「学ぶものは多いが…」星を追う子ども みきねこさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「星を追う子ども」 > レビュー > みきねこさんのレビュー
メニュー

星を追う子ども

劇場公開日 2011年5月7日
全52件中、14件目を表示
  •  
映画レビューを書く

学ぶものは多いが… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いろんな形を認め合う現代
そーだなぁー
ナウシカやラピュタを思わせるが
2つを割ってしまった感じ
物足りないのかもしれないが
ナウシカとラピュタを割って
ペットセメタリーにもなりきれず
だけど言葉からは学ぶものは多い
祝福をあげる=bless youと言いながら
外国人にキスされる感じだろうか
クラヴィスとは、ラテン語で鍵という意味とか
先生のセリフの存外役に立つかもしれんなぁとか
ご老人の言葉
生も死も、ものの流れの一部でしかない
その流れを遮る様なことは人間には許されていない
死者を悼むのは正しい
死者と己を憐れみ続けるのは間違っている
あの世での役割を終え次の世界に行く時なのだ
たくさん泣いておあげ
ああやって命はもっと大きなものの一部になる
喪失を抱えてなお生きろ
それが人に与えられた呪い
喪失と祝福というテーマ

いろんな人と出会って、この2人は成長する。
もちろん先生の方は死を受け入れず
我が道を突き進むが、結局人は与えられたものを
受け入れざるを得ないのだろう…
というのが感想となります。
わたし的には観て良かったですよ!!!

みきねこ
さん / 2017年11月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi