ゴーストライター

劇場公開日

  • 予告編を見る
ゴーストライター

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

元英国首相アダム・ラングの自伝執筆を依頼されたゴーストライターが、ラングの滞在する孤島を訪問。取材をしながら原稿を書き進めていくが、次第にラングの過去に違和感を抱き始める。さらには前任者の不可解な死のナゾに行き当たり、独自に調査を進めていくが、やがて国家を揺るがす恐ろしい秘密に触れてしまう。「チャイナタウン」「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が描く本格サスペンスで、第60回ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)を受賞。ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナンらが共演。

2010年製作/128分/G/フランス・ドイツ・イギリス合作
原題:The Ghost Writer
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2009 R.P. FILMS – FRANCE 2 CINEMA – ELFTE BABELSBERG FILM GmbH – RUNTEAM III LTD

映画レビュー

4.5ゾクゾクが止まらない

2019年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

興奮

謎解きのゲームを進める感じでおもしろい。
主演のEマクレガーは最後まで名前名乗らず。
正に“ゴースト”。
中盤で会うおじいさんのヒントが一番ゾクゾク。
そこからすぐには謎解きに持って行かせない展開が流石。
しかしラスト、急ぎすぎたかな。
そもそもあの自叙伝は誰が書いたことになったんだ。
そして“ゴースト”がホントに“ゴースト”に…って。

首相が自叙伝出すとか、孤島で住んでるとか、
大学教授とCIAの親和性の無さとか、
そういった価値観は置いといて、
時系列は数字出したらちゃんと並べて解決して欲しい。
数字弱い人はそこが気になって仕方ない。

雰囲気全般に渡って淡々として陰鬱。
眠気にご用心。
ともあれ、上級なサスペンスドラマ。
ポランスキー監督大好きだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クリストフ

3.5ロマン・ポランスキー監督。 ユアン・マクレガーが可憐にも(^ワ^)...

miharyiさん
2018年9月22日
PCから投稿

ロマン・ポランスキー監督。
ユアン・マクレガーが可憐にも(^ワ^)作家くずれのライターを演じ 意外な展開に。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

4.0真実の輪郭にふれる幽霊

yuitosさん
2017年6月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

大きな起伏は無いながらも程良い緊張感と少しずつ紐解かれてゆく伏線、衝撃のラストには鳥肌が立った。政治的無関心であり世界情勢をも他人事の様に捉える人たちには退屈かも。ラストを陳腐と捉える人が居るのはまぁ…それまでの流れや題材的にも仕方ないか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuitos

4.0まるで小説のよう!

2016年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大好きなユアン・マクレガーの出演作。

小説を1ページ1ページめくっていく感覚。
どっかーんとくるわけではないけれど、最後までずっとドキドキしていました。

細かい心理描写が秀逸。

静かに静かに、息を詰めてしまうような作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
runa
すべての映画レビューを見る(全37件)