アウトレイジ ビヨンド インタビュー: 北野武監督&三浦友和「アウトレイジ ビヨンド」で得た確信(1/2)

ホーム > 作品情報 > 映画「アウトレイジ ビヨンド」 > インタビュー > 北野武監督&三浦友和「アウトレイジ ビヨンド」で得た確信(1/2)
メニュー

アウトレイジ ビヨンド

劇場公開日 2012年10月6日
2012年10月3日更新
画像1

北野武監督&三浦友和「アウトレイジ ビヨンド」で得た確信

北野武監督にとって初の続編となる「アウトレイジ ビヨンド」には、多くの発見があった。2010年の前作「アウトレイジ」に比べセリフが大幅に増え、テンポのいい抗争劇が繰り広げられていく。バイオレンスを媒介に複雑な人間ドラマを構築した手腕は「世界のキタノ」の真骨頂。意表を突くキャスティングの妙味も健在で、前作に続く出演となった三浦友和とともに、その作品世界を語った。(取材・文/鈴木元、写真/堀弥生)

アウトレイジ ビヨンド」は、第69回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出され、約4分のスタンディング・オベーションを持って迎えられた。4年ぶり8作目となる水の都でのお披露目。1997年に「HANA-BI」で金獅子賞(グランプリ)に輝き、2003年の「座頭市」では監督賞を受賞したなじみ深い地で手応えをつかんだ様子だが、意外にも上映前には多少の不安があったそうだ。「アウトレイジ」が、カンヌ映画祭で賛否両論を巻き起こしたことも、それをかき立てる一因だったという。

「『アウトレイジ』がカンヌで、ひどい暴力映画というグループと暴力映画の傑作だというところがあって、いい悪いがはっきりしちゃった。でも、いい意見でもあんまりバイオレンスばっかりが前面に出たからちょっとイライラした。それで、映画祭に続編がコンペティション部門に呼ばれるって珍しいんだけれど、ベネチアでもコンペに呼ばれちゃった。内容がちょっと違っていても、暴力映画でやくざ映画には変わりはない。愛とかきずなとかで皆を感動させて、なんかひとつになったような優しい映画がいいという海外の風潮のときに、これ持って行って大丈夫かなと思ったけれど、会場は満杯だったし、かなり反応がいいんで、ああ良かったと思った。終わった後も、あと5分くらいちゃんと立って『HANA-BI』の記録を抜いてやろうかとも思ったけれど、ただ何もしないであそこにずっと立っていてもしようがないんで帰っちゃった。皆、面白かったって言ってくれているんで、ひと安心かな」

アウトレイジ ビヨンド」の構想は、既に前作の段階で抱いていた。

「内輪の話で、続編があったらどうなるんだろうなとは話していたんだよね。大友が実は生きていて、突然刑務所から釈放されて、抗争に巻き込まれるっていう。台本は書いてなかったけれど、だいたいそんな感じになるだろうなって」

し烈な内部抗争の末、関東最大の組織となった暴力団の山王会。若頭だった加藤(三浦)が会長となり、大友組の唯一の生き残りの石原(加瀬亮)が若頭としてらつ腕をふるい、今や政治の世界にも手をのばしていた。勢力の拡大に手を焼いていた警察は、“マル暴”担当の片岡(小日向文世)が、関西の花菱会との抗争を画策。そんな折、獄中で刺され死んだはずの大友(ビートたけし)が生きていることが分かり、事態は混とんとした様相を呈していく。

やくざの抗争に警察組織を絡めた“北野流”の「仁義なき戦い」。特に片岡が狂言回し的な役割を担い、キャスティングボードを握っている。

「(前作のラストで)加藤会長に代わったときに、『大友、死にましたよ』って片岡に言わせたんだけれど、大友の死体は見せていない。実は生きているってことでストーリーの出だしは楽だった。ただ、関東弁と関西弁のののしり合いをやろうとかいろいろ考えたときに、大友にやる気が出ちゃうと困るんで、やりたくねえと言いながら巻き込まれていくというストーリーに変えたんだよ」

三浦には早い段階で非公式に打診があったようだ。前作では山王会の初代会長・関内(北村総一朗)に従順な若頭だったが、「アウトレイジ ビヨンド」ではトップに君臨したことでの苦悩や焦りが浮き彫りになっていく。

「『アウトレイジ』の封切り日の舞台挨拶で、『続編ができる可能性もあるから、その時はよろしくね』とマネージャーからではなく、監督から直接オファーをいただきました。それは、うれしかったですね。ただ、てっぺんに立つとどうなるかはだいたい見えますからね。多分『アウトレイジ ビヨンド』では、つらいことになるだろうとは思っていました」

事実、加藤は花菱会の存在や、片岡の暗躍によって窮地に追い込まれていく。「この野郎!」「俺を誰だと思っているんだ!」といった前作では控えめ!? だった怒声や罵声も浴びせる。これは北野監督にとっても、大きな狙いのひとつだった。

「俺にとってのメインイベントは、関西と関東のののしり合いと、加藤会長がものすごく感情的になるところ。現代やくざのエリートだった加藤なんだけれど感情が先に立つ。誰も、三浦さんのああいう演技を見たことないと思うんだ。だから、俺は内心ほくそ笑んでいたね。やった、やったと思って。すごく新鮮だし、面白かったなあ」

演じた三浦も、何ともいえないそう快感があったようだ。

「ああいうののしり合いの後というのは、引きずらないですからね。だから、カットがかかったり、そのシーンが終わった後は若干の虚脱状態にはなりましたけれど、ストレス解消にはなったのかなとは感じていました」

>>次のページへ続く

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

キャリアを積んだ老境のヤクザたちの不敵な顔貌とその声の響き
映画評論

耳をつんざくようなヤクザ同士の怒号と饒舌なダイアローグの応酬という見立ての「アウトレイジ」で、鮮やかに<暴力映画>への復帰を遂げた北野武だが、この続篇では同行の手法をあからさまに踏襲しながらも、初期の傑作「ソナチネ」への言及が目立つ。...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

アウトレイジ ビヨンド[Blu-ray/ブルーレイ] アウトレイジ ビヨンド[DVD] ゴースト・イン・ザ・シェル[Ultra HD Blu-ray] 戦場のメリークリスマス[Blu-ray/ブルーレイ]
アウトレイジ ビヨンド[Blu-ray/ブルーレイ] アウトレイジ ビヨンド[DVD] ゴースト・イン・ザ・シェル[Ultra HD Blu-ray] 戦場のメリークリスマス[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2013年4月12日 最安価格: ¥3,629 発売日:2013年4月12日 最安価格: ¥2,873 発売日:2017年8月23日 最安価格: ¥5,054 発売日:2013年11月23日 最安価格: ¥4,938
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全94件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi