グッモーエビアン!のレビュー・感想・評価

グッモーエビアン!

劇場公開日 2012年12月15日
28件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

後味良い映画

見終わった後は爽快。
漫画やドラマの世界ではよくある話だけど、
キャストの完璧さと好みの音楽。

愛しきロックな家族の物語でした。

さよならとありがとうは言えるときに
言わなきゃダメ!

これは名台詞でした。

大泉洋が訛ると名古屋弁も北海道弁に
聞こえるんだなぁ。

ちなみにこの映画のキングオブロックは
大泉洋でも麻生久美子でもなく、
フリマの店番やってた土屋アンナに決定!

あゆみ
あゆみさん / 2017年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後が惜しい

ライブのシーンの映像と音声がバラバラすぎてもったいなかった…

ウチも同じ家族形態なので元気もらいました^^

たっき
たっきさん / 2017年11月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通はつまらない

こんな家族が あって いいよな〜

江戸川 散歩
江戸川 散歩さん / 2017年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大泉洋ワールド全開、泣けて笑えるハートフルな映画でした

よくあると言えばよくあるタイプの作品でしたが、でも安心して感動できる、ハートフルでとても素敵な作品でしたね。
家族や幸せの形は人それぞれ、しかしそこに愛があれば、絆があれば、形なんてどうでもいい、ってことでしょうか。
正直アキとヤグの家庭で育ったら、ウザイなと思うことも多々あるでしょう。
でも冷え切った家庭で暮らすよりも、金は無くても底抜けに明るい家庭で暮らした方が何倍もいい、と言うのは案外大人になってから分かったりするものなのですが、まああれだけたっぷりの愛情を注がれて育ったんだと分かったら、間違いなくグッと来るだろうし、バカップルのウザさもあれはあれできっと愛おしくなったりするでしょうね。

ただ冷静に考えてしまえば、父親代わりの男があんなプー太郎だったなら、思春期の女の子はどう思うか、いや思春期の女の子じゃなくても、一体コイツは何してんだと思うこと確実でしょう。
自由人?いや、ヒモにしか見えないのが正直なところです(苦笑)
愛はあっても、やっぱりお金も必要だし、生活できなきゃ死んでしまう訳で、ある意味映画的な家族だったなと、若干引き気味に見てしまった部分もありはしたのですが、でもそこはエンターテイナーの大泉洋ワールドでそれでも何となってしまうのではないかと思わされてしまうのが、この方のホント凄いところですよね。
しかも泣かせどころはしっかり泣かせる、もうさすがの一言です、歌も甲本ヒロトっぽくてこれはこれで味があったなと思いました。

一方、麻生久美子が演じたロックな母親アキは単純にカッコ良かったですね、娘に語った終盤のシーンは本当にグッと来ました、本当は苦労して育ててきたんだろうなぁ・・・。
まあ娘にとっては普通の家族が本当にうらやましく思えるのだろうけど、隣の芝生は何とやらじゃないですが、普通の家族にも様々な問題がある訳で、まあ時には邪魔くさく思える家族でも、明るいのが一番、ハツキが大人になったらより一層そう実感することだろうと思わずにはいられない一風変わった家族の物語でした。
ただ小池栄子先生が言ってることも間違ってない、と言うか確かに「つまらん」けどむしろ正論なんで、先生としては間違いなくいい仕事してる先生だったなと、そこはフォローしてあげたいですね。

それにしてもハツキを演じた三吉彩花の美少女っぷりは半端じゃなかったなぁ、こんな子が同じクラスにいたら、ちょっとザワつきますよね、しかも親友がのんちゃん(元・能年玲奈)って、夢のようなクラスじゃないですか。
三吉は撮影当時リアル中学生だったとのことですが、相当大人びてましたねぇ、むしろのんちゃんが年下に見えたぐらい、そののんちゃんはこう言った脇役の方が案外いい味出せるのかも、純朴な少女が物凄く似合っていたと思いました。
三吉&のんちゃんの最大の見せ場であるあのシーンは、ちょっと拍子抜けでしたけどね、でも大泉洋的映画ってことで、これはこれでOKでしょうか。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年4月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良かった!

大泉洋のロックがなかなか良かったです。最後の歌は感動しました。のんちゃんが可愛くて見とれちゃいました。

REIKA
REIKAさん / 2017年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁまぁ

大泉洋がまんま大泉洋だった。
映画というよりSPドラマを観てるよう。
まぁまぁ楽しめました。

ちぃ
ちぃさん / 2017年1月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

完全に大泉洋。

なんかありきたりだけど大事なことをちゃんと教えてもらった。
大泉洋がはまり役!
心に熱いものがあればダサくてもいいんだな。ロックだな。それが回りまわって心が熱くなりました。
大好きな映画!

たかまさ
たかまささん / 2016年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パンク?ロック?

ありがちな話というか、ひねりがないというか、でも明るく後味いいからいっか。

能年ちゃんが出てるとこまでのエピソードのほうが好きだったな。
可愛い♪

ところで、大泉洋の格好はパンクなの?
レゲエの兄ちゃんみたくみえる。

『少年メリケンサック』のほうがパンク魂溢れてるね。

本まぐろトロ子
本まぐろトロ子さん / 2016年9月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大泉洋とパンクバンドのヴォーカル

家族の形とはどうあるべきか?
元伝説のパンクバンドのヴォーカル、ヤグと
17歳で娘を、出産したギターのアキ。
十年振りに帰って来た、ヤグに素直になれず
本心では違うが反抗してしまうハツキ。
とかくこの年齢の娘は難しい。

ピュアで透明感のある多感な15歳を
三吉彩花と能年玲奈が演じています。
二人とも美少女だなあ。
でも一番好きなのは麻生久美子。
様々な役を上手く演じるマルチな女優さん。
今回も明るく能天気なヤグを愛するアキ役を
さりげなくカッコ良く演じている、
何でも妊娠4ヶ月で撮影したとか。
パンクが胎教に良いのか悪いのか、
心配しながらもストーリーは続く。
ギャーギャーうるさい大泉洋はどーでも
いいが(むしろうざい)この3人が織り成す
家族愛の形。
ほっこりして以外な拾い物的な作品。

としぱぱ
としぱぱさん / 2016年9月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パンク感が薄いけど

ハツキ(三吉彩花)
アキ(麻生久美子)
ヤグ(大泉洋)
ハツキの同級生、トモちゃん(能年玲奈)
ハツキの学校の学年主任(塚地武雅)
ハツキの担任、小川先生(小池栄子)

テーマソングONE OK ROCKですよ!
染谷くん出てますよ!

と思ったら、出てなかった。最後の最後まで「あれ?」とか思いながら観てたけども。出てこなかった...

「BECK」「少年メリケンサック」的な、パンクロック×家族愛×友情って感じの映画。大泉洋、ハマリ役。「アフタースクール」では微妙に賢い役だったから違和感(失礼)だったけど、今回は突き抜けてた。しかも歌上手い。歌手じゃないよね?多才。

麻生久美子、昔バンドをやっていたという設定なのでほとんどパンク感がなかったのは物足りなかった。もっとパンチ効いたキャラでも良かったなぁ。家庭訪問で、フツフツとなりつつ最初ちょっと言い淀んでるのがもどかしかった。

そして娘役の三吉彩花!これあなたのプロモーション映画ですかってくらい可愛かった。綺麗。クールビューティ。思春期の女子っぽく、いい具合にふてぶてしくて不機嫌な表情がナイス。でも中3には見えないかな。もっとうんこでしょ。中3の女子ってさ。

エンディングのワンオクで感動8割増し。それ程でもないのになかなか泣きそうになった。いい歌。ワンオクすき。

Chisa
Chisaさん / 2016年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

これも一時代

青春時代、こんな家族、こんな生き方だってあるよね。

Mana
Manaさん / 2015年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大泉洋らしい役柄。 キャラが明るくロックを押している映画なので楽し... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大泉洋らしい役柄。
キャラが明るくロックを押している映画なので楽しく見れる作品ですが、
よくよくストーリをよくよく考えてみると、
結婚して子供もいるのに働きもせず家にもいないダメな父親で暗い話なんじゃ。。。

後のあまちゃんの能年ちゃん。
このときからかわいさ光ってます!

cenriv
cenrivさん / 2015年11月4日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

洋ちゃんかわいい

単純になんか楽しそだと思える映画。
あんなお父さんいたら楽しいだろうな。
たまに、良いこと言ってたりして
また観たくなるかも。

あみゅ
あみゅさん / 2015年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作読んだけど、映画でも泣きました

こんなの普通はありえないんだけど、
ヤグとはっちゃんの間には間違いなく親子愛7日友情なのか存在していて、
クライマックスで軽く泣きました。
あー、またレンタルしたいな。

EMI
EMIさん / 2015年6月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正直、どうでもいい内容なんだけど、能年ちゃんの可愛さと洋ちゃんのヒ...

正直、どうでもいい内容なんだけど、能年ちゃんの可愛さと洋ちゃんのヒロト風のライブのシーンに不覚にも感動してしまった。

ぬし
ぬしさん / 2015年5月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハッピーちゃん

こういう観る人か幸せになれる映画も好き。メインの3人が素晴らしく、ずっとこの家族を見ていたいと思わせる力がある。

佐ぶ
佐ぶさん / 2015年5月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

元気になる

キャストがすき。良いことたくさんいってたなー。

はじめのテロップが出た時から
この作品のメッセージ性に気づきました。

あなたが生まれた時、
あなたは泣いて
まわりのみんなは笑っていたでしょう。

だから、あなたが死ぬ時は
まわりが泣いて
あなたが笑っているような
人生を送りなさい。

これは、すごい事を美しい詞で
表現されてるなと。

もうひとつ、心に残ったのは

ありがとうとさよならは言えるときにいわないとだめ。

かな。
経験した人でないと言えない言葉。

忘れないでいたいな。

くり
くりさん / 2015年5月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あなたが生まれたとき、あなたは泣いて、まわりはみんな笑っていたでしょう。だから、あなたが死ぬときは、まわりが泣いて、あなたが笑っているような、そういう人生を歩みなさい。

元パンクバンドのキダリストでシングルマザーのアキとしっかり者の中学生の娘ハツキは、友達のように仲良く暮らしていた。そんなある日、バンドのメンバーで母の恋人だったヤグが、音信不通の海外の旅から突然帰って来て…。

母と娘と、自由人の3人が織り成す、ちょっと変わった家族のような関係。
ハッキリ言って展開はありきたりで読めてしまうけど、笑えて、泣けて、心温まる、ツボを抑えた好編。

突然居なくなり、また突然戻って来たヤグは、ウザい困った奴だけど、一緒に居ると思わず笑みがこぼれて憎めない。
昔はあんなに懐いていたのに、定職にも就かず毎日遊んでいるヤグにイライラ。
そんなヤグをたしなめたりせず、毎日楽しければいい母にもイライラ。
つい、友達に怒りをぶつけてしまう。
つい、母にもキツい事を言ってしまう。
分からなかったのだ。母の愛情、ヤグの優しさ、友達の秘密が…。

確かに普通の家族じゃないかもしれない。でも、普通って?
こんな繋がりもいいな、と思わせてくれる家族の姿。

作品の魅力のほとんどを、キャストでカバー。
麻生久美子と大泉洋は自然体の好演。
特に大泉洋は、イメージそのまんまのハイテンション快演。
実質主人公であるハツキ役の三吉彩花がフレッシュ! セーラー服姿が眩しい〜!
親友役の能年玲奈も、「あまちゃん」でブレイク前でこちらもフレッシュ!

麻生久美子と大泉洋がクライマックスで披露するライブシーンもgood!

近大
近大さん / 2015年1月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロックにほっこり!!!

ロックを中心に話がすすむのにその外側には家族の愛だったり葛藤だったりが渦巻いていて見事な融合だと思う。笑えるのに泣ける。

そしてこれぞ家族!という感じです。
大泉洋さんと麻生久美子さんのW主演も、三吉彩花さんも役にぴったりで本当に良かった。
この3人はまたどこかで共演して欲しいなと思うほどでした(笑)。

いか
いかさん / 2014年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ライブシーンは特上

それ以外は普通。

音楽映画ってライブシーンの出来によって、評価が変わると思うんですよねー。
この映画のライブシーンは、本物のライブを見ているようでとても良かったです。某デスメタル映画とかはエキストラの動きやカメラワークで冷めちゃったんで……
エキストラの動きもいい感じ音楽もかっこいい、ってんなら文句の付け所はないです。

脚本に文句を言うなら、家から娘が飛び出したシーン。
チョイスは「探してくる!」じゃなくて「追いかけてくる!」でしょう。
家から飛び出してすぐで「探してくる」というのは不自然な感じ。

ストーリーはハートウォーミングな感じでいいと思います。
まあパンチはなかったけど。

いずる
いずるさん / 2014年2月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

28件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi