「パパ役ダニエルクレイグ」ドリームハウス 奥嶋ひろまささんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ドリームハウス」 > レビュー > 奥嶋ひろまささんのレビュー
メニュー

ドリームハウス

劇場公開日 2012年11月23日
全30件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

パパ役ダニエルクレイグ

最初はホラー風味でミスリードもしてくれるから
90分なんとか集中力はもったけど、
やはり自分の中のダニエルクレイグがいるからか、
何か物足りなさも感じた。

伏線も張ってあって、ホラーな始まりからミステリーに
変わったり、楽しませてくれるけど、
怪しい人が怪しく、精神病院のところで「え?」という
一番大きな驚きがあってから、
ズルズルとオチまでが長かった。

レイチェルワイズはいつ観ても美しく、
ダニエルクレイグは何かしてくれそうな
頼り甲斐のあるパパで、
理想的な家族だったので切ないラストだった。

ナオミワッツの存在感が薄かったのが残念。

奥嶋ひろまさ
さん / 2019年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報