「映画のつくりがシンプルで最後まで一直線。 中盤からほぼ門番が考えた...」さや侍 yonda?さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「さや侍」 > レビュー > yonda?さんのレビュー
メニュー

さや侍

劇場公開日 2011年6月11日
全106件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

映画のつくりがシンプルで最後まで一直線。 中盤からほぼ門番が考えた...

映画のつくりがシンプルで最後まで一直線。
中盤からほぼ門番が考えたネタをいわれるままやり、だんだん大掛かりになっていく。後半は笑わせようとしていなくて、ただの見世物。BGM流れるシーンは感動させようとしてる感あって抵抗ある。娘が隠れていることに気づいた板尾の場面とか。

金平糖の殿様は大砲くらいからハマりはじめ、最後の最後は無理矢理笑ったことにしようと画策する。
ここで侍魂。
鞘を持っていたのこの為。

他の映画作品で解らないと評されたりすることあるからなのか説明役の殺し屋3人組を用意。どういう意味なのか解説も劇中でやらせる。観客の中にゴリゴリがいても大丈夫なように辞世の句の意味までも言う。丁寧な作りの映画。

yonda?
さん / 2018年9月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報