「期待値が高すぎて、失望感半端ない」ヒミズ アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ヒミズ」 > レビュー > アサシンさんのレビュー
メニュー

ヒミズ

劇場公開日 2012年1月14日
全128件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

期待値が高すぎて、失望感半端ない

原作から観たいところ、見れなくて、とうとう見れての想像を見事に裏切られた。
二階堂ふみ、染谷には凄い期待していた。
それ以前に、不自然が凄い。
ホームレスがいつも綺麗な服、綺麗な髪、肌。
染谷、家に何も無いはずなのに、毎日、日替わりで綺麗な服。
染谷、毎日、リンチされて、顔が腫れてない、傷がない。
殴られるよう、顔出す、逃げない。
ヤクザがピストルくれる。ただで。
完全に不幸遊戯。
これ見て感動する奴は、不幸のカケラも知らない奴。
監督も知らないのか、客を馬鹿にしているのか。
飽きないように見どころたくさん作るのが、胡散臭いし、あざといし、さー見てくれで、騙される奴多すぎ。
刃物持ち出し放浪するところとか、ピストル持ちながら池に入るシーンとか、何度もするなや。リピート機能かよ。
二階堂ふみもこれだけやると、流石にウザイな。
この映画は具材入れすぎの鍋食べてるみたいだ。
単に下品なものを見せられた気分、残念だ。

アサシン
さん / 2018年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報