トワノクオン 第六章 永久の久遠のレビュー・感想・評価

トワノクオン 第六章 永久の久遠

劇場公開日 2011年11月26日
1件を表示 映画レビューを書く

全6章まとめてレビュー

意に反して特殊能力を開花させてしまった少年少女たち“ベスティア“と、彼らを擁護し能力を自在に操る事が出来る“アトラクター”。
そんな彼らを排除しようとする秘密組織“オールドー”と、その実働サイボーグ部隊“クーストス”。
両者の戦いを描く、全6章からなるSFアニメ映画シリーズ。

「X-MEN」のような設定だが、バトルよりも能力者の孤独と哀しみのドラマが色濃い。
迫害される者、迫害する者、SF的設定に置き換えながらもその構図は差別やイジメと言った現代社会の問題にも通じる。

アトラクターの中心人物であり主人公クオンは仲間を守る為命懸けで戦うが、その動機は壮絶で暗く重い過去にある。
クーストスの一人、瞬は自分も憎悪を抱いていた能力者と分かり、葛藤する。
自らの運命を受け入れ、自らの存在意義を問う。

クオンと彼を支える仲間たちの信頼、クーストスの司令・上代の思惑と陰謀…そんな深いドラマ性こそ、日本アニメの真骨頂。
バトルシーンの迫力、画の素晴らしさは言うまでもない。
また一つ、見て損はしないアニメ作品を見つけてしまった。

近大
近大さん / 2012年10月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi