劇場公開日 2012年3月31日

  • 予告編を見る

少年と自転車のレビュー・感想・評価

3.418
15%
48%
30%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全18件を表示

1.5安定のタルデンヌ兄弟!!

2018年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

同じ監督の「サンドラの週末」は観ましたが、同じ作風で流石という感じです。しかし「サンドラの週末」ほど続きが気になるという訳では無く、少年にも興味が無いのであまり面白くなかったです。私は母に怒鳴られてばかりいたので、本当の親子じゃないのに心が触れ合っていく様は少しも面白くなかったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アンジェロ

4.0だれのものでもないチェレ をふと思い出しました。 主演の少年の演技...

miharyiさん
2018年9月30日
PCから投稿

悲しい

だれのものでもないチェレ をふと思い出しました。
主演の少年の演技が心に突き刺さります。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

3.0深さを自分でみつける

ふわりさん
2018年2月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

ストーリーが想像通りに進むし、簡単に想像出来るんだが、何かを考えてさせられる作品。
深いのか、単純なのかさえわからない。
けれどじわじわきます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

4.0まさにカンヌ系の映画だろう

Gomezさん
2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gomez

4.0ただそこにあった偶然

2017年2月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しんおすけ

4.5あとからあとから…

aiさん
2016年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

セシル・ドゥ・フランスが観たくて…。後から後から涙があふれた。劇中、シリル少年以外のアップがなかったのでは…。しっとりとずっしり。何もかも観る人へ考えを委ねられた作品だと思う。素直なシリル、きっとぜったい幸せへの道を走り始めた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ai

3.5愛を求める少年

pocoさん
2016年3月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

親に捨てられた少年。愛してくれる人に出会えて良かった。非行に走るのに親のいる、いないは関係ない。正しく誠実に生きることが大事。少年が根はとてもいい子で良かった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
poco

3.0面白いかと訊かれれば

2016年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

面白くはなかったが「真実」は描かれていたと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
自由の座

5.0なぜ女性はそこまで見ず知らずの少年に尽くすのか?説明はなされていな...

JOHN DOさん
2015年8月13日
iPhoneアプリから投稿

なぜ女性はそこまで見ず知らずの少年に尽くすのか?説明はなされていないが出会いの場面で考えさせられる。そして終盤、少年が生き方を変えた場面にただただ涙、観る度に深い余韻に沈みます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JOHN DO

3.0ものすごくうるさくてーを見た後だったから、非行な少年続きでちょっと...

yukaさん
2015年3月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

ものすごくうるさくてーを見た後だったから、非行な少年続きでちょっとしんどかったが。こっちのほうが共感できた。
終わり方が、ん?というかんじだが、きっと少年は強くなったんだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuka

3.5良い

2015年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

フランスとかイタリアの合作ということで少し期待していたが、予想以上に良い出来で楽しめた。

施設に預けられた少年とその里親になった女性の絆の話だが、反抗期の少年との付き合い方の難しさや、親に対する子供の愛情が自然に描かれていて心に残った。主演の少年の子供らしい生意気さや可愛らしさがしっかり表現されていて好演だったのも印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けいすけ

4.0親となることのプロセス

2014年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ

3.0人は愛を求めるのでしょう。

Can.mkさん
2013年10月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

難しい

人は、愛を向けずにはいられない。そして、愛を求めるのでしょう。
自転車は物語を走らせる。少年とその周りの真実や裏切りや希望を自転車が繋げていた。

なぜ、そうなったのか、という所までは描かれていませんが、そんなことはどうでも良く、少年の愛を求める心と愛を与えたい心が、人間としての性であるということを感じた。
非常に荒いが、繊細な荒さであった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Can.mk

1.025点 主人公のビジュアルのかわいさもないし・・・

2013年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

(2012/3/18)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

話の展開も。演技も。カメラワークも。

 たいくつでギブアップ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画電気(びりびり)

3.5自転車はあんまり関係なかった

takさん
2013年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

運動靴と赤い金魚
みたいな邦題付けてんじゃねーよと
思ったら意外とそのまま訳なのかな

監督も、俳優も知らないけど
少年はガンモに比べると自転車への拘りが足りない感があった
近所の悪ガキに取り込まれていく辺りのハラハラというか
やめとけやめとけみたいな感情はすんなり入ってきた
周りの人間は里親意外はいたってシンプルで
扱いにくい少年を腫れぼったく扱う
大人らしい付き合いを全うするし
誰もむやみに傷つけようとしない
里親や孤児の悩みはあまり描かれないが
そこは無闇に語る必要は無いとの判断だろう
それゆえ、少年の難しさが私にもひしひしと伝わって来た
孤児には孤児にしかわからない淋しさがあって、
残酷なくらいか弱い本人が解決するしかない
大きくて果てしなく暗い夜の波のような人生の
彼らの始まりのエピソードを描いた作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tak

2.5何とも言えない

2012年5月19日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

自分が少年だった頃、自転車でよく遊んだもの。この主人公が、自転車に執着する場面は、何か懐かしさを感じた。作品は、淡々と映像が流れるが、主人公やそのまわりを囲む大人たちの葛藤や心の起伏は、十分に伝わった。ただし、娯楽だけを求める人には、時間を無駄にするでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スープレックス

4.5現代版「大人は判ってくれない」

梅薫庵さん
2012年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ジャンとリュックの兄弟監督が、日本を訪れた時に聞いた、ある少年の話を、フランスを舞台に映画化。

少年の大人に対する、剣山のような激しい苛立ちと、何処にもぶつけようの無い感情が、一見、飾り気のない映画的リズムのあいだから、溢れ出てくる。

映画の最中、その波に飲み込まれて、観ているこちらの方が、少年に苛立ちを感じるほど。生理的にこの少年が、嫌いになる手前まで行った。

少年が街の不良にそそのかされて、強盗をやってしまったあとのこと。不良には見捨てられ、盗んだ金を借金苦の父親に渡そうとしたら、父親からも拒絶される。もし日本のありきたりな、月並みな映画なら、自暴自棄になるところ。

しかし少年は、そこで踏みとどまる。自分の面倒を何かと見てくれた、週末だけの里親のところに戻ってくるのだった。

何故そうなったかは、わからない。彼が今まで信じていたものすべてに、裏切られたからなのか。それとも、真摯に自分と向き合ってくれていた里親、少年と同じ町に住む美容師の女性が向けてくれた情が、そうなってはじめてわかったのか。

この里親を演じるのが、セシル・ドゥ・フランス。イーストウッドの「ヒアアフター」にも出たいた。彼女の演じる美容師が、何故、少年の里親になろうとしたのかも、映画でははっきりと示されない。けれど、少年としっかりと向き合い、彼のやり場のない感情を、言葉ではなく、無言で受け止めているのが、清々しい。

終盤、少年は変わる。里親の女性にも、心を許す。ここでまた事件が起こる。しかしそれは少年と里親との絆を深めるものだった。これで観客は少しばかり肩透かしを喰らうのだけれど、ちょっと尻切れとんぼのようなだが、曇った空からうっすらと薄日が射すように、少年の未来を暗示させるラストは、感動というのは大袈裟すぎるが、幸福感が心ににじんわりとしみてくるエンディングは、観慣れているアメリカ映画とは違って、味わい深い。

4月17日 渋谷Bunkamura ル・シネマ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
梅薫庵

4.5こんな秀作が・・・

dekatterさん
2012年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

幸せ

希望が見えるラストでしたが、これから様々な試練や壁を乗り越えなくちゃいけないんだろうな、とも思いました。少年の繊細さと孤独を静謐な演出で描き、衝動的かつ動物的でもある彼を捉えるカメラワークも素晴らしい。僕の父親は養育費なしという条件と引き換えに母へ親権を渡しました。でも結局、僕は今日まで両親を愛することが出来ませんでした。多くの女性を愛してきたのは、その代償だったのかも知れません。おっと映画の話でした。カンヌGP受賞作(2011)という華々しさはありませんが、こんな秀作が東京と神奈川だけの公開なんて日本はどうなっているんでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dekatter
「少年と自転車」の作品トップへ