劇場公開日 2011年9月23日

  • 予告編を見る

セカンドバージンのレビュー・感想・評価

2.312
7%
7%
33%
31%
22%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

3.02010年にNHKで放送された同名人気ドラマの劇場版。ドラマ版から...

2019年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2010年にNHKで放送された同名人気ドラマの劇場版。ドラマ版から設定を新たにし、マレーシアのクアラルンプールを舞台に、離婚経験のある45歳の敏腕出版プロデューサーの中村るいが、17歳年下で既婚者のネット証券会社社長・鈴木行との不倫におぼれていく姿を描く。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

1.0おそろしく退屈

2018年5月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
えりえりれま砂漠谷

1.0評判通りの駄作

2015年7月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ぶっちゃけ、何もない映画。
どうでもイイ映像をタラタラ流して、過去を振り返るシーンは時制がバラバラで、エロシーンも女同士の醜い争いもライトで。コレは一体、何目的の映画なの?

途中から1.3倍速で観たけど、長く感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

1.5次から次へとTVで人気だから映画にしました、と言われても…

近大さん
2013年3月5日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

NHKドラマは結構好きだ。「ハゲタカ」「坂の上の雲」…
その劇場版も見応えあるものが多い。「ハゲタカ」「外事警察」…
だけど、本作は…

品行方正なNHKとしては異例のスキャンダラスな内容で話題を呼んだこのドラマ。
鈴木京香演じる敏腕出版プロデューサー・るいと長谷川博己演じる17歳年下で妻帯者の若手キャリア・行の不倫愛。
映画では、TVの5年後。二人はマレーシアで再会するが、行が事故で意識不明に。意識を取り戻すも、記憶を失っており…。

まるで、韓流ドラマのような設定。
そこに、「失楽園」のような不倫愛を織り込んで、狂おしい究極の大人の恋を描いたのだろうけど…
わざわざ映画でやるような話?
何故に舞台がマレーシア?
次から次へと疑問符が続出。
ラブシーンも色っぽいだけで激しくはない。
鈴木京香と長谷川の奥さん役・深田恭子とのドロドロ女のバトルをもっと見てみたかった。
物足りない点も多い。
鈴木京香の大人のイイ女っぷりが唯一の救い。

ぶっちゃけ、全く話に入っていけなかった。
これは、TV版を見ないで映画版を見てしまった自分が悪い。
作品に罪は無い。
(でも、「外事警察」の映画版はTV版を見ないでも楽しめたんだけどね…)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

1.0駄目だろこれ( ゚Д゚)

初台験さん
2012年3月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
初台験

5.0素晴らしい作品でした♪

hisapi*さん
2011年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

ドラマの方が良かったという声が多かったり、あまりよくない評価を目にしたりするのですが。。。
私はとても素晴らしいと感じました。
一番のおめあての長谷川博己さん(行さん)の登場は確かに少なくてちょっぴり残念。でも、回想の中のスーツ姿や落ちぶれてやさぐれているお姿も、現在の時間の中での包帯をぐるぐる巻かれベッドに寝かされて動けなくてもそのお姿は美しく惹きつけられました。鈴木京香さん(るいさん)は設定上看病疲れなのでしょうねとお見受けされましたがそれでもやはりお美しかったです。葛藤がありながらも思いあっている二人の様子、るいさんの心の動きをどきどきしながら見守り味わい鑑賞しました。束の間の喜びから一転して不安な時が続き…最後には達観できた愛の軌跡、見事でした。アラフィー女性の私には行さんの心の動きは見えにくく、でも、それは行さん自身もどこからどこへたどり着くかわからない不安定なものなのだと鑑賞を重ねるごとに理解できてきました。そのような心の動きが丁寧に描かれており、静かな時間がゆっくりと流れるしっとりとした切ない物語でした。

私は私の愛を知っている

ずっと忘れません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hisapi*

3.0『セカンドバージン』を見なかった言い訳レビュー

2011年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 NHKドラマにしては、挑戦的にセクシーだった話題のドラマの映画版が本作です。なぜ見なかったのかというと、不倫の葛藤と不可欠なお色気の描写をごまかしていると予告編から察したからです。本作はあまりの無難な仕上がりではないでしょうか。
 NHKドラマといえば、映画にもなった『ハゲタカ』や大河ドラマのように映像のクオリティはどれも高いのです。それもそのはずで、国民の血税を投入して撮影機材では業界一のクオリティを発揮できるからでしょう。
 本作の予告編だけでも、映像美については申し分ありません。

 ただ見てきた人の話では、これならドラマ版の方がよほどセクシーだったと言うのです。ぜったい映画の方がテレビの倫理規定よりも自由が利いて、もっと官能的に挑戦できるはずなんですがね。

 しかし、小地蔵は昔映画「良寛」で鈴木京香のわがままさに直に触れているから分かります。彼女は絶対脱がないし、脚本にも相当ダメだししたのでしょう。だから監督の演出が拙いからなのでなく、わがまま主演女優の介入で、当たり障りのない不倫ドラマになってしまった可能性が高いのです。

 何もお色気だけにこだわっているのではありません。およそ映画製作に関わる人は、妥協ない情熱を観客に見せつけて欲しいのです。ここのシーンで必要であれば、一命をかけてまでも演じるという気迫を見たいのです。

 スクリーンから見えたのは、演技でなく若い俳優にうつつを抜かす姿だったのでしょうかねぇ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
流山の小地蔵

2.0突破してないと思う。

ハチコさん
2011年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

4.5擁護します!

火猫さん
2011年10月9日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
火猫

3.0少しはしょりすぎ

未散さん
2011年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

幸せ

最初の方はテレビの先週のあらすじみたいで、テレビを見てない人はわかるのかな?と思いました。テレビでのあのどきどきした。めくるめくようなものは無く。死に行く彼をタイの穏やかな空間の中で、愛を確かめる映画なのかと思いました。最後に愛した証しがあれば死に行くものも、送るものも、納得できるのだと理解できました。それは幸せな事だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
未散

2.0鈴木京香VSフカキョンのドロドロ流血戦をもっと観たかった

全竜さん
2011年9月30日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
全竜

1.5あっさりしすぎ?

2011年9月24日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mitsuru
「セカンドバージン」の作品トップへ