ALWAYS 三丁目の夕日’64(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

ALWAYS 三丁目の夕日’64

劇場公開日 2012年1月21日
39件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

今までで一番泣いた

2回目の鑑賞で一番泣いた。演習にも不自然がなく(当時を生きていないからかもしれない)、全く飽きさせない展開と演出に感動している。原作ありきでここまでできるのは、原作の構成が少なからず影響しているけれど、それでも相互作用が感じられるほどの傑作と言える。

saoki_ug
saoki_ugさん / 2019年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いしほのぼの

これはいけない、って、仕込んだファンレターを突っ込まれるところが面白かった。堤さん、相変わらずいいなぁ。

たこたろう
たこたろうさん / 2018年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動

オリンピックに向けて皆んなが頑張ろう!!としている姿が大好きです。

質素な生活の中に幸せがたくさんつまっているような、今の日本にはないこの時代の良さが表現されています。

なき
なきさん / 2017年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3作の中で1番!

3作の中で1番!

へまち
へまちさん / 2017年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは2年後にもう一度みたいかも。

東京オリンピックの年が舞台。私はまだ生まれてないので。
こうだったんだなあ、と。
なので2020年東京オリンピックの時に、もう一度見たいですね。

fukui42
fukui42さん / 2016年10月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ

想定内のストーリー。少し無理があった。

あっちゃんのパパと
あっちゃんのパパとさん / 2016年8月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

へば

笑って泣けるツボは健在ですね。
一作目が一番味わい深かったですが…。
高度成長期でも、幸せって何だろうなんて、立ち止まって考える人は多かったのだろうか。

everglaze
everglazeさん / 2016年4月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

成長主義へのレクイエム

完全に泣かせ方を分かっている監督さん。

親父と子どもの昔ながらの不器用な愛。

娘を嫁に出すときのおやこころ。

そしてクライマックスで茶川が走る走る。
不器用だけどかっこいい前のめりになりながら走る。そして音楽にのせて夕陽に輝く顔のショットが続き、最後の最後に夕陽を映し出す。この流れでやられてしまう。

永遠の0でもそうだが、この監督さんは泣かしどころをわかっている。
ベタだが、やられてしまう。

内容は
少々美化されすぎた郷愁を描く。
田園風景に加え、この東京タワーと泥臭く活気のある下町が新たに日本人の中に作られた心象風景となりうるのかもしれない。

永遠の0といい、ヤマトといい、なにかこの人の作品からはいつもナショナリスティックなものを感じる。

これを見て、あの時はよかった。
みんな上を向いてたなど安易に考えてしまいがちだ。

劇中に言ってたが、この時代の首都高や無尽蔵な開発を初めとした過度な成長主義がのちの時代に歪みとなって現れたのは確かだ。

なにが幸せなのか。それは個人的価値観で絶対的なものは存在しないが、経済的成長や科学の進歩が幸せをもたらした時代は終わった。

そのレクイエムのような映画だった。

REDSTAR
REDSTARさん / 2015年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは昭和?

平成生まれの人間でも楽しめる昭和の物語シリーズも、遂に3作目。しかしシリーズでは一番面白くなかったと思うのと、無駄な映像技術に監督のエゴを感じるし、オリンピックという名前が出ているだけで実際昭和という時代背景は生きているのかよくわからなくなってきた。
それでも親子の物語には心温まります。

ちかし
ちかしさん / 2015年5月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

安定感

三作目もしっかりと期待に応えてくれた。いい映画だ。

pazoo
pazooさん / 2015年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

三作目も文句無しの◎!!

総合:90点/ストーリー:90点/キャスト:95点/演出:95点/ビジュアル:85点/音楽:85点

ATOM
ATOMさん / 2015年3月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内容については、あまり言いたいことはないけれど、この時代はすごいと思った。

原作から離れたオリジナルストーリーらしいが、形どおりやろうとしすぎたせいか、つきぬけたところがなく、あまりおもしろくなかった。

観客はすごく入っていたけど、自分にとってはシリーズ最低作かな?

あまり笑えなかったし、感動もしなかった。

内容については、あまり言いたいことはないけれど、この時代はすごいと思った。

この映画に出てきたブルーインパルスが空に描いた五輪にしても、あたりまえみたいに見えるけど、大きさが合わなかったり、重ならなかったりして、練習の時はほとんど成功しなかったらしい。それを遅れ気味の開会式の中、国歌斉唱の時刻にピッタリ合わせ、成功させている。

新幹線にしても、東京タワーにしても、東京オリンピックにしても、NHKでやっていた、「プロジェクトX」みたいな話のかたまりで、奇跡の復興とよく言うけれど、本当に奇跡みたいなことの連続ですごい。

映画もこの頃は史上最高の黄金時代で、すごい映画がいっぱいある。

だけど、いろいろな技術的なことはこの時代より発展したのかもしれないけど、人間的なことというか国全体の勢いみたいなものは、ここが頂点だったのかもしれない。

ここで昭和30年代は終わるし、この後は今とあまり変わらなくなってしまう。

多少の上下はあるにしても、全体的に下り坂のような気がする。

「坂の上の雲」で言えば、奇跡の連続でかろうじて勝利した、日露戦争の時代に似ているかもしれない。

日露戦争に勝ってから、日本は世界の軍事超大国になったけど、第二次世界大戦でめちゃくちゃに崩壊した。

この映画見ていると、また同じようなこと繰り返しそうな気がしてしょうがない。

私だけなのかな・・・・?

Push6700
Push6700さん / 2013年4月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはり染みるなぁ

ロクの結婚や茶川家の父の死と子供の誕生など、エピソードを交えて話が展開。なかでも、茶川が引き取って育てていた子供との別れが泣ける。ロクの結婚相手を演じた森山未来が予想外に良かった。

ガク
ガクさん / 2013年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

成長を暖かく見守れる

総合70点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:75点 )

 いつの間にか月日が過ぎて、登場人物たちの環境も変わっている。自動車整備工場は順調で相変わらずだが、小説家は芥川賞はとってないけれど仕事もあってなんとか生活出来ているようだ。そんな中で新しい物語がちゃんと出来ていた。若者は大人になり人の親となろうとし、さらに若い者も成長し大人になろうとしている。そのような成長と、そこからくる新たな物語が芽生えていて、その意味で彼らの成長を暖かく見守ることが出来たのは視聴者としては嬉しいところ。基本は相変わらずの綺麗なばかりの人情話だが、これが日本人好みだしみんなわかって見ているのだからこれでいい。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

物質では買うことの出来ない幸福

東京オリンピックに湧きかえり、日本全体が未曾有の高度経済成長に突入して行こうとする中で、「今は皆が上を目指している時代です。医者だってそうだ。みんななりふり構わず出世したいと思っている。しかし、菊池君はそれとは違う生き方をしている」と、三浦友和扮する宅間史郎医師が言うように、こぞって資本主義という名の拝金主義に流されようとする中で、それとは違った生き方を目指し、物質では買うことの出来ない「幸福」を求めようとする人々の姿を描きます。
それにしても、「ひょっこりひょうたん島」の歌を歌い、「シェー!」のポーズをとって遊んでいる小学生たちは、当時7歳だった僕そのものでありました(^^;

shikahiko
shikahikoさん / 2012年5月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心に深く響いた

最近、家族愛だとか繋ぎとメディアまでもが声高にPRしている。それは、人の気持を思いやることが自然ではなくなってきているからだろう。映画を見るとそれを改めて感じさせる。登場人物一人一人の気持になって見ている自分が居て、共感し感極まって何度も泣いてしまった。また、昭和の「おやじ」の健在し、「寺内貫太郎一家」にあるドタバタ場面では笑った。本当の幸せが何かをふっと気づかせるところが、この映画独特の持ち味。また、小道具や大道具がディテールにこだわっている所も見所の一つ。

kuma-san
kuma-sanさん / 2012年2月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

意外にファミリー向きでない家族もの

ママシネマ(子連れOK上映会)で観てきました。他のレビューでも書きましたが、いわゆるママシネマは従来の親子上映会とは性質が異なり、主役はどちらかというと大人のようです。ここ最近の上映作品は「ミッション・インポッシブル」「もののけ島のナキ」「リアル・スティール」「ハッピー・フィート」「ステキな金縛り」「ロボジー」「マジックツリーハウス」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」…など。そんな中での本作。確かに、ママシネマに合いそう…と思っていましたが、なかなかどうして、意外な結果でした。(ちなみに、会場は比較的盛況。作品を反映してか、夫婦での参加や孫連れなど、お客の幅も広かったです。)
まず、上映時間。2時間越えは子どもにはかなり厳しいです。…というのは、まあ初めからわかっていたことでありまして。とはいえ、余韻や勿体をある程度整理すれば、2時間以内にすっきりと収まるように感じました。改善の余地あり、かと。
そして何より、子どもの平安な時間を妨げる伏兵は、あろうことか心優しい三丁目の住人たちでした。堤真一演じる頑固オヤジ・鈴木オート社長や吉岡道隆演じる売れない小説家・茶川など、彼らはすぐに怒ったり泣いたり叫んだりします。以前のママシネマ上映作品「僕らは世界を変えることができない」での戦闘シーンではまったく動じなかった息子が、堤真一の怒鳴り声や吉岡秀隆の絶叫のたびにビクッと覚醒してしまい、その都度いちからあやし直しです。ママシネマは通常より音を抑えており、聞き取りづらいセリフもありました。そんな音量でもインパクト十分の感情吐露…。通常上映ではさぞや、と思います。
さらに。孫連れならばクリアできそうですが、親世代は60年代をリアルタイムに知っているわけではありません。そのため、子どもの質問に答えきれない、興味関心を引くような言葉を掛けられない…という難点がありました。
だめ押しが、小雪演じる茶川の妻の出産にまつわるあれこれ。陣痛騒ぎといよいよの出産、新生児と父親の御対面…。ごく最近の「経験者」にあっては、「いくらフィクションとはいえ違うでしょ」「それで新生児はありえないでしょ」という突っ込みは避けられず。ぐずる子を抱いて気持ちに余裕がなくなっていることもあり、若干名冷ややかな失笑が起きていました。
…といったハードルを何とか乗り越え、最後まで付き合ってくれた息子に感謝しています。途中退場組もかなりいましたので。ちなみに、次のママシネマは、「ドラえもん」だそうです。…ふむ。そうきますか。

cma
cmaさん / 2012年2月22日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不覚にも

泣いてしまった。
なんか、震災のあとだからか
お金以外の・・・の価値観の
くどさが気になった。
まぁ、懐かしいけど後戻りはしたくない昭和が見れた。

プリン3
プリン3さん / 2012年2月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

涙、涙のヒューマンドラマ

「ALAWYS 三丁目の夕日’64」とても良かったです!!
感動の連続です!!

東京オリンピックを目前にした日本の情景も良かったですし、
登場人物一人ひとりの成長にも心を打たれました。

地域の皆との絆も一段と感じられ、後半からはずっっと
涙が止まりませんでした!!

堂々の☆5つです!!!

映画ファン☆
映画ファン☆さん / 2012年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

素晴らしい

泣いて笑えて本当によかったです。

どこか懐かしいような温かくなる気持ちになりました。
古きよき時代が美化される傾向にあるのかもしれませんが、皆が協力し上を見て懸命に生きていた時代。
あの時代から学べる事もあるのかもしれませんね!

幸せとは何なのか…

第三シード
第三シードさん / 2012年2月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

39件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報