劇場公開日 2012年6月9日

映画 ホタルノヒカリのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全34件中、1~20件目を表示

2.0綾瀬はるか主演で人気を博したドラマ「ホタルノヒカリ」を映画化。

2019年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

綾瀬はるか主演で人気を博したドラマ「ホタルノヒカリ」を映画化。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

2.0茶番に付き合わされた

2019年8月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

単純

だらだら続く前半に数ヶ月前途中挫折し、今回また最初から観直しました。

やっぱりつまらない!
おふざけに延々と付き合わされる感じでした。
映画版オリジナルキャラの莉央で終盤いいシーン、蛍と部長のイタリア編のラストにキュンと来るシーン、ラストに嬉しいシーンがあって不満はやや消化されましたが、それでも時間のムダでした。

綾瀬はるかは大好きですが、この蛍だけはなんか現実味がなくて受け入れ辛いです。
部長も変に萌えキャラ風で逆に萌えません。

想像とは違う予想もつかない話でしたが、いい話が作れそうもないから、場面をローマにしようとした様にしか思えませんでした。

<金ロー>

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
りりまる

3.5ドラマの方が断然すきだけど

yupppiiiさん
2018年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2回目♡
ドラマ版が好きすぎて、初めて映画版を見たときはちょっとガッカリしちゃったけど…
でもやっぱりこの2人の感じが好き過ぎる( •ॢ◡-ॢ)-♡

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yupppiii

0.5ひっでぇなコレ

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

不自然なシーンの繋ぎ、笑えないギャグ、ずーっと流れるBGM、伏線の為だけの伏線、必要のない会話のやり取り、終わったと思ってからまだ30分もある、辻褄の合わない脚本、どこまでいってもテレビドラマのルック。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

5.0ホタルのハチャメチャぶりが可愛い

2018年4月13日
Androidアプリから投稿

ぶちょーとホタルの漫才的なおちゃらけが炸裂しまくりですが、ドキドキ感もあって見応え充分!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
♡Kazuna♡

4.0ほのぼのする

ケイトさん
2017年11月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

幸せ

泣ける

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

1.0駄作です

へまちさん
2017年10月7日
iPhoneアプリから投稿

駄作です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
へまち

3.0部長に会いたい

r!ecoさん
2017年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
r!eco

0.5お正月TVスペシャルのような内容!!

2017年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

折角ローマロケまでしているのに、凄くつまらないです。別に「干物女」じゃなくても良い内容です。綾瀬はるかにも萌えません。これは本当に劇場映画なのでしょうか。2012年の作品ですが、「干物女」という言葉はもう誰も使ってないですよね。2017年現在は「タラレバ」が流行っていますが、すぐ死語になるでしょう。ゴミ製造機のマスコミ乙と言う感じです!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アンジェロ

4.0面白い

まな♡さん
2016年8月23日
iPhoneアプリから投稿

干物女が面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まな♡

3.0駄作映画なのに、なぜか幸福感に包まれる。

Y.Gさん
2016年5月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まず第一に、この映画は「ドラマファン以外まるで無視!」で作られた作品です。
ここまで割り切って作る潔さは逆に凄い。

キャラの性格も関係性も過去のいきさつも、なんの説明もないまま、さりげない会話にドラマシリーズの出来事をちりばめ、ドラマ後の進化を描きます。
何の事件もなければ危機感もない、ドラマ知らないで見たら、見知らぬカップルの旅行を見させられるだけです笑
初めて見る人にも楽しませる作品を作ってこそ映画なので、この時点で映画としては終わっています。

そもそもドラマファン殆どの人が、最終回での映画告知に
「このドラマ映画にしちゃダメでしょー!(°□°;)」
という驚きと不安の気持ちになったはず…笑

とはいえ、やっぱりほたるとぶちょおが見たいんですよ。
普通ドラマって、あくまで見てる側は第三者というか、登場する人達と同じ立場や目線で見れるわけじゃないけど、現実とは違う世界観を楽しめることが醍醐味だったりするじゃないですか。

でもホタルノヒカリってドラマは、ほたるが嬉しいとこっちまで嬉しくて、傷ついたり後悔してるとこっちまで胸が苦しくなる。
視聴者がほたる達と同じ目線で感情移入させられ、自分ごとのように2人と一緒に一喜一憂しちゃうドラマだったんです。

でもこの映画で初めてホタルを見たら、ホタルはガサツでグウタラな変人でしかない。
「のだめ」と同じにしか見えないはず。
脚本家はシリーズ1のホタルを忘れちゃったのか。
ホタルは「干物女」であって、ドジで抜けてるから「アホ宮」であって、
「おバカ」でも「変人」でもないんだよー!!

本来のホタルとは、人一倍責任感があって、いつも一生懸命で、やな事をNoって言えない内気さもあって、でも誰かの為となると人目も気にせず全力で尽くすお節介さで、困ってる人無視できない正義感もある。

な、の、に。自分のためには一切がんばらない。
自分の事だとすべてがめんどう、努力はおろか悩む事もどうでも良くなる、ノーテンキで諦めも早いから「干物女」なんです。

自分の為だとがんばれない、人の為ならがんばれる。
でもホタル自身は自分を干物としか思ってないし、しかもポジティブに捉えてます。
実は、人の為・仕事の為なら夢中で面倒なことをがんばってる事を、本人は全然気付いていないんです。

でも、ぶちょおは知っている。
そういう頑張り屋ホタルを知っているから、仕事や人助けに夢中で、つい恋愛のこと、ぶちょおのことなんて後回しになっちゃうホタルの事を理解してあげているんです。

今回の映画は、そういう2人の見えない愛情の描き方が足りず、雑なストーリーで隠れてしまった気がしました。
部長も「ぼくちん」連発なやりすぎ演出で、今回甘えん坊おじさんでちょっとキモかったし…
花嫁ドレスを買っておいてくれたサプライズも、誘拐事件を心配する気持ちが感情移入しにくいために、ドラマの指輪程は感動できなかったな。

ただ、映画スタッフは、ホタルの世界観を壊したわけではありません。

松雪泰子を諭そうと必死になってるホタルを、見守りつつも行き過ぎそうな時は制止する部長、見えない愛情を凄く感じたし、2人の性格が繊細に行動に現れてる瞬間でした。

ホタルノヒカリというドラマは間違いなく傑作で、誰よりも好きなヒロインでした。綾瀬はるかという女優が大好きになりました。
映画はそんないい作品を作ったスタッフ&監督&キャストへの、ご褒美作品かな?
イタリアロケは楽しかったに違いない!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y.G

1.0干物映画

近大さん
2016年3月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

外ではお洒落な格好で仕事も出来るが、家ではジャージ姿でゴロゴロしてばかりの“干物女”の恋愛を描いて人気を博したTVドラマの劇場版。
TVドラマは第1期の最初の方は見てたけど、何となく見なくなった。
なので、蛍とぶちょーが結婚しててびっくり。いつの間に!?

TVドラマはもうちょっと面白かった印象があったんだけど…
この映画版、酷ぇや。
単なる綾瀬はるかのおとぼけショー。
話がまるで面白くない。
仕事と新婚旅行を兼ねてローマへ行くって設定なんだけど…
とりあえず海外行っとけばゴージャスな映画になるという安易な企画。
邦人が誘拐された事件が起きたばかりのローマでぶちょーが誘拐され…みたいなアホな展開。
蛍とぶちょーのおままごとみたいな恋愛、最後は勿論絵に書いたようなハッピーエンド。
ローマで出会ったもう一人の干物女、松雪泰子と手越“テイッ!”祐也の姉弟も無理矢理ねじ込んだ新キャラ。
本当にこんなの見て、あ~面白い映画だった、と言う人居るんだろうか。
(まあ、居るんだろうなぁ、一応興行成績18億円)

外と家でギャップある女性は別にいい。
が、こんな天然は勘弁。
確かに綾瀬はるかは可愛い。
でも役柄に魅力(りき)を感じず、全く魅力(りき)的に見えず。
これなら、やたらと綺麗なパンテーンのCMを見てる方がずっといい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.0ドラマには敵わないけど

2016年3月24日
Androidアプリから投稿

映画もなかなか!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かんたーびれ

1.0イカン、これはイカンです…

2015年8月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

『海街diary』がとても面白かったので、綾瀬はるかをもっと見たい勢いでテレビで録り溜めてた今作をやっと観れた。

テレビドラマが面白かったとは聞いてます。そしてこれはテレビ版のオマケ的存在なのはわかってましたが、ここまでとは…

とてもつまらなかったです。

物語は主人公の勘違いで進むので「はよ気づけ」とこちら観てる側としては終始ウンザリ。あと出演者の言動に辻褄が合ってない。
たぶんこれって脚本がダメってことじゃないかな。

全体的にイタリアロケで浮かれてる気がする。
綾瀬はるかのキャラってだけで、15点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
naokishimada

1.0期待はずれ

2015年8月7日
iPhoneアプリから投稿

映画だからか
海外のせいで全然面白くない。
やはりこれはドラマだからこそ面白いと痛感した。
内容もありがちなものの
オンパレード!
飛行機で隣の男と後で繋がるとか
カバンを取り間違いとか
実は昔 事故で暗い過去背おってたと
とにかく独創性がまったくない。。
酷い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ホロッチ

2.5うん、

マロ助さん
2015年5月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

見たがドラマを見た後に見ないと…って、感じです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マロ助

1.0ツマラナイ

2015年5月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

なんだこれ?
“ウソ”で物語が転がりはじめ、“そんな事はどうでもいい”で、全てが解決する。

松雪泰子の話は無駄に長いし。

ってか、全体的にツマラナイ!

…う〜ん。なんだこれ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

2.0干物女なんか流行るんじゃねー!撲滅しやがれ

2015年3月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

悲しい

幸せ

映画評価:35点

前置きとして、私はドラマを観たことがない。

でも「干物女」を題材にしているドラマだったことは知っていた。

そして、私の妻も干物女だ。

とても見ていて他人を見ている気がしない。

そういう立場(干物女と生活している)の人間の感想である所まで前提で聞いてほしい。

仕事は真面目、家ではいつもゴロゴロ、荷物も多く余計な物だらけ、勘違いも多く、こちらの気持ちを知ってか知らずか無反応。

そんな干物女特有の特徴にばかり気を取られてしまい、ストーリーの大部分があんまり入ってこなかったけど、干物女の生態を知るには素晴らしい作りだと思います。

もっと他人事で見れたら、もっと楽しめただろう、妻が似ている生態だと思うと笑えない事だらけでした(汗)

【2015.3.6鑑賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

3.0ラブコメ?

2014年10月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

笑える

楽しい

ラブコメ要素が強い作品だと思い観てみた。
予想通り笑えるシーンがあったがそれだけでなく、夫婦、兄弟、家族の絆を感じる作品で泣ける場面もありバランスの良い作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミツカン

1.5SPドラマでよかったのでは…

ハナメさん
2014年10月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

ドラマはシーズン1は見て
2は見てないのですが
自分自身が干物女(綾瀬はるかみたく可愛くないが…)なので
少しは共感できる部分はあり
好きなドラマではあったけど
映画は何ともチープで
面白くなく…
映画化までする必要性はない!!
と、思いました…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハナメ
「映画 ホタルノヒカリ」の作品トップへ