「優しさと不安と」水曜日のエミリア "Auggie" Wrenさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「水曜日のエミリア」 > レビュー > "Auggie" Wrenさんのレビュー
メニュー

水曜日のエミリア

劇場公開日 2011年7月2日
全15件中、12件目を表示
  •  
映画レビューを書く

優しさと不安と

きっと皆 優しくて、だからと言って何もかもを納得してる訳もなく、不満もあれば不安もある。だから“敵”やと感じてしまった相手には厳しくもするし、自分を“必要”だと感じる相手には わだかまりを棄て去って力になる(わだかまりから解き放たれるのって、嗚呼 素敵っ♪)。

仔細に及ぶ人間関係の微々たる歪みに(その歪みを引き起こしたのは誰なのか?、と言う議論も出来ようが)、その都度 健全に反応出来る人へ贈る讃歌。擦れようが ひねようが、悪巧みとは無縁の逞しさが美しい◎

"Auggie" Wren
さん / 2014年3月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報