「103分間の生徒体験。」桐島、部活やめるってよ AKIRAさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

桐島、部活やめるってよ

劇場公開日 2012年8月11日
全227件中、197件目を表示
  •  
映画レビューを書く

103分間の生徒体験。

幾人かの視点で繰り返す金曜日で幕を明け、
映画部と吹奏部の一体感をクライマックスに、
ちょっぴり切ないエピローグへと向かう群像劇。

折り重ねられた生徒たちの物語から"今"が浮き彫りになってゆく。

共感と笑顔と痛快、
学生時代を想起させる懐かしさと、
戻れない寂しさが充満。

ほとんど成就できないまま行き場を失うあらゆる感情。
それでも生きていかなくちゃならない現実。

学校内に限らず、
連綿と続いてゆく複雑な人間関係がある限り、
どこででも抱えることになる人間の本質。

無意識に役を演じ、型にハマってしまう
『誰しもが持っている桐島化の要素』に溜め息。

そのモヤモヤ消えないラストに消化不良は感じたが、
103分間の疑似生徒体験で得た空気感は何度も味わいたいと思える親近感で、
自然と心に入ってきた。

再見したい。

AKIRA
さん / 2013年3月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報