「儚くもセクシーな殺人者の物語」コロンビアーナ としぱぱさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「コロンビアーナ」 > レビュー > としぱぱさんのレビュー
メニュー

コロンビアーナ

劇場公開日 2012年9月1日
全37件中、21件目を表示
  •  
映画レビューを書く

儚くもセクシーな殺人者の物語

コロンビア版ニキータと思っていましたが、
設定が違いました。自分の過ちで殺し屋の
世界に入ったニキータと、不遇にも巻き込まれた
今作品とでは感情移入が違います。
マフィアの家に生まれたとはいえ、両親を
殺され殺し屋の道を選んだ少女、カトレア。
世間一般の社会と馴染もうとするが故の悩み。
特に恋人とのやりとりは完全にニキータと
シンクロしていました。
スリルと非情の悲しみに酔う120分でした。

としぱぱ
さん / 2014年11月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
近大
近大さんのコメント
投稿日:2014年11月22日

コメントありがとうございます♪

良くも悪くもベッソン映画でしたね。
「ニキータ」「レオン」と比べるのは酷ですが、ゾーイ・サルダナの魅力があって、これはこれで楽しめました。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi