仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!のレビュー・感想・評価

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!

劇場公開日 2012年8月4日
2件を表示 映画レビューを書く

ドラゴンボールとキン肉マンを飲み込んだ、フォーゼと言う銀河(器)

相変わらず素晴らし過ぎる坂本監督のアクション演出による肉体乱舞が、今作品最大の魅力。
過剰な期待感を抱きなから鑑賞しても、まだお釣りが来るくらいにそのポテンシャルは凄まじかった。
しかし肝心のシナリオには難癖を付けたい。
ブラックナイトの露払いが露呈した瞬間、物語全体のエネルギーが萎み、それと同時に急激にキョーダインの存在感も霞んだ。
これでは誰に対して「宇宙、キターー!!!」と叫び、「タイマン張らせてもらうぜ!」と見栄を切れば良いのか?
その後の展開は目を閉じながら、耳で音を拾っていても想像出来るほどの予定調和。
ライダーやヒーローものにありがちな、お約束の「熱さ」を内包した予定調和なら許せるが、2年前の『運命のガイアメモリ』をなぞっただけの実に薄ら寒い「熱さ」には夏と言う季節を忘れてしまいそうになった。
やっぱりライダーにはもうちょっとシリアスさが必要です。

智哉
智哉さん / 2012年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは…映画とは呼べないか(苦笑

甥っ子のお供で劇場に足を運びました。

昨年の「将軍様と24のコアメダル」の出来が結構良かっただけに、ガッカリという感じです。

往年のヒーロー、宇宙鉄人キョーダインが出る!というのが本作のウリの一つですが、突然出てきて襲ってくるだけの印象で、扱いは良くないです。
序盤に解説を入れると、導入部の作りが前作と同じようになってしまうから避けたのかもしれませんが、事前情報がないと何の事やら解りません。

ストーリーも、コズミックエナジーで月面と学校が繋がっているといった事は本作の「前提」であって、特にそこを印象づける何かがある訳ではないので、終盤の展開に頭がついていかず。中盤のあれこれは一体何だったのかという感覚になてしまいます。
商品展開等でスイッチがキーアイテムなのは理解しているつもりですが、本映画は昨年のようにサブタイトルに「スイッチ」が入っている訳ではなく、冒頭で取り引きされていたスイッチについても何も解説がないので、結局のところよく解らないまま物語が進んでいきます。

仮面ライダーの映画は当たり外れの大きいのかなという感じもしますが、これでは某映画に「これが映画だ!」と言われても仕方のない状況かなと思います。
子供向け作品で、メインは終盤の大半を占める戦闘シーンだと言われてしまえばそれまでなのですが…

はち公
はち公さん / 2012年9月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi