劇場公開日 2012年4月28日

  • 予告編を見る

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプランのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全15件を表示

5.0仕事も恋愛もうまくいかず人生に行き詰っていたアニー。親友のリリアン...

よねさん
2018年5月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

3.5下品!お下劣! かくも女とは醜悪な生き物なのか! すぐ寝るのはもは...

2017年12月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

下品!お下劣!
かくも女とは醜悪な生き物なのか!
すぐ寝るのはもはや当然。どっちが親友か合戦、同性への羨望と嫉妬、そして他人を不愉快にさせるまでの強烈な自己嫌悪。女性を見る目が変わります。
私は基本、下品、お下劣な笑いは嫌いなので、途中までは不快感を持って見てました。しかしいつのまにか女たちの行く末が気になり、楽しんでいました。なぜだ?自分でも分かりません、不思議。
そして迎える謎の大団円(笑)よかったよかった、と気を許した最後に来ました、超お下劣!
もはやそれを笑って受け入れている自分がありました。
そんな不思議な作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.5スゲエわこれ…

JYARIさん
2017年9月19日
iPhoneアプリから投稿

改めてコメディ映画の素晴らしさを感じた!
これ脚本がすごいよ!

ここまでイタくてクレイジーな主人公なかなか見ない。ゴーストバスターズ見なきゃね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

5.0楽しい

shankarさん
2016年8月21日
iPhoneアプリから投稿

大好きなコメディ。

何度みても楽しい〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shankar

2.0ながらで見れるコメディ

emさん
2016年6月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

正直になったらどんなに楽しく楽な人生だろうと思う主人公。
羨むことをやめて自分に自信を持ったら好転する。
主人公にはあまり共感できず、でもメリッサマッカーシーがよかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
em

3.5オトコには分からないオンナの下ネタ

everglazeさん
2016年4月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これ、オンナにしか分からないだろうな〜っていう下ネタのツボが◎でした。言葉だけでなく、表情もね。
女同士の戦い、見栄の張り合い、自尊心の欠如で嵌る不毛な恋愛。
途中少しダレるのは残念ですが、とにかくMcCarthy最高!!今までで一番大爆笑したコメディです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
everglaze

4.0なかなか...笑

ぞのさん
2015年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぞの

2.5んー

2015年4月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アメリカンジョークが好きな人はこの映画好きかも。それにしても伏線作っておきながら未回収で終わることがしばしば、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やっちゃん

4.0女版ハングオーバーだと思ったら…

2014年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としあき

3.5「ハングオーバー」とは似て非なる好編コメディ

近大さん
2014年3月23日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

仕事も恋も上手く行かず、人生どん詰まりの30代独身女性アニー。結婚する親友の花嫁介添人のリーダーを任されるも、次々とトラブルを起こす…。

全米大ヒット、2011年のアカデミー賞で2部門(脚本賞、助演女優賞=メリッサ・マッカーシー)にノミネートされたコメディ話題作。

女版「ハングオーバー」とは、なるほど確かに。
飛行機嫌いのアニーが機内で巻き起こす珍騒動は結構笑える。
食中毒に当たった面々のてんやわんやは、なかなかお下劣。
笑いにお下品&下ネタ、そして勿論、友情…。
アメリカン・コメディの王道。

見る前は疑問に思った事が。
「ハングオーバー」はあんなに面白く、大当たりし、ストーリーも凝ってたのに(「1」に限ります)、何故オスカーで無視され、女版と言われる本作は注目されたのか。
ずっと疑問だったが、見て分かった。本作は、「ハングオーバー」と似て非なるものだと言う事が。
何だかんだ言って「ハングオーバー」は、男たちの馬鹿騒ぎ、大騒ぎの楽しいコメディでしかなかった。
しかし本作は、アラサー女性の孤独や本音を露わにしている。同年代もしくは同じ境遇の女性には胸にチクチク迫り、ただの笑えるコメディではない。

脚本も担当したクリステン・ウィグが、アニーを好演。とびきりの美人じゃないけど、ほどほどの美人な感じが、妙にリアル。
ブライズメイズの中でも、メリッサ・マッカーシー! 見た目もインパクト大だが、個性もパワフル!

ついてない時は何をやってもついてない。
親友と喧嘩、アパートを追い出され、車も故障。デリカシーの無いセフレにうんざりし、せっかく好意を持ってくれた異性にも余計な事を言ってしまう。あっちにこっちに八つ当たりしたくなってしまう。
でも、人生ついてないばかりじゃない。
親友と和解して、新しい恋が訪れて、自分にだって何かしら取り柄がある。

とんとん拍子のサクセス・ストーリーではなく、親近感ある描き方に好感の持てる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.5親友の幸せに揺れるアラサー女心

2012年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

幸せ

女性版「ハングオーバー」とはちょっと違いました。親友の幸せに心揺れるアラサー女性のドタバタラブコメ、かな。
ブライズメイドの習慣が日本に無くて良かった、お祝いする気持ちと式を仕切る才能は別物ですよ。

空回りの主人公アニー、共感できる自分に薄ら笑い。ドン底の底を自分でぶち抜いてどうすんの、でも自分じゃ停められないのよね。ブレーキはかなりのインパクト、グッときました。
ちょっと嗅覚にくるようなお下劣ぶりはキツかったけど苦笑いでやり過ごしたら、あとは結構面白かったです。

個性の強いキャラクターにぴったりのキャスティングでした。
同居人兄妹が強烈、妹はマット・ルーカスが女装した2役と思ったら、女装の彼によく似た女優さんでした。
警察官役のクリス・オダウド、迫力のない頑固さが可愛げあって良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
グッドラック

4.0評価悪いけどあえて観たら・・なかなか良かったヨ!!!

2012年7月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

事前に評価みてたらけっこうボロクソな書かれ方してましたが、それでも自分の直感で気になってしまったので、観ましたよ!

いやー。 けっこうイイじゃないですか!!
笑い、テンポ、キャラクター、音楽どれもこれもグーでした。

一番良かったのは、男性警官とのやりとりかな。
あとは女の友情。

はちゃめちゃ豪快っぷりな内容だけど、80年代ハリウッド映画のような元気がいっぱい詰まってました。

あとは、何といってもウィルソンフィリップスに尽きます!!!

僕の大好きなユニットですから。
つい最近また活動が活発になってアルバムも立て続けに出てきた矢先だったので、もうサプライズで思わずおおーーーって身を乗り出しそうな心情でした(笑)
気持ちは一緒に踊ってました(笑)

「ウィルソーーーン」(笑)

ちなみにこの作品2回いっちゃいましたよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
緑のカエル

3.5それほど悪くない。

梅薫庵さん
2012年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

単純

他の人が語るほど、悪い作品じゃない。

ただし、セックスネタ、下ネタ満載なことは確かで
その辺に嫌悪感を抱く人には無理。
冒頭からセックスシーンだし、露骨な会話も多い。

それらで笑いをとっているわけだけど、
主題は、女どうしの間に友情は成り立つかということ。
ハメをはずしつつ、結構マジメに語られている。
女性どうしの友情の中に、嫉妬が入るとどうなるか。
が、それがあまり起伏の無いストーリー展開の中で
埋れてしまっている。それに2時間という尺も長い。

ただ主人公アニーとハイウェイパトロール、ネイサンの
やりそんななかで取りは良かった。ネイサンの生真面目さには
ジーンとくる。

この映画、本国アメリカの映画批評サイト
ロッテントマトでは評価が高い。
批評家で90%、観客で76%の支持、
やっぱり日本人にはわかり得ないギャグセンスがあるんだろうな。

因みにこの映画、主人公アニーの母役で
ジル・クレイバーグが出ている。
彼女といえばポール・マザスキー監督の「結婚しない女」
SATCの先駆のような映画に出演していた彼女が
こんな映画に出ていたのも何かの因縁だろう。
ジルは、2010年白血病のため死去、この作品が
遺作となった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
梅薫庵

1.5・・・ビローン

2012年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

単純

「アイ・アム・デビッド」を手掛けたポール・フェイグ監督が、「宇宙人ポール」など、コメディ作品への出演経験が豊富なクリスティン・ウィグを主演に迎えた下ネタ、お下劣を遠慮なく詰め込んだ群像劇。

その際どいお下劣レベル、問答無用の下ネタワールドを撒き散らし、アメリカで高い評価を獲得した作品が、本作である。「女子会」「ママ会」と銘打って、ひたすら集まる女性の方々が社会権を得ている現代。

果たして、あの「ホルモン」やら「バイキング」を目の前に語りつくす女子会とは、いったい何を話している空間なのだ・・と、純粋な好奇心から男子禁制の女の園に関心をもつ男性には、その答えの一端が見えてくれる作品である。(もちろん、本作のような危険すぎるトークばかりでは無いと思う・・思いたい、うん)

ただ、一本の作品として2時間の暗闇を引っ張っていく魅力があるかという視点で見ると、首を傾げざるをえない。とにかく、「そうよね、女友達ってこんなに難しいのよね!分かるわ~観終わったら、カフェで感想語り合いましょう!」という女性の共感を得るために(あるいは、スター〇ックスの売り上げ向上のために)安くないドル札をつぎ込んだ低い志の映画と捉えられないとも言い切れない。

会話の意外性、汚さ、紋切り型の感動を並べ立てても、それは一つ一つの練りこんだ会話劇の縫い合わせでしかなく、「物語」ではない。中だるみというレベルではなく、全編にわたって使い古したブリー〇のような「ビローン」とした弛みが満ち満ちて、その語りの弱さを拭いきれない。そもそも物「語り」ではないのだから、仕方ないといえば仕方ないのだが。

女優陣の細かい人物設定も、結局「ああ・・あのトイレで〇〇した人ね」で終わるお下劣要素の不気味なまでの力強さ。しっかり関心を引き付ける的確な人間ドラマがあってこそ活きてくる小ネタ、下ネタが主役を張る世界は、ただただ悲しいばかりである。

さて、この映画で何を感じれば良いのか。何か、学べる事がありましょうか・・・ありました、ありました。ありましたよ、一つ。

「出会いが欲しい女子は、車のバックライトの故障をすぐ直してはいけない」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ダックス奮闘{ふんとう}

2.5『ハングオーバー』の女版って?

Blueさん
2011年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

女性が作った(書いた) コメディ映画なので、下ネタがあっても 大胆さに欠けてる。 一見『ハングオーバー』のようで 「結婚式まえ」 「友達」 「お酒」などなどのキーワードが 一致するけれど、盛り上がりは イマイチ。。 それより「男性よりも 頭で考える生き物(女性)」と言われる、いちいち面倒臭い 女の友情とプライドと 「本能で動く生き物(男性)」を理解しきれていない 負け犬扱いの主人公の 成長を追う、ヒューマンドラマ?(いえ、コメディです、笑)

主人公のアニーを演じ この作品の脚本を書いた クリスティン・ウィグ。 何気に スタイルよくて、体当たりコメディも なかなか笑えるのですが どこか垢抜けない 彼女。 …キャメロン・ディアスに 頼んだほうがよかったかも? …それだと 親友・リリアン(マーヤ・ルドルフ)と釣り合いがとれないか。。 アニーと プライド対決をし続ける ヘレン役に ローズ・バーン(『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』で エージェント役をやってた人、結構 美人☆)。 ゴッツい女友達・ミーガンを演じた メリッサー・マッカーシーは 『ハングオーバー』のザック・ガリファナキス的ポジション。 アニーのルームメイト・ジルを演じた マット・ルーカスは『アリス・イン・ワンダーランド』で双子のツィードゥルを演じた人。 アニーと出会う警官役に クリス・オダウド(『パイレーツ・ラジオ』で気弱なサイモンを演じた彼)。

興味深い俳優さんがそろった作品。 場内では 主婦層にバカうけギャグもありました(まぁ下ネタですが、笑)DVDで、どうぞ。

P.S. ウィルソン・フィリップスって 懐かしー!! エンドロールのお楽しみも 『ハング…』を意識してる、な(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Blue
「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」の作品トップへ