリーの方は換骨奪胎というか大幅に原作から変えられていましたが
ホラー映画としてはまっとうな恐怖ポイントをまんべんなく配置してあり、
変な言い方ですが安心して観れました。

ストーリーは原作の健全で善良な村人達含めた人間と
恨みの感情そのものだけが残ったような亡霊の非人間性の対比が印象にあったので
恐怖を持続させるには脚本はこうなるのかというところは勝手に理解しつつ
でもちょっとなあとも思いました。
原作は最後にアッと言わされるような構成でしたが、
映画は主人公は分かってなくても観ている方はスルスルと亡霊が人に対して何をしてるか分かるような作りでした。
ベタですが亡霊に恐怖しつつ謎を追って行くような展開で十分だったような気がします。
まあ原作には無いデイリー夫人の奇行とかも面白かったので悪い面ばかりでは無いですが。

主演のダニエル・ラドクリフについてはいかにもイギリス人という容貌のためか
一度もハリー・ポッターが頭をよぎることも無く、
若いロンドンから来た弁護士の役にハマっていました。

ぷくーちゃん
ぷくーちゃんさん / 2012年12月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖かったぁ…

ホラーなんだから、怖いのは当たり前なんですが((((;゜Д゜)))、犠牲になるのが子供ばかりなのには正直、悲しくなりました。

中盤の恐怖インパクトはかなりのもので、思わず、薄目開けて観てました。(笑)

なので後半の解決シーンはあまりに単純であり得なくて…『えぇ〜、これで終わりなの??』ってガッカリ(-.-)

でも…最後の最後は…
(T_T)

結果として本当に救われたのはいったい誰なのか、幸せとは、恨みとは、愛とは何なのかを考えずにはいられない作品でした。

まぁ☆
まぁ☆さん / 2012年12月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ジャパニーズホラーの方が怖いことを確認 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直あまり怖くありませんでした。

カメラワークといわゆる亡霊のメークが今ひとつなのでダメでした。
“はい!ボー霊出まーす!” “見て見て!ボー霊出ますよ!”って感じです。
“呪怨”と比較しちゃいますが、呪怨の方が千倍怖いですね。

最後も自分の子供が死んじゃって、………予想できました。

ハリーポッター終わってこの映画じゃちょっとかわいそうですね。

ちょっと損した気分です。

おにっち弐号
おにっち弐号さん / 2012年12月5日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

闇の底より来たる女。海外ホラーでは屈指の怖さ!

ま、映画の良し悪しの基準は人それぞれなので話半分に聞いて欲しい。

もう今年も12月に入った事なので断言して良いだろう。
個人的な意見を述べさせてもらうなら……本作は2012年で最高のホラー作品!
それどころか、僕がこれまで観てきた幽霊屋敷系ホラーのなかでも相当に出来が良い部類に入るかも。
(参考として挙げるなら、ベタだが『シャイニング』『家』、
最近なら『呪怨(2003)』『インシディアス』辺りが好みです)

一般に、海外ホラーにはじわじわ身内に染み入るような恐怖が足りない。
ショック描写は多かれど、その恐怖が持続しない。
人の理解を拒むほどの怨念や忌まわしさが足りないのだ。

だがこの映画は開幕からして“忌まわしさ”を感じさせる。
踏み潰される人形の頭。3人の娘が並び立つショット……。

本作の亡霊には情け容赦が無い。
執拗に“あるもの”だけを狙う。
ハートウォーミング路線で決着させようとするホラー等は、
怨念の起源が割れた途端に恐怖が薄れる傾向にあるが、
この亡霊の場合は主人公が真相に迫るほどに恐怖が増す。
こちらの同情を一切拒むほどの深い憎悪を感じるからだ。
館の全景と主人公が同じフレームに収まるカットが確か3回ほどあったのだが、
回を重ねる毎に屋敷がその重量を増していくかのように見えた。

観客をダレさせずに引っ張る、緊張と緩和のテンポも巧い。
屋敷の不気味さは勿論、
命を感じさせない寒村、晴れない空、だだっ広い湿地に浮かぶ島など、
ゴシックムード満点の風景も良い。

コケオドシに頼らない恐怖演出も見事だ。
遠方から滑るように迫る蒼い顔。
命を感じさせる人形たち。
揺れ続ける座椅子。
稲妻に浮かぶ子ども達。
膨れ上がるシーツ。
泥の底より這い出る者……あのシーンのおぞましさときたら!

こちらの顔が強張ったままになるシーンは幾つもあった。
暖房の利いている劇場なのに、悪寒を感じた。
「Jホラー等の手法まで引用したごった煮」と評した評論家もいるようだが、
他作品の手法を引用しない映画を見つける方が困難だし、
引用した所で少しも面白くないJホラーだってゴロゴロあると言いたい。

残念なのは、恐怖のピークが中盤だった点かな。
街の有力者が主人公に協力的だった理由にももう一歩が欲しかった。

けど、それくらい。
個人的にゃ大満足のゴシックホラー!
ラドクリフ君も結構頑張ってました。

<2012/12/2鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2012年12月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

甘く見てた!!!

映像が怖い! 人が怖い! 街が怖い! 音楽が怖い! そして何より館が怖い!!! ハリーポッターが主役だからてっきりファンタジックホラーかと思ったらとんでもない怖さだった! 本当に怖いのはモンスターでもオカルトでもなく"霊" なんだなぁと思った! 最初から最後までダークな世界観で何度もビクッとさせられ物凄い緊張感で瞬きをするのを忘れる位に引き込まれました。
ストーリー的には物悲しいものでした!!! (;_;)

アンちゃん
アンちゃんさん / 2012年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

21件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi