劇場公開日 2012年3月17日

  • 予告編を見る

青い塩のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全7件を表示

2.0シンセギョン

ssspkkさん
2017年10月16日
iPhoneアプリから投稿

ガンホ。痩せてていつもより男前。ガンホがやればどんな物語だっておもしろくなる。なんなら素敵にさえ。あたりまえに。ジャンレノではそうはいかない。海辺の漁師食堂だったり、高台から見える橋だったり、なかなか良い感じの釜山映画?でもある。とはいえ、90分にはおさめるべき

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ssspkk

2.0「青い塩」に縛られ過ぎた感

2017年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

当然ながら「青い塩」がどういうストーリーを生み出すのかが1つの焦点だったかと思うが、残念ながらそこにドラマ性や必然性はなかったように思え、全体を通してファンタジックな作品だったかと思う。
主演の2人が料理教室に通ってるのも不自然に思えたし、他の小道具なども都合よく描き過ぎていた印象で、物理的・論理的に少し無理なシーンがあって、見る側としてはファンタジーなのかサスペンスなのかどう向き合っていいのかわからなかった。また劇中に「青色」を度々登場させているがこれもまた意図が見えづらかったと思う。
結果的にソン・ガンホとシン・セギョンで映画を作ってみたかっただけなのかなという思惑が見えたような気もした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キース@Keith

2.5なんであのエンディングなの?

BQGMANさん
2012年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
BQGMAN

4.0いろんな世界のヤクザ映画の美学をグツグツ煮詰めて、韓流ラブコメのシロップで甘く絡めたような不思議な味わいの面白さ

全竜さん
2012年6月18日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

筋書きだけを読むと「何じゃそりゃ!?」の一言に尽きる。

親しくなった女が結婚詐欺師だったってぇなら『土曜ワイド劇場』とかでやりそうだが、殺し屋ってなると、噺が違う。

そもそもヤクザの親分が律儀に料理教室へ行くもんか。

しかし、最後まで見入ってしまった。

現実離れしたストーリーの浮き足立った感覚を逆手にとり、各々のキャラクターに上手く盛り込む事で、ラブロマンスとバイオレンスアクションが融合した新鮮な御伽噺に仕上がっている。

韓流・香港・日本そして、少々のハリウッドetc.etc.各国のヤクザ映画の美学をグツグツと煮込んで恋愛ドラマをまぶしている味付けのため、甘いっちゃあ甘いけど、塩辛いっちゃあ塩辛い。

北野ブルーと香港ノワールをベースに韓流ラブコメディで煮詰めていくんやから、そりゃあ不思議な味わいになるにキマッテる。

だが、クセになり最後まで飽きない。

その秘訣となるコクは、彼女の正体を知ったうえで、受け入れている親分の包容力であろう。

テレビドラマは未だ苦手だが、映画の大胆な面白さにはいつも脅威を感ずる。

では最後に短歌を一首

『狼の もてなすテグタン(タラ汁) 紅を射す 杯を咬む 牙を遺して』
by全竜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
全竜

4.0ガンホ堪能!一粒の塩はきらめく大海に至る

cmaさん
2012年5月24日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

久々に、やられました。
何と言ってもガンホ!です。ぱっとしないおじさん、伝説のやくざ、ときめく元少年、信念を貫く一途な男…様々な顔を見せてくれます。髪型や服装も「それらしく」くるくると変わりますが、さまになるのはガンホゆえ。外見ありきではなく、得体の知れない中身があるから「それらしく」見えるのです。いかにもハリウッドがリメイクしたくなりそうな作品ですが、彼に匹敵する役者さんはパッと浮かびません。スキだらけに見えて冷静沈着、無垢なのかフリなのかわからない笑顔、モサッとしているようでキレのいい身体…つくづく、唯一無二です。
殺し屋と標的の恋愛ものは決して新しくありませんが、本作は、二人がいわゆる美男美女でないところが魅力だと感じました。ちょっとした表情やさりげない仕草が雄弁で、本心と嘘、迷いや揺らぎが見え隠れし、ベタな話と思いつつも素直に引き込まれてしまいます。料理教室という一見突飛な設定(とはいえ、「ヒアアフター」も、料理教室が出会いの場になっていましたが…)も、塩、塩田、海…という広がりの出発点としてうまいなあと後々感じました。初めは端整すぎる気がした映像が、物語が深まるにつれ、大いに情感を掻き立ててくれます。
「グッド・バッド・ウィアード」をビョンホン目当てで観たという知人に、同作で共に主演を張ったガンホの素晴らしさをどう伝えればいいのか、もどかしく感じたことがあります。結局、「反則王」の全身タイツ姿は脳裏に封印し、「シークレット・サンシャイン」を勧めたのですが…。今なら迷わず本作を勧め、我がことのように胸を張りたいものです。
…それにしても、本作といい、「生き残るための3つの取引」といい、最近の韓国映画の世界では、ヤクザは虐げられる側。無数の人々の汗と涙の上にのさばり、冷酷非情に甘い汁を吸い尽くすのは政治家と周辺連中…がお決まりのようです。ん?それって映画だけ?韓国だけ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cma

4.0あま~~い映画でした

chocolateさん
2012年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ソン・ガンホ主演の映画は何本か観ているけど、そのなかでいちばんあま~~い映画。ヒロインの背景が説明不足だし、インパクトに欠けるので、どうもね、満足度が低くなってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chocolate

4.0青い塩のトリッキーな設定に少々酔ってしまい、後半の展開が予定調和になったのが惜しいと思います。

2012年3月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 最近、過激さばかりが目立つ韓国映画の中で、アートな透明感を持った作品だと思います。タイトル通り青が基調の透き通るような映像が印象的。青みがかったスタイリッシュな映像が、抑制された主人公2人の内面を映し出すかのようで美しいのです。
 ヤクザを主人公にしたハードボイルドタッチとなるかと思いきや、ちょっと惚けた彼氏とツンデレな彼女という韓国映画の伝統的ラブコメストーリーを踏襲していて、意外でした。
 主人公2人のふたりは、恋人というよりも、見た目は少女とアジョシ(おじさん)と言う関係。韓国でしばしば作られる“アジョシ映画”の新たな一本ともいうべきでしょう。
 冒頭に、田園風景のなかで主人公が女性のスナイパーに殺されるという衝撃的なラストシーンで始まる本作。このシーンをドンデン返しするのも、塩が絡んでいるというくらい、「青い塩」がキーワードになっています。但し、そのあっという仕掛けのアイディアに少々酔ってしまって、後半のストーリー展開が予定調和的に片付けられていったことと、主人公を暗殺に向かわせるヤクザの権利争いの構図が説明不足で解りにくくなってしまったことが残念です。結局ドゥホンの組織のトップが暗殺された背景は明かされずじまいに終わりました。

 ちょっとネタバレしにくいのですが、ラストのドンデン返しは唐突過ぎて、そんなの有りかと思ってしまうでしょう。
 ただ自分を殺すスナイパーと次第に恋に落ちていくあり得ない展開を、ちょっとドキドキした緊張感を含みながら、コミカルに描く前半は見応えありました。韓国映画のハードボイルドは、過剰な暴力と破滅的な展開に拒絶している人でも、本作なら大丈夫。韓国で大ヒットした恋愛映画「イルマーレ」を監督したイ・ヒョンスン作品だけに落ち着いた大人の味わいがあります。ラブコメとハードボイルドが一緒に楽しめる作品としてお勧めできます。

 プサンの港町。伝説のヤクザと呼ばれたドゥホン(ソン・ガンホ)は、現在は引退し、プサンで食堂を開こうとしていました。料理教室にも通うが、そこで隣席のセビン(シン・セギョン)という女の子と親しくなります。しかし、実は、セビンは多額の借金の返済のために、ヤクザの便利屋として、ドゥホンに接近し動向を探っていたのでした。
 実はセビンはオリンピック候補になるほどの射撃の名手。親友をドゥホンに殺されたと思い込んで、暗殺者に転じてしまいます。組織の大物だったドゥホンは、引退後も組織から命を狙われていたのです。
 ヤクザのドゥホンが料理教室で料理音痴ぶりを発揮し、そこをセビンが突っ込むところが面白かったです。アンバランスな掛けあいが、コミカルな味わいを醸し出すのですね。
 主役はソン・ガンホ。ヤクザに追い詰められこころに深手を負っているセビンを深く受け止める柔和な中年男を軽妙に演じているところが素敵です。ただある瞬間、殺気を全身にみなぎらせて怖さを感じさせるところは、さすがに名優だけのことはありますね。
 セビンを演じるのはシン・セギョン。この小柄な美少女が強い意志と行動力で、ツンデレな少女の可憐さとスナイパーになったときの殺気だった緊迫感をきっちり演じ分けているところは新人ながら凄いと思いました。彼女の演技が、この作品のあり得ない設定を上手くカバーしていると思います。
 セビンがスナイパーとして、ドゥホンを狙う二つの隣接した超高層ビル上階間のシーンは、なかなか見応えあるシーンでした。このあと組織の殺し屋軍団が乱入して激しい銃撃戦となります。離れたビル間を跨ぐ激しいアクションシーンは、本作ならではの新機軸でしょう。
 ここで活躍する主人公の弟分役のチョン・ジョンミョンも、なかなかの侠気を見せて印象的でした。

 ところで本作では、プサンの海辺の風景やソウルの夜景を捉えた映像は、そのまま観光用のPRビデオになりそうなくらい洗練されていて美しいのです。
 そして多彩な料理が料理教室のシーン以外にも出てきます。ユニークなのは、プサンの浜辺にある屋台で出されるセルフバイキング方式の漁師鍋。なんと材料を好きなだけ客が鍋に放り込んで、自分で調理するのです。好みの材料がなくなった場合、店の婆さんに頼むと、速攻海女着に着替えて、潜って取ってくるところには笑ってしまいました。
 セルフのうどんは全国チェーンになっただけに、セルフバイキング方式の漁師鍋もどこかのチェーンが仕掛ければ流行りそうですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
流山の小地蔵
「青い塩」の作品トップへ