ハード・ラッシュのレビュー・感想・評価

ハード・ラッシュ

劇場公開日 2013年6月15日
13件を表示 映画レビューを書く

もっと意外性がほしかった

家族のために頑張る伝説の運び屋のマークウォーバーグ
キャッチコピーほど騙さないので展開にあと一ひねり欲しいとこ

TRINITY
TRINITYさん / 2017年6月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ

それなりにストーリー展開が早く面白い。裏切りものがかなりの身近な人物だとだけ言っておく。マークの演技かなりいいですね。アクションかなり斬新です。

素子
素子さん / 2015年5月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

弟と親友ひどい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

親友がクズ過ぎるよな。奥さんに好意があるのは分かるけど、セメントで生き埋めはまじでないよな。パナマにチンピラを仕切っていた奴いたけど、すぐ死んだな。もう少し戦闘シーンとか観たかったかな。

むった
むったさん / 2014年10月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん

ほとんどアクションないですね~
トランスポーターのような運び屋とは違って、世界の運び屋にしてはエリート感がないですし、もっとマーク・ウォールバーグの強靭な身体も活かしてほしかった。

引退した運びやが家族のために再び奮闘する話ですが、そのストーリーと映像、キャストの力でB級映像にはなりませんでした

コミューズ
コミューズさん / 2014年7月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルが適当

こういう小粒でタイトな映画は嫌いじゃないが邦題が適当すぎてそのうちタイトル見てもどういう映画だったか思い出せなくなりそう。原題はCONTRABAND(密輸)。耳に残る単語なのでそのままでも良かったんじゃないか。ある程度先が読めるのが難点だけどハラハラさせられるのは楽しい。しかしケイト・ベッキンセールが何故この映画に出ようと思ったかは謎だ。

george
georgeさん / 2014年7月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

tedのいないマーク・ウォールバーグに違和感が。

大型輸送船を利用した密輸計画。
現地でブツを仕入れて輸送船に何とか載せて密輸する。

特段新しい要素は無いものの急遽実施することとなった密輸計画の行き当たりばったり加減、行く先々でのアクシデントは観ていて面白かったです。

また、登場人物全てに一応のオチが付く点も好印象でした。

安心して観れる反面、かなり地味な本作。

必要以上の刺激を求めていない方。
オススメです。

Opportunity Cost
Opportunity Costさん / 2014年5月24日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平凡

頭の先から尻尾まで、ご都合主義の甘いアンコがたっぷり詰まったタイ焼きのようなB級アクション映画。
実際に逮捕歴まである下町育ちの暴れん坊だったウォールバーグには、この手のちょいワルの不良役がよく似合う。
でも、小悪党同士の内輪もめではストーリー的に盛り上がりようがなく、延々とコンテナ船での宝探しゲームを見せられていたような感じがする。
また、期待した銃撃戦も密輸品の仕入先であるパナマのシーンで少しあった程度で、後はただ銃を突きつけ合うだけの威嚇合戦に終始してしまったのが何とも惜しまれる。

みつまる。
みつまる。さん / 2014年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハード・ラッシュ

「グランドイリュージョン」を観てから主人公達が人々を騙すジャンルが好きになった。主人公の弟がバカな行動ばかりするのでイラついた。「テッド」のイメージを覆すアクションとサスペンスの演技が凄かった。

パーシー
パーシーさん / 2014年3月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たまにはいいか^^;

生々しく、人が殺されるシーンがないからいいか^^
しかし、無理やりつけた、英語の邦題^^;意味がわかりません。
日本の映画配給会社は余程人材不足?

J417
J417さん / 2013年12月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハラハラドキドキ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・船の運び屋の映画。最初から最後まで問題続出でハラハラドキドキ。楽しく観れました。
・妻の弟無能過ぎて腹が立つ!見捨ててしまえ!と思ういっぽう、アメリカ人の身内に対する人情のようなものを感じた。
・船の運び屋なのに、海のシーンが少ない。
・奥さん巻き込まれて可哀想。豹変する友人怖い、、。

kazumi
kazumiさん / 2013年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やる気の無い邦題 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どこかで聞いた事あるような、やる気の感じられない邦題。
すぐ浮かぶだけでも、「ハード・チェック」「ハード・キャッシュ」てのがあり(調べたら似たのがまだあるでしょう)、なんでパッとしないタイトルつけるかなーと思いながら観たら...中身もパッとしなかった。

バカな義弟のために、再び悪事に手を染める元運び屋の主人公が、転んでもただでは起きないかの如く、漁夫の利を得るオチは嫌いでは無い。
だが、そこに至るまでの過程があまりにも強引で、リアリティが無さすぎる!

リアリティの無いアクション映画は山ほど観たけど、それとは違う、なんだろう?この観終わった後のすごい違和感て考えたら、わかりました。
目的地へ行ったら、なし崩し的に名画強奪やる羽目になり、主人公達だけあっさり助かる。憎たらしい船長の自宅で、あっさり主人公だけ脱出できて、敵だけ罠にハメる。ドアをばんっで頭ごんっ、死亡確認もせずセメントかけられる妻。そして全て丸く収まりめでたしめでたしって、これコメディ映画でよくあるやつだと(笑)

コメディ映画のシチュエーションを役者が皆シリアスにやってたのが、違和感の正体だったのです。

という事で、本作はサスペンス・アクションとして観たらバカバカしくてやってらんないので、コメディ映画として観るのをオススメします。

たぁ〜ちぃん
たぁ〜ちぃんさん / 2013年10月25日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コンテナ船での密輸 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 運び屋の映画でコンテナ船での密輸描写をじっくり描いたのは珍しくて面白かった。仲間の一人が船を壊すのは嫌だとごねていたところが、船乗りらしくてよかった。見ているこっちも船が壊れそうになるところは少し胸が痛んだ。

 敵のチンピラも、主人公のマークウォールバーグも家族を持っていながら悪事に手を染めざるを得ない、そんな人生の悲哀を感じさせるところもよかった。

 最後、船長の部屋にチンピラが押し入ってコカインで騒いでいるところに船長が現れる場面がとても面白かった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2013年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目新しさはなく

タイトルはズバリ、密輸(contraband)。 やってはいけないことだから、いいことがあるわけない。 トラブルが 更なるトラブルを招いて…というストーリー。

コンテナ船、外国、ギャングなど 組み合わせとしては今までにない感じですが 目新しさはなく、先が読めて 盛り上がりに欠けます。 『ドライヴ』という作品を先に観てしまったこともあり、悪者(ギャング)に脅威を感じないし 又“仕事をこなすスマートさ”が見えないのも 脚本負けしてるかなぁと思いました。

主人公・クリスを演じた マーク・ウォールバーグ。 製作にも携わっており、“自分を魅せる方法”を知っている彼。 それだけの器量がありながら 動きがイマイチなのは演出のため、と思うと ちょっと飽きてくる中盤。
クリスの妻・ケイトを演じた ケイト・ベッキンセール。 完全に「お飾り」です。
クリスの友人・セバスチャンを演じた ベン・フォスター。 前半のキャラ作りは良かったのに、崩すのが早すぎた感じ。。 『X‐MEN』で背中に羽が生えてた彼です。
ギャングのブリッグズを演じた ジョバンニ・リビシ。 こっちも 中途半端だったなぁ。。 もっと自由に演技させたら 彼の良さが出るのにと思いました。 『60セカンズ』のニコラス・ケイジの弟役が 未だに印象に残っています。

で、結局これでいいの? 運だめしってこと? ギャンブラーは いつまでもギャンブラー。 依存したらなかなか抜けられないだろうな。 でも、続編はいらないから、絶対。。
DVDで観てたら もう少し評価あがったかも、2.5。

P.S.マークの兄、ロバート・ウォールバーグも 出演していたらしいのですが、見つけることができず。。 ご存じの方、どの場面の どの役なのか ぜひ教えてください。

Blue
Blueさん / 2012年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi