「緊張感、最高」アルゴ CBさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「アルゴ」 > レビュー > CBさんのレビュー
メニュー

アルゴ

劇場公開日 2012年10月26日
全156件中、29件目を表示
  •  
映画レビューを書く

緊張感、最高

キネカ大森、名画座で観賞

緊張した。脱出劇は、どうしても手に汗握る。黄金のアディーレ然り、大脱走然り。

カナダ大使もCIAメンバーも、凄い人は確実に凄いのだなあとの思い。
仕事とはいえ、自らの危険を考えると、「人を救う」という使命感なしには考えられない行動だ。

まあ、こんな凄さを見る機会のない世界の方が幸せなのだろうが。革命直後のイランの緊迫感がひしひしと伝わってきた。

文化の違いがこんな悲劇を招いてしまうのは、イスラムのせいばかりとは言えない。
アメリカが民主主義絶対と考えすぎ、そうでないものを排除しよう、民主化しようと考えることから悲劇は始まっているように思う。

とか、難しいことを書いてしまいそうだが、映画の醍醐味は、緊迫感とそこからの解放、それを実現させる意思の力とチームワーク。

CB
さん / 2017年5月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報