劇場公開日 2011年11月12日

  • 予告編を見る

コンテイジョンのレビュー・感想・評価

3.4189
10%
52%
33%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全189件中、1~20件目を表示

4.0ウイルスより怖い“恐怖の感染”を予見した慧眼

2020年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

2011年の「コンテイジョン」と95年の「アウトブレイク」を改めて鑑賞し、後者の着想となった94年のノンフィクション本「ホット・ゾーン」(80年代に起きた米国本土初のエボラウイルス感染とその制圧作戦に迫る)も読んだ。2002年のSARS流行を考え合わせると、感染スリラーの秀作2本はいずれも実際のパンデミックを踏まえて虚構の中のリアルさを高め、ウイルスが蔓延する世界における人間の行動と心理をシミュレートすることに成功したと言えよう。

本作の妙味は、偽情報で読者のパニックを煽り名を上げ儲けようと企むブロガーの存在だろう。未知のウイルスを前に専門家の間でも意見が分かれ、著名人や識者が勝手なことを言い、国民どころか為政者まで右往左往しているのが今の世界の現実だ。インフルより致死率の低いコロナへの恐怖で経済が失速し、感染による死者を上回る自殺者を出すなら、真に怖いのは恐怖の蔓延ということになる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
高森 郁哉

4.5映画と現実が、いま取っ組み合いをしてるんだと思う。

村山章さん
2020年4月29日
PCから投稿

新型コロナでにわかに再注目を浴びることになった本作。ソダーバーグが評価されることはもちろんだが、ソダバと一緒にいくつもの実話にひねったアングルでアレンジしてきた脚本のスコット・Z・バーンズの功績も大きいんじゃないか。とにもかくにも、豪華オールスターキャストがウイルスの蔓延のせいでいとも簡単に死んでいく。そのウイルスの無差別攻撃の凄みが、いま世界中が身にしみて感じられるようになったし、映画のクオリティは変わらないのに、作品の異様な迫力も2倍3倍に感じられるようにもなった。現実世界ではこの危機に瀕して日本政府は『シン・ゴジラ』みたいな対応はできなかった。果たして『コンテイジョン』に追いつけるか、追い越せるか、それとも足元にも及ばないのか。映画の現実とのレースが現在進行中という、不謹慎だが得難い機会を目にすることになるのだなあ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
村山章

3.5Near Sci-Fi Blockbuster that Has Become Real too Soon

2020年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

知的

A decade ahead of its time, Contagion hits all the notes of the breakdown of an epidemic to complete relevance. While the disease in the film is a deadlier version of what we got with COVID-19, it's missing the high stakes of a Donald Trump leader of the free world, exhuming the feeling of a real-life dystopian nightmare. Conclusively it is more of a cautionary tale than probably intended.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Dan Knighton

3.5人類の存続の最大の敵は、人類

Tetさん
2021年6月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

コロナ禍で話題?になっていた今作、アマゾンプライムで配信されて一年遅れで鑑賞。

新型コロナとは比べようも無い致死率なので、
どっちかと言うとアウトブレイク寄りの映画かと。

自分や家族、友人、近しい人達の生死に関わるウイルスは怖い。

でも、どんな致死率の高いウイルスもある種を絶滅させるには至らないんだろうな。
宿主殺しまくったら、そのうち寄生出来なくなるんだから。
‥知らんけど。

やっぱり怖いのはパニック禍の人間。

オフィシャルの報道よりも、根拠の無い陰謀説的なSNSや噂話を信じて、暴動、略奪、殺し合い(そこまでは描いて無いけど)

ウイルスで人類は死滅しないけど、戦争や核での人類同士の殺し合いで死滅する確率の方が高い気がする。
‥知らんけど。

それにしても豪華なキャスティングの雑な扱いがツボ。

グウィネスパルトロウ、ケイトウィンスレットが早々に死亡。

グウィネスに至ってはマット・デイモンと連れ子の再婚同士なのに浮気してるという、とんでもないアバズレ。

マット・デイモンも特に活躍しない心優しい一般市民のお父さん。

ジュードロウは、パンデミック禍で人々の不安を煽って一儲けするゲス野郎。

ローレンスフィシュバーンも、結局何も出来ていない。

良い。
パンデミック映画でヒーローを作らない。
潔い。

ただその分、盛り上がりません。

結局、不可侵領域を犯した人類への警鐘として映画は幕を閉じます。

地球にとって増えすぎた人類の存在は悪性のウイルス。
それを駆逐する為の抗体が、人類にとっての悪性ウイルス。

でも自分に近しい人がウイルスで死んでいたら、こんな感想は書けないと思います。
すみません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tet

3.5続きは2019年で

2021年5月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

みたいな終わり方で怖っ。
ソーシャルディスタンス、クラスターなんて言葉も出てきたし。
まさか中国がこの映画からヒントを得た…なんてことはないよね。←逆
これを作った監督が一番驚いたかな?

略奪などは起きなかったものの、遺体を運ぶシーンとか、まさに現実に起きて連日ニュースで見た光景。
結局切り札はワクチンなんだろうけど、映画の終わり方がちょっと尻切れとんぼだったのが残念。
やはりこの作品の続きは2019年末で、収束は…まだ先なんだな。
映画の途中のシーンは毎日テレビで観てるから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

4.5これは凄い

2021年5月26日
iPhoneアプリから投稿

10年も前にこんな映画が作られていたなんて驚きでした。しかも名監督に名優揃いなのにタイトルすら聞いたことなかったです。広報はちゃんと宣伝したんですかね。内容はサスペンスと言うにはあまりに今の現状を映像化しているようで鳥肌が立ちました。身近な人が呆気なく死んでいくさまや食糧やワクチンを求めて暴徒化する人々、偏った情報を正義のように発信するマスメディア、形式ばかりに囚われて後手後手になる政治家その他、まさに今の世界の状況を映し出しています。とは言ってもよくありがちなパニックムービーとは違い、ギャーギャー騒いだりヒーローっぽい人が仕切り出したりすることはなく、淡々と物語が進んでいくことがかえってリアルで怖かったです。開始数分でのショッキングな映像からエンディングのシュールな締め方まで、ソダーバーグ監督のセンスの良さが光ってました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
black swan

4.0世界まる見えTV特捜部のゴージャス版みたいな感じ

2021年5月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

難しい

世界まる見えTV特捜部の中で紹介される謎の病気を解明するやつみたいな感じ。
疫病をリアルな描写で描き、近年よく見るバイオハザード的な展開はない。
むしろコロナ社会を予言しているのがすごいと思もったけどSARSのあとに作られてるから予想はついてたよね。

しかし、それ故派手な演出が無く主人公も居ないため疫病が流行りがやがて
治まっていく描写やパニック、デマなどもリアルに表現しているため、
物語として見ている人には退屈な展開に映ることだと思う。

メインとなるキャラクターにはストーリーなどはなく
疫病の中で各々が置かれた状況下でどのように過ごすかが
描かれるため、見ている側は主人公不在のため追っかけにくい。

しかしよく取材したと思う。
趣味じゃない映画だったけど中々楽しめたと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジュリエッタ

2.5ザ•COVID-19

SICK_JOYさん
2021年4月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SICK_JOY

4.0【今作を観た10年前は、面白き”新種”のディザスタームービーだった・・。今作で描かれるウィルスが蔓延して行く状況と、現況のCovid-19が蔓延している状況との相似性に驚く・・。】

NOBUさん
2021年4月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

怖い

知的

難しい

■今作から学ぶこと
・ウィルス感染だけではないが、有事の際にこそ冷静になること。
 ー アメリカで多発する、アジア系人種への謂れなき暴行の数々・・。今作でも、暴徒化した人々が描かれる。ー

・根拠なき、デマを飛ばさない事。
 ー 今作では、胡散臭い、自分の利益しか考えていないブロガー(ジュード・ロウ:初めて、ジュード・ロウの髪の毛を毟りたくなった・・。)が書いた記事が、一部の人を暴徒化させている。ー

・医療従事者に対し、尊崇の念を持つ事。
 ー Covid-19が発生したころには、医療従事者に対する誹謗中傷する者が多数おり、嘆いたものだ。現況では、状況はやや改善し、医療従事者からワクチンを接種することに対し、大っぴらに異を唱える者はいない。
 だが、医療従事者の方々の献身的な努力に対し、政府は見合った対応をしていないと思う。国会は通常の人数を減らして、支障なく開催されているが、国会議員を減らしてその費用を医療従事者の方々の頑張りに回せないものだろうか?
 幾つかの病院で、ボーナスも出ないという記事を読んだ時には、切歯扼腕したものである。
 今作でも、ケイト・ウィンスレットが扮する女性医師が、ウィルスに罹患して亡くなる姿が、描かれる。ー

・ウィルス感染に乗じて、株で儲けない事。
 ー 世界的に、Covid-19が蔓延してから、貧富の差が広がっている。その主たる原因は、Covid-19の蔓延による、新たなビジネスに対する投資である。
 現況化で、額に汗せずに株で儲けようとする輩には、その利益の数%で良いので、医療従事者や、Covidー19対策による逼迫する国家予算に当てたらどうか?特別予算にも限度はある。
 又、ビリオネイヤーは(実際に巨額のお金を、寄付している方も多数いるが・・)総資産の1%程度で良いので、Covid-19対策に支援して頂けないであろうか?ー

<漸く、本格的に、ワクチン接種が始まった・・。
 人間の英知により、Covid-19の蔓延は防げると信じたい。変異株が、猛威を振るい始めているが、一刻も早い終息を願う。
 そして、全世界の人々が、マスク無しに笑顔で会話できる世界が再び訪れる事を、強く願う。
 人の笑顔とは、副作用のない、万能の薬なのであるから・・。>

<2011年12月 劇場にて鑑賞>

<2021年4月  別媒体にて、再鑑賞>

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 8 件)
NOBU

3.0ちょうど一年前の新形コロナパンデミック最中に見た。 あれから一年た...

KONさん
2021年2月17日
iPhoneアプリから投稿

ちょうど一年前の新形コロナパンデミック最中に見た。

あれから一年たって「事実は小説より奇なり」だなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KON

3.5コロナウイルスを予知した映画だ!!と話題に。

2021年1月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はやたろ

5.0キューブリック感あり。

2020年12月21日
iPhoneアプリから投稿

大味な事態を力まず撮る。
感染を微妙に先回りして撮るスピード感。
恐いケイト・ウィンスレットに思い切り叱られたい。
地球たる広い密室で狂う人(類)への冷徹な視座(シャイニング)、露光過多の清潔空間に棒立ちの防護服(2001年)にキューブリック感あり。
傑作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
きねまっきい

5.0忘れ去られてはいけない映画

2020年10月10日
iPhoneアプリから投稿

 ある雑誌で、「コロナの渦中の現在、観るべき映画」とのコラムの中で、この映画を紹介していたので、早速見ました。でも見て冒頭数分で、「この映画、前に見た事がある」って気づきました。しかし中身は、まったく覚えていなく。あまり印象に残っていなく、ウィルス問題なんて、アフリカやその他の発展途上国の問題で、私達にはまったく起こりえない問題って思っていたんでしょうね。
 でも今、コロナ問題で、世界の中の全ての情勢が変わってしまった中、この映画を観ると、ものすごくウィルスの脅威を痛感しました。ほんの一瞬の不注意さが、一人に感染し、2週間もしたら、数百万人に感染してしまう。容赦なくどんな人にもウィルスは、襲いに来る。そのウィルスを倒そうと、病院、避難所など、自分も感染してしまうかもしれない不安の中で働く医者、看護婦、技術者その他関係者の方達には、本当に敬意をはらいたいです。その点が非常にこの映画から感じました。
 今のコロナ問題、いつ終息するのか、まったく未知ですが、2度とこのような事が起きないよう、生きていかなければいきませんよね。
 最後に、この映画を忘れてしまっていた自分を恥じると共に、これからは、一人の映画マニアとして、一人でも多くの人に、この映画を伝えていきたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ジェット

4.0とても良い映画

stoneageさん
2020年9月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

スティーブン・ソダーバーグ監督、2011年製作のアメリカ映画。

2020年のコロナ禍の今、この作品に描かれている内容はただただ恐ろしい。

それは、"たった"9年前に、映画の中で作られた架空の世界が、今私たちが実際に経験している現実世界と何ら変わりがないからだ。

そして、驚いた事に、この作品の中で予測されたパンデミックの世界は、2020年の"コロナ感染"の事を、まるでタイムマシンか何かで見て来たかの如く、予測されるであろう事象について、ことごとく予言し当てている(これは単に、製作者側のリサーチ力が優れているのでしょう)。

*ジュード・ロウの役回りは、今この"現実"を生きている我々には、それこそやや滑稽に映ってしまうが、ワイドショー的なネタに群がり信じ込み、狂気する愚かな我々への警鐘となっている。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
stoneage

3.0まさにコロナ

2020年9月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

もう、本当に今の状況ですね。
早くこの映画の結末のようになってほしいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しょたごん

3.5野味の結果

津次郎さん
2020年9月4日
PCから投稿

よく知らないがコウモリはウィルスにたいする抗体をもっている。
しくみは解明されていないが多数のそれを保有しながら生きられるのだそうだ。

英語圏のツイッターやreddit等でバイラルとなった路肩看板がある。
Whoever said one person can't change the world never ate an undercooked bat.
ひとりでは世界を変えられないと言ったひとは決して未調理のコウモリを食べなかった。とは、意訳すると、生コウモリを食べりゃ世界を変えられる。という感じだろうか。アイロニカルだが事実だった。奇食は人類を滅亡させることができる。

ウィルスは自然界に遍在しているが、人間がそれを取り込むまでは脅威にならない。
──あくまで素人の理解だが。

だから獣からヒトへの感染がおそろしい。鳥インフルがなぜあれほどけたたましく警世されたのか、今となれば分かる。
これ(新型コロナウィルス)が、どこで、なぜ、どのようにして、はじまったのか、わからないが、春節に野味のようなことをしていると、獣が保有しているウィルスが、ヒトへ感染する可能性がある。

きっと、だれかが、undercooked bat(のようなもの)を食べたのである。それが大海の一滴でも、はびこる。はじまりは点である。小さな傷のあるりんごが腐敗する様子を高速早回しした映像があるが、そのりんごを地球に置き換えたようなことが、じっさいにおこった。
個人的には食べることが攻撃になりうることをはじめて知った。

しかし映画内のウィルスのスピードや感染力や致死率は、現実の新型コロナウィルスより、高い。映画は現実より、深刻である。
映画は、映画にするために、恐怖が描かれている。

ところが、映画より弱い新型コロナウィルスでも、恐怖をあおられた人たちが感染者を誹謗中傷している──というニュースがあがってくる。それらの人々の、想像もできない低い沸点は、映画以上の恐怖だ。

一方で、おびえすぎだと主張する著名人たちもいる。なにをそんなに怖がっているの?──という余裕、および庶民への嘲弄をみせる人たちである。

ところで。その両極──感染者差別をするような恐慌を感じている人々、風邪みたいなもんだと反密政策に抗う人々、その二者のあいだで、まともな一般庶民は、これ(新型コロナウィルス)を、軽視してもいないし、重視してもいない。怖がっているわけでもなければ、怖がっていないわけでもない。仕事や賃金が減ったことを嘆いているだけである。いったいいつまで続くのかと、手持ち金と動向を、見比べているだけ、である。低所得者層のわたしはてきとうなものを和えるパスタはもうこりごりである。禍が終わったら300円くらいのおごったレトルトで和えたい。

Kate Winsletが亡くなるのが辛かったが、主役格が亡くなるところに、この映画の鋭さがある。現実にも著名人が亡くなっており、分け隔てない罹患を、克明に監修していると思った。
また、感染経路を絵解するラストシークエンスで、豚をさばいた手をいいかげんに拭って握手を交わすシーンがある。禍にないときは何でもなかったが、この禍のさなかに再度それを見たわたしはおもわず「ああっ!」と叫んで遮二無二手を洗った。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎

4.0まるで今のコロナを予言しているような

2020年8月29日
Androidアプリから投稿

感染源や対策方法など、現実とほぼ変わらない、コロナが始まる前にこんな映画を作っていたかと思うと驚きです。ワクチンも治療薬もない病気が世界的に感染すると、どんな世界になるのか、もはや想像ではない現実に起きている事が、この映画では本当に良く描かれている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マシェリ

4.0三大女優

みんもさん
2020年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2011年の作品ながら、コロナウイルスの蔓延に伴い、にわかに最注目されている本作品。感染者が触ったものにズームする手法は今ならば誠に身につまされる。ソーシャルディスタンス、クラスター、自粛、食料不足、ネットの偽情報等、現実世界が追従しているかのような出来事が次々と起こり、目を離せない。
豪華俳優陣には驚かされる。マリオン・コティヤール、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトロウのアカデミー女優の演技は凄まじい。中でもグウィネス・パルトロウ。わずか数分の登場にも関わらず(よく受けたな)、目に焼き付くような演技を見せる。マット・デイモン、ジュード・ロウの男優陣もさすが。コロナが無くても要チェックの1本。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みんも

3.5預言者です

Mashiさん
2020年8月15日
iPhoneアプリから投稿

預言者です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Mashi

3.5いま見ると、まるでドキュメンタリー見ているような錯覚。

2020年7月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

いま見ると、まるでドキュメンタリー見ているような錯覚。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ghostdog_tbs
「コンテイジョン」の作品トップへ