「流れ者シリーズ発動!」アウトロー みつまる。さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「アウトロー」 > レビュー > みつまる。さんのレビュー
メニュー

アウトロー

劇場公開日 2013年2月1日
全119件中、18件目を表示
  •  
映画レビューを書く

流れ者シリーズ発動!

本作の一番の見どころは「ハードボイルドだろ〜」と言うトム様のドヤ顔のみ。
ストーリーも陰謀解明ものとしては非常に地味。
どこか70年代男性アクション映画の匂いがそこはかとなく漂っている。
主人公は元米軍憲兵捜査官で、今はしがない流れ者稼業に身を置くジャック・リーチャー。ちょっと今までにない異色のキャラ。
劇中でスナイパーライフルによる狙撃シーンが出てくるが、凝り性のトム様のことだから、実際に米軍かSWATで特別に訓練を受けさせて貰ったのかな。

ヒロインのロザムンド・パイクは、ポンドガールは大成しないと言うジンクスを覆して、ここまでのキャリアはなかなか健闘している方じゃないだろうか。
意味もなく見事にシェイプアップされたトム様の裸(上半身のみ)を、お披露目されて困惑するパイク嬢。そして追い討ちをかけるようにドヤ顔のトム様。鍛え上げた肉体をやたら見せたがる男の哀しい性(サガ)。
でも、世のトム様ファンからの嬉しい悲鳴が聞こえて来そう。

悪役の妖怪じみた「人間・囚人」に扮するヴェルナー・ヘルツォーク監督は、自身が好んで起用していた怪優クラウス・キンスキーほどのインパクトはなく平凡な出来。
年齢的にも成熟期に入ったトム様のワンマン・ライブを楽しみたい人向けの作品だと言えるだろう。

/ 2017年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報