「こだわりの効いた名作」犬の首輪とコロッケと RyanMegさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

犬の首輪とコロッケと

劇場公開日 2012年1月28日
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

こだわりの効いた名作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

監督長原成樹さんの大ファンなので、プレミアム試写会で観た。
観てみてビックリ。
ファンを自負しながら、この作品がこれほど素晴らしいと予想していなかったことを深く恥じることとなった。

映画を作りたいという情熱だけにまかせて製作されたものとはまったく違う、上質な映画だ。
どのシーンにおいても、どのように作り上げたいかという監督の明確な考えを強く感じた。
まるで無数にある映像から厳選されたかのような、珠玉のシーンばかりで構成されている。
原作から受け継がれた監督の強い主張とあふれる才能が、映画を完成されたものにしていて、
編集や挿入歌まで自分でこなしてしまえそうな感じさえ受ける。
型破りな印象の長原成樹さんだが、繊細な面も見事に花開いた。本当に素晴らしい。

RyanMeg
さん / 2013年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報