ONE PIECE FILM Z

劇場公開日

17%
43%
33%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人気アニメ「ONE PIECE」のオリジナル劇場版。興行収入48億円の大ヒットを記録した「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」(2009)以来3年ぶりに原作者の尾田栄一郎が自らプロデューサーを務め、劇場版では初めて「新世界編」の物語を描く。全海賊の抹殺こそが正義だと信じる元海軍大将ゼットが、古代兵器に匹敵するといわれるエネルギー・ダイナ岩を強奪する。ルフィたち麦わら一味は、海軍との激闘で傷ついたゼットを偶然助けるが、海賊を憎むゼットに打ちのめされ、ルフィの大切な麦わら帽子を奪われてしまう。人気放送作家の鈴木おさむが脚本を担当。オープニングテーマを中田ヤスタカ、主題歌をアブリル・ラビーンが担当。

2012年製作/107分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 日本アカデミー賞(2013年)

ノミネート

優秀アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会

映画レビュー

4.0男のロマン

2021年9月19日
スマートフォンから投稿

男子なら誰でもロマンをもって生きている。
それがどのようなロマンなのか、どれほどの情熱なのかは人それぞれ。
ある人は「海賊王になる」というロマンを求めて危険な敵と死闘を繰り広げる。ある人は「海賊のいない世界を作る」というロマンを達成するため命を張って最期まで戦い抜く。
そんなロマンの詰まった作品だな、と異性ながら思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
バカボンこあら

5.0少年漫画のくせに...お洒落じゃないの...

2021年7月28日
PCから投稿

新世界に突入して初めての劇場版ということで製作陣も努力したんですかね。最高の劇場版になっています。
まず最初に驚くのが舞台や衣装などのお洒落さですよね。特に衣装はアルマーニが協力しているということもあり、いつもと一味違う麦わらの一味を見ることができます。
そして舞台も藤井道人監督作品かと思うくらい美しい自然を魅せているので思わず泣いてしまいそうになりました。
オープニングムービーもまるでATLUSのゲームぐらいスタイリッシュでずっと見ていたいようなものになっていましたね。
キャラクターも全員魅力的。アインは可愛いしビンズは一度見たら忘れられないようなキャラデザです。そしてZは一本筋を通しているカッコいいオヤジでこれぞワンピースというキャラクター達になっていました。
作画も劇場版クオリティ物語のキーであるダイナ岩の爆発や黄猿のピカピカの実のレーザーシーンは特に力が入っていました。
ワンピースの劇場版の中でも特に面白い作品となっています。是非ご覧ください。
ナミとロビンの年齢が戻るシーンがちょいエロいのも良いですよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤だるま

3.0予備知識なしに見て楽しめる

2021年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

それぞれのキャラクターが、いわくありげに登場し、存分に輝きを放つ贅沢な作り。
原作を読んでいれば、また更に楽しめるのでしょうが、一本の映画としてみても、そこそこ楽しめる出来栄えです。
やや詰め込みすぎの感あり。子供と一緒には無理かな。

2013.11.7

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

5.0原作者監修の強味

笹本さん
2021年5月8日
Androidアプリから投稿

尾田先生監修、という通り、ONE PIECEの世界観、キャラクターの矜持が、細部まで詰まっています。ONE PIECEファン、取り分け、海賊らしく自由でかつ信念を貫き通すキャラが好きな人は心の底から楽しめるのではないでしょうか。
ルフィや敵キャラZの生き様がこの100分に詰まっており、尾田先生の「どうです、カッコイイでしょう」という声が聞こえてくるようです。

また、当時ONE PIECE原作は本当に盛り上がっており、大変な熱量がありました。その熱量をそのままに、ファンが欲しがっていた情報を匂わせる程度ではありますが色々と盛り込んでくれたのがこの映画です。良い意味でのサービス精神に溢れた作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
笹本
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ONE PIECE ワンピース」シリーズ関連作品