「素晴らしい作品でした♪」セカンドバージン hisapi*さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

セカンドバージン

劇場公開日 2011年9月23日
全11件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

素晴らしい作品でした♪

ドラマの方が良かったという声が多かったり、あまりよくない評価を目にしたりするのですが。。。
私はとても素晴らしいと感じました。
一番のおめあての長谷川博己さん(行さん)の登場は確かに少なくてちょっぴり残念。でも、回想の中のスーツ姿や落ちぶれてやさぐれているお姿も、現在の時間の中での包帯をぐるぐる巻かれベッドに寝かされて動けなくてもそのお姿は美しく惹きつけられました。鈴木京香さん(るいさん)は設定上看病疲れなのでしょうねとお見受けされましたがそれでもやはりお美しかったです。葛藤がありながらも思いあっている二人の様子、るいさんの心の動きをどきどきしながら見守り味わい鑑賞しました。束の間の喜びから一転して不安な時が続き…最後には達観できた愛の軌跡、見事でした。アラフィー女性の私には行さんの心の動きは見えにくく、でも、それは行さん自身もどこからどこへたどり着くかわからない不安定なものなのだと鑑賞を重ねるごとに理解できてきました。そのような心の動きが丁寧に描かれており、静かな時間がゆっくりと流れるしっとりとした切ない物語でした。

私は私の愛を知っている

ずっと忘れません

hisapi*
さん / 2011年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi