「大切な人とパンを分け合いたくなる」しあわせのパン あらりんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「しあわせのパン」 > レビュー > あらりんさんのレビュー
メニュー

しあわせのパン

劇場公開日 2012年1月28日
全64件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

大切な人とパンを分け合いたくなる

これは寒い季節に観たくなる温かい映画です。

水縞夫妻…
原田知世さん演じる=料理担当のりえさん。
大泉洋さん演じる=パン職人の水縞くん。
都会暮らしで次第に心閉ざしたりえさんを、水縞くんが連れ出してくれた先は…
北海道・洞爺湖のほとりの小さな町・月浦。

2人の店、名前はパンカフェ「マーニ」…
水縞くんが焼く美味しいパンと
りえさんが作る温かい料理とコーヒー。
夫妻の優しさが、店を訪れる人々の壊れかけた心を癒します。
それを彩る北海道の四季の移り変わりが美しもあり、厳しくもあり…。

私が好きなのは…
湖を背景に髪を切るシーン。
静かにお互いを大切に思う夫婦愛が胸に広がります。
そして…
夫妻がいつもパンを半分こにして食べるシーン。
美味しいものも、幸せも、悲しみも半分こする2人。
胸きゅんです。

壮大な自然とゆったりとした時間のながれ。温かい人びと。
大好きな人と優しい気持ちで暮らせたら…幸せなんだろうなあ。

大好きなりえさんを、ずっと見守る水縞くんは理想の男性。
水縞くんの故郷へ一緒に行きたい!と思わず願ってしまう私です。

いつもと違うセリフの少ない洋さんが魅力的。
原田さんの空気感がステキです。
三島有紀子監督は、繕い裁つ人も好き。

冬になってから色々な場面で大泉洋さんを拝見する機会が多くなりました。
すっかり虜。
1人静かに大泉洋祭開催中です。

あらりん
さん / 2017年12月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
くり
くりさんのコメント
投稿日:2018年1月28日

あらりん
こんばんは。

冬は大泉洋祭が似合う。

だいぶ前に見たけど
もう一度みました。

パンをわけあうシーンに
ミッセージがあるね。

私は、小学生のエピソードが
好きです。

小さい子が気持ちの折り合いをつけるところと森魚さんの
秘密の鞄の魅力かな。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報