アバター

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アバター

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「リアル鬼ごっこ」「×ゲーム」などで若年層から支持を集める山田悠介の原作小説を映画化。主演は、「告白」に出演し注目を浴びた橋本愛。クラスで一番地味で目立たない存在の高校2年生・阿武隈道子は、人気のSNSサイト「アバQ」に入会し、ネット上の自身の分身である“アバター”に固執していく。アバQのレアアイテムを入手するため、犯罪や殺人にも手を染めていく道子は、次第に仮想と現実の境界線を見失っていく。

2011年製作/92分/日本
配給:太秦

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像32
  • 封印映像33
  • パッション
  • ファイナル・アワーズ
  • ハンター
  • カルト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2010 山田悠介/角川書店/「アバター」製作委員会

映画レビュー

3.5面白かったですよ

2019年5月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんの前情報もなくネット配信での観賞、
邦画としてはストーリーも映像も良いんじゃないですかね、
面白かった(^ω^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
褐色の猪

3.5早すぎた(2011)が今は無理な映画!!

2018年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

萌える

2018年にもなると、邦画界はコミックやアニメの実写化に味を占めてしまい、挑戦的なものが無くなってかなりつまらなくなったので、本作は非常に刺激的で、アホな部分もありますが退屈しませんでした。現在はスマホガチャも1兆年市場となって批判的なものは許されないでしょうから、このような内容を有名キャストで作る事は出来ないので、貴重な映画だと思います。しかも橋本愛が最も可愛かった時期です。ジェームズ・キャメロンが「アバター」の大掛かりな続編制作に取り掛かっていますが、同タイトルなのが吉と出るか、本作を観てインパクトを受ける方がゆっくりと増える気がします。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
アンジェロ

2.0教祖橋本愛、大・活・躍☆

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

課金制ソシャゲの方のアバター。イチケータイゲームでカーストが決められる愚かさがよく表されてた。展開やリアリティ山田悠介の映像化では楽しめる方、展開やリアリティくそ食らえ映画。ガスマスクはチェンソーをも弾く。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

2.5レアアイテムはマイナーな頃の清水富美加と能年玲奈

2016年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

萌える

真面目に見たら、お堅い方々には無縁のリアリティ皆無なB級学園物映画でしかないのですが、ところどころ微妙に共感できるところもあったりして、私はこれはこれで意外と楽しんで見れちゃいました。
ホントとにかく酷い学園描写でしたけどね・・・(苦笑)
たかだかアバターごときで学園の人気者になったり、いじめられっ子になったり、そんなこと現実にはありえないですが、些細なことでスクールカーストが出来上がるのもまた事実ですから、強ちリアリティ0では無いのかも?

まあそんな学園で一番地味な女の子・道子の復讐劇がメインの話でしたが、やはりこの手の映画でよくあるように、どんなに地味&ブスメイクを施しても、演じた橋本愛の美少女オーラは消せず。
でも、それ以上に綺麗に変身したバージョンの道子が、想像をはるかに超えるレベルの美しさだったので、突っ込みどころも忘れて思わずうっとり、この頃の橋本愛は物凄く輝いていましたねぇ(勿論、今は今で綺麗ですが)
内容が内容の映画ですから、橋本愛鑑賞映画として楽しむのが吉でしょう。

しかし最下層から頂点に上り詰めるまでが、あまりにも急すぎて笑っちゃうぐらい、でも上下動の激しい新旧女王対決は、坂田梨香子&道子の右腕的存在を演じた水沢奈子(イっちゃってた!)の怪演も相まって、B級だけどちょっと面白かった。
無駄なガスマスクも、案外使えるもので・・・しかしまさかあんなに硬いとは!

それとクラスメイトにまだブレーク前の清水富美加と能年玲奈がいたのは、レア度高め、マニア層にはオススメでしょう。
大した見せ場はなかったので、何度か巻き戻して見てしまいましたよ・・・。
まあ何にしても、私はネットゲームをやる(ごく稀にですが)にしても基本無課金主義なので、嵌ることはまずないですが、負けず嫌いで課金しまくりな方やケータイ依存症の方は、いろんな面でご注意を・・・。
結局金のある者には敵わないのが現実ですから(苦笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アバター」以外にこんな作品をCheck-inしています。