ダーケストアワー 消滅のレビュー・感想・評価

ダーケストアワー 消滅

劇場公開日 2012年12月1日
10件を表示 映画レビューを書く

設定はなかなか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

そこそこな仕上がりと言えばいいのでしょうか

透明で見えない、触られたら消滅、電磁波シールド付き、など設定はなかなか面白い設定だし(斬新とまではいかないが、既視感は少なめな設定だろう)、短さもあってダラダラはせずに話は進む。

しかしながらドラマ性としての盛り上がりは少なく、主要人物がやられても悲壮感は足りないし、思ったよりも早めに回避方法が分かるためかハラハラ感も少ない。

そりゃ、早めに回避方法が分からないと防戦一方過ぎるだろうけど、それにしてもせっかくの設定の良さが活きてこないままだし、もったいない。

主要人物たちは5人~4人ほどなので分かりやすいが、唐突な電気技師や軍人っぽいオッサンたちなど登場がいきなりな上に協力的すぎて違和感。

最後のヒロインを助けにいくにしても、一致団結しすぎ。

そして、シールドを破ったときのエイリアンのチープなCG笑(むしろこれを楽しむべきです笑)

まあ、B級SFサバイバルとして楽しんで観られたら勝ちだろうね

他の方のレビューを見て↓
誰もいないモスクワの街中や飛行機など終末感を出すセットは確かに良かったかも。

テツ
テツさん / 2018年2月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

個性的な侵略SF

舞台がモスクワというのも良いが、侵略してきたエイリアンの存在が個性的で素晴らしい。姿が見えず、オレンジ色の光を放つ彼らは不気味でしかない。さらにその光(稲妻のようにも見える)に触れると人の体が灰と化すという最強とも言える存在だ。
侵略は割りと冒頭で始まり、適度な恐怖感のままテンポ良く進む。その後籠城した主人公らは外へと出る決意を下すのだが、その後はしばらく市街での追いかけっこでやや飽きる。この感じのままぬるいサバイバルで終わるのかと予想していたが、人類の一部で侵略者と戦うべくレジスタンス的な組織を形成しており、それが後半にかなり生きてくるという構成だ。最強とも言えるエイリアンでもやはり弱点があり、それが所々に反映されている点も良いだろう。
本作は完全なB級映画ではあるが、モスクワ市街地に墜落したであろう旅客機などの作り込みは素晴らしかった。設定も去ることながらエイリアンを倒すための武器がいかにも「B級!」という感じで思わず笑みがこぼれる箇所もある。
続編の有無については不明だが、本作は尻切れとんぼなラストを向かえてしまう。それにイマイチ乗れないので不満もあるが、そこら辺のB級SFよりも完全に面白い。忘れた頃にもう一度観たくなる作品だ。

MASERATI
MASERATIさん / 2018年2月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

頑張れ!B級!応援してます!

日本では実現しませんでしたが、本作は3D映画です。
本編にも画面に物が飛んで来たりとやや古典的な3D
意識が垣間見れます。

スケールは想像以上に大きかったです。
誰もいないモスクワの町や、墜落した飛行機のセットなどなど、驚かしてくれます。
決してメジャーなSFアクション映画ではありませんが、製作陣の努力が伝わってきて、ちょっとニンマリ出来る作品でした。

エイリアン自体のデザインや設定、登場キャラクターや武器など全てに置いてB級。
ここまでB級感が強いとスカッとします。
この様な映画を観ると、頑張れー!と応援したくなります。
ただ、もしかしたら歴代最強う○こ映画「UFOー侵略ー」を観た後だからそう感じたのかもしれません。
……ですが、映画好きには勧めたい一作です。

カピバラ
カピバラさん / 2014年9月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

侵略エイリアン史上最強クラス!??

空から降る無数の光。その光に触れると、灰となって消えてしまう。
この光こそ、姿の見えないエイリアンだった…!

この手のB級侵略SF映画を作る者たちは、あれこれよくアイデアを考えるものだ。
姿は見えない。触れたら死ぬ。
本作のエイリアン、侵略エイリアンの中でも最強クラスなのでは?
でも、倒せない事は無いけど。

序盤のドラマは安っぽくでつまらない。
はっきり言って、見なくてもOK。
主人公たちのサバイバルが始まって、ようやく面白くなってくる。
灰だらけのゴーストタウンはなかなか終末世界観を感じさせる。
主人公たちの人物設定はB級作品の典型、話も上手く行き過ぎだったりご都合主義も目立つ。
途中で合流するロシア人少女が可愛い。

中途半端な終わり方なので続編狙ってるのかな?

近大
近大さん / 2014年8月9日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

WOWOWで。

途中から観た。

なかなか発想がすごいな、って。

途中から観たから、全然エイリアンの存在意味とかわかんないんだけど、、

電気を感じて、人類を破滅に招くエイリアン。なんなの!!!笑

結局ハッピーエンドだし、あんまりグロくないから、とっても観やすかったけど、きっと映画としてはヒットしないんだろうなぁって。

私は好きだけどね!!!

今度は最初から観ます。、、、

ひとみ
ひとみさん / 2014年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ある意味エイリアン映画の王道

見えないエイリアンというとプレデターを連想するが、触れた人間が粉々になるというこの映画の敵は結構タチが悪い。ただ、徐々に弱点が明らかになっていくという、この手のエイリアン映画の王道パターンをきちんと押さえているので思ったよりも楽しめた。でもB級感は否めないのも事実。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2014年3月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 ロシアが舞台で、光体が人間を襲う。光に触れた人間は一瞬にして消滅して人類滅亡の危機が訪れる。

 ところが光がロープ状になって人間をずるずる引っ張る場面もあり、意図がさっぱりわからないし、どうやってその対象を選んでいるのか不明で、設定の適当さをうかがわせた。

 光体は電磁波の何か集積のようなものなので、鉄やガラスに囲まれていれば大丈夫というのが次第に判明する。だったら車の中は超安全ではないのかとこれまた腑に落ちなかった。

 5~6人の若者だけが生き残り、他の生き残りを探すというのが中盤のストーリーであった。ところがこいつらさっぱりキャラが立っておらず、何も感情移入できなかった。若い男女がいるにもかかわらずエロい展開も皆無だし、因縁があるものがいたのに特に根深い対立があるわけでもなかった。変に大人だった。

 籠城して電磁砲みたいなのを作っていたデブのおじさんが一番かっこよかった。人間が一瞬で灰になって消滅するので、無残な死体が残るわけでもなく、苦しみもなく、死に方としては理想的な感じで全く怖さがなかった。

 スリルも興奮も特にない割にあまり退屈もしなかった。全く面白くないかと言えばそうでもなく、しかし特に見なくていい映画だった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2013年12月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

低予算宇宙人侵略物としてはなかなかの

大作系の宇宙人侵略物と比べてしまえば、当然ながら物足りないと言わざるを得ないでしょう。
しかしながら、低予算B級系宇宙人侵略物として考えたならば、予想していたよりは全然悪くなかったと思いましたよ!

映像のショボさやスケールの小ささはアイデアでカバー。
何と言っても姿の見えない侵略者が相手でしたから、予算は掛からないし、恐怖感も感じれるしで、まさしく一石二鳥だったなと思いましたね。
侵略者の正体が少しづつ明らかになって行く過程もなかなかのアイデア。
侵略者に触れた人間が粉砕・消滅する描写も、気持ちいいぐらい秀逸だったと思いましたよ。

舞台がロシアだったのも妙に新鮮で良かったです。
何故かアメリカに攻めてくるエイリアンには飽き飽きしていましたから・・・。
この手の映画のお約束とも言える死亡フラグが立ったキャラの退場っぷりにも、思わずニヤリでした。

仲間が加わったと思ったら別の仲間が死亡、そんな息をもつかせぬ展開のおかげで、まあスケールこそ相当小さかったですが、私的にはまずまずそれなりには楽しむことが出来た作品だったかなと。

エミール・ハーシュ(ショーン)・・・マニアックな役どころが多いエミールが、珍しくSFパニック物の主人公を演じたことにまずビックリ。
正直格好良いとは言い難い主人公で、果たして一体どうなるのかと思いましたが、終わってみればめちゃめちゃ格好良く見えてる辺りはさすがエミール・ハーシュでしたね。
でも、やっぱりオタク系の方がしっくり来るな~(笑)

オリビア・サールビー(ナタリー)・・・どちらかと言ったら今までは2番手キャラが多かった印象でしたが、今回は堂々とヒロインを好演していましたね。
主役のエミールがイケメンじゃなかっただけに、尚更美貌が引き立ちました。
行動としては、地味~に物語を掻き回していましたね・・・やっぱり美人は得ですな。

マックス・ミンゲラ(ベン)・・・普通はイケメンの方が主人公であるのがこの手の映画の常道ですが、この映画ではイケメンの方が主人公の親友役でした。
と言うことは・・・ある意味納得の・・・。

レイチェル・テイラー(アン)・・・典型的なヒロインの友人キャラだったでしょうか。
オリビア・サールビーの美貌を引き立たせるにはちょうどいい感じの普通美でした。

ジョエル・キナマン(スカイラー)・・・見事なクズ野郎っぷりを見せてくれました。
フラグ立ちまくりで、一体どんな末路が待っているのかある意味期待大でしたが・・・不覚にも泣きそうに・・・。

ヴェロニカ・ヴェルナドスカヤ(ヴィカ)・・・やけに行動力のある、これぞロシアンビューティーな美少女でした。
もう少しキャラ付けしてあげれば尚良かったのですが・・・ビジュアルだけは印象に残りましたが、キャラとしての印象は思いのほか薄かったような。

ロシア自警団の方々・・・ロシア愛溢れる素晴らしい自警団の方々でした!
特に屈強なスキンヘッドの団長さんの格好良さがたまらなくツボでしたね。
ただ、よくよく考えれば主人公達にいいように使われただけのような気も(笑)

映像のショボさやあっさりとしたオチからどうしても地味さは否めない作品でしたが、まあ家で見る分にはちょうどいいサイズの作品だったのではないでしょうか・・・。

2013年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖い世界観

B級だが楽しい気分で最後まで見れました。
生き残るために生きている者同士が考え、敵を倒すところが好きでした。
B級好きな人にオススメです。

tatsu tatsu
tatsu tatsuさん / 2013年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かっこよいB級的なSF映画でしたよ。

B級SF映画…。
どこでB級にしちゃったかというと…
・後半まで侵略者の姿はほぼ見えないけど、少しずつ正体現してきた姿がち ょっとチンケ。
・攻撃受けて生存者が1週間後に砦から出ていくんだけど、その間の攻防が
 音だけ。
・やっぱり主役級スターがいない。
などなど…妙にチープさがそこかしこにあり。
けど、全編モスクワシーンの映像はどことなく違和感があってよかったです。
ショッピングモールに飛行機がぶっこんでるシーンとか、無人のハイウェイ
に破壊されている車が放置されているシーンとか、何より侵略者に襲われたものがきらめく粉のごとく破壊されるシーンは実にかっこよかった。
ほどよく希望をもたせるラストシーンも好きです。
しかし、知らない役者さんばかりだったから誰がいつ犠牲になるか予想がつかなくて面白かったな。

peanuts
peanutsさん / 2012年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi