ラビット・ホラー3D インタビュー: 満島ひかり、清水崇×C・ドイルが描く白昼夢ホラーで新たな魅力 (1/2)

ホーム > 作品情報 > 映画「ラビット・ホラー3D」 > インタビュー > 満島ひかり、清水崇×C・ドイルが描く白昼夢ホラーで新たな魅力 (1/2)
メニュー

ラビット・ホラー3D

劇場公開日 2011年9月17日
2011年9月13日更新
画像1

満島ひかり、清水崇×C・ドイルが描く白昼夢ホラーで新たな魅力

今、最も注目される実力派若手女優の満島ひかりが、「呪怨」の清水崇監督の最新作「ラビット・ホラー3D」でホラー作品に初主演する。近年、映画、ドラマと公開作が目白押しの満島だが、その中でも本作は、現実と悪夢、妄想の境に存在する狂気を3Dで描く異色作。撮影監督クリストファー・ドイルの映像美の世界で、満島が新たな魅力を発揮する。(取材・文:編集部、写真:本城典子)

ホラー嫌いを公言し、特に日本のホラー作品は「じめじめした湿気とか念が強い気がする」と苦手意識を持っていたという。それでも「小さいころから、ちょっと不思議な絵本や奇妙な物語はすごく好きだったんです。子どもっていろいろ想像するじゃないですか。後ろを向いたらすべてがなくなるかもとか、お父さんとお母さんは本当は怪獣かもしれないとか……そういう、空想が好きだったんです」と、多感だったという幼少期について明かす。

画像2 (C)「ラビット・ホラー」製作委員会2011 [拡大画像]

ラビット・ホラー3D」は、失声症のヒロイン・キリコの心優しい弟が、ある日ウサギをたたき殺して失そうする。キリコはひとりでその謎に立ち向かうが、思いもよらない場所から「恐怖の国」に迷い込んでしまう。ホラーではあるものの、登場人物の心の闇をおとぎ話のように幻想的に描いた物語に引かれ、出演を決めた。

「読んでいて不思議な気分にさせてくれる脚本で。悪夢だけど続きが見たくなる、白昼夢のような映画になればおもしろいなという思いと、撮影監督がクリストファー・ドイルだと聞いて、もしかしたらそういう映像が本当に映画で見られるかもしれないと思ったんです」

 「恋する惑星」「花様年華」など、ウォン・カーウァイ作品に代表される詩的な映像で知られるドイルのカメラワークが、ダークファンタジーを際立たせる。「クリスの映像は独特で、とてもみずみずしいんです。それが3Dになることによって、空気が映像の中に含まれたりする感じがして、素敵だなと思いました。ガラスの中に水をいっぱい入れたスクリーンで映画を観ているよう。あるものもないように映るし、ないものもあるように映って、ウサギのぬいぐるみが感情を持って動いて見えたり、人間が人形のように見えたり……」と独自の表現で絶賛する。

今回、幼少期に大きなトラウマを抱え、言葉が出なくなってしまった女性を演じる。これまで、力のあるセリフで物語を引っ張っていくような作品にも数多く出演しているが、本作は全編を通してほとんどセリフはなく、恐怖、驚きや悲しみという感情を言葉を使わずに表現する。

「セリフがないことに対してはそれほど何も感じなくて、たとえあっても自分の言葉ではないから、ない役でもある役でも一緒なんです。ただ、言葉が話せないことによって、なんだか妙に落ち着いていたんです。自分の精神が安定して、耳とか嗅覚や視覚だとか他の感覚が長けてくるっていうのが、面白かったですね。とても冷静に演じていたと思います」

>>次のページへ続く

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ラビット・ホラー 3D[Blu-ray/ブルーレイ] カルテット DVD-BOX[DVD] カルテット Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] ごめんね青春!Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ]
ラビット・ホラー 3D[Blu-ray/ブルーレイ] カルテット DVD-BOX[DVD] カルテット Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] ごめんね青春!Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2012年2月22日 最安価格: ¥5,011 発売日:2017年7月7日 最安価格: ¥14,364 発売日:2017年7月7日 最安価格: ¥18,144 発売日:2015年6月3日 最安価格: ¥17,230
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全16件)
  • 直接的な怖さはあまり無い。だが… Jホラー独特の不気味な怖さが終始漂っている。とはいえホラー度は深夜に1人で観られるレベルだと思うので、ホラー映画としての評価は私の中ではあまり高くはない。しかし映画として役者、芝居、色味(雰囲気... ...続きを読む

    猫好きの兎飼い 猫好きの兎飼いさん  2015年5月19日 03:34  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • タイトル・パッケージ表に何故かそそられる 内容は、不気味そのものでした。 人魚姫がモチーフになっているので、人魚姫のキャラクターに当てはめるといいかもしれません。 戦慄迷宮もこの映画に出てきますが、ちょっと見たくなりました。 同じ監督... ...続きを読む

    SENN SENNさん  2014年5月1日 03:09  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • おそろしの国のウサギ 「呪怨」の清水崇監督によるホラー。 清水ホラーと言えば、同じJホラーの立役者である中田秀夫監督の“見せない”演出とは真逆の“見せる”演出が特徴。今回も“恐怖の象徴”が惜しげもなくバンバン登場。清... ...続きを読む

    近大 近大さん  2013年2月8日 06:54  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi