オレンジと太陽

劇場公開日

オレンジと太陽
24%
64%
12%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

社会派で知られるイギリスの名匠ケン・ローチの息子ジム・ローチが長編初監督を務め、イギリスで1970年まで行われていた「児童移民」の実態を明らかにした女性マーガレット・ハンフリーズの物語を描いたドラマ。ノッティンガムで社会福祉士として働くマーガレットはある日、幼い頃に子どもだけで船に乗せられオーストラリアに送られたという女性に出会う。そのことから、英国が児童施設などに入った子どもたちを福祉の名の下に密かにオーストラリアに送っていたことが判明。オーストラリアに送られた子どもたちを待ち受けていたものとは……。主演は「奇跡の海」「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」のエミリー・ワトソン。

2010年製作/106分/イギリス・オーストラリア合作
原題:Orange and Sunshine
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010

映画レビュー

3.0まさかの実話

chibirockさん
2020年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chibirock

4.5見て良かった。 両親がいて、幸せな子供時代を送らせてくれた事に感謝。

一路さん
2015年8月19日
iPhoneアプリから投稿

見て良かった。

両親がいて、幸せな子供時代を送らせてくれた事に感謝。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
一路

5.0泣き方を忘れた彼ら

2012年6月25日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

孤児の扱いで、外国へ送られ、保護者も気にかけてくれる大人もないままに、40年を生きて来た子どもたち。自分が誰かを知りたい、お母さんに会いたい、どこに聞けば、誰ならば助けてくれるのか。握手もしなかったレイがマーガレットの為にスープを作り、付き添い、告げたことば。八歳で泣き方を忘れた。あんたは、俺たちの涙を探してくれる。賛美歌に虐待の記憶を呼び覚まされる子どもたち。事実にことばがなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あんみつ

4.0この事実を知るべき。

dekatterさん
2012年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

ジム・ローチ監督の初長編作、観て良かった。やはり帝国主義は近代史の闇ではないだろうか。過去のイギリス、ドイツ、日本、そして相変わらずのアメリカ。cat stevensのWild Worldが心に沁みた。★4.0 http://coco.to/4034

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dekatter
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る