人の砂漠のレビュー・感想・評価

メニュー

人の砂漠

劇場公開日 2010年2月27日
1件を表示 映画レビューを書く

都会で生きる辛さや差別 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

沢木耕太郎原作による、都会の底辺を生きる人々を取り上げた短編集『人の砂漠』をオムニバスで映像化。

屑の世界
☆☆☆

鉄屑の廃品回収業者に石橋蓮司。彼には訳ありの孫息子との関係や、浮浪者に優しく接する為に地域住民とのトラブルを抱えていた。

弱者を見つめる作者の目線は実に優しい。逆に選挙に立候補した女性候補者や、横暴な警察官の描かれ方等は類型的過ぎるかもしれない。
最後はやや強引な終わり方でした。

鏡の調書
☆☆☆

自称“銀座の大金持ち”夏木マリの怪演に尽きる作品。
こちらも強引に終わる。

おばあさんが死んだ
☆☆☆

地域住民から苦情が有った、室井滋演じるおばあさんが死んだ!
何故このおばあさんに苦情が有ったのか?発見された日記から明らかにされる。そして…。

観た人全員が思うだろう。この○医者には絶対に行きたく無い…と!

棄てられた女たちのユートピア
☆☆☆★★

元売春婦達専用の精神ケアシステム施設の教会が舞台。主演に小池栄子やりりィ等。

警察や地域住民から受ける暴力は、『屑の世界』 と比べるとやや強い。
都会で生きる辛さや、差別等。考えさせられる面が多少有る。
今回の4篇の中ではこの作品が一番見所が多い。

(2010年3月18日新宿バルト9/スクリーン1)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報