「演劇向き」声をかくす人 okaoka0820さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「声をかくす人」 > レビュー > okaoka0820さんのレビュー
メニュー

声をかくす人

劇場公開日 2012年10月27日
全13件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

演劇向き

ずっと曇ったガラス越しみたいな画はなんとかならないか。
作品の色付けとしては無意味で完成もされていない演出だ。
裁判のシーンは常に一定テンポの学芸会を見ている気分になる。
テーマは非常に重みがあり、そこに教養的な価値は見出せるが、
切り取り方によってはもっと面白くできたはず。
たとえば息子のほうを主人公にしたらどうだったろう。
処刑シーンの緊張感はすばらしく胸に刺さる。

okaoka0820
さん / 2014年2月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi