「壊れる主人公」冷たい熱帯魚 321さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

冷たい熱帯魚

劇場公開日 2011年1月29日
全113件中、21件目を表示
  •  
映画レビューを書く

壊れる主人公

まず思ったのは、吹越満演じる主人公社本の妻と、でんでん演じるとんでもない熱帯魚店主村田の妻、この二人の演技の下手さ加減。学芸会レベルか。
映画の冒頭、乱雑に料理をする社本の妻。だけど義理の娘に遠慮をするところに何か性格の一貫性がなく、アンバランス感だけが残る。
最後に逆ギレして壊れていく主人公。まぁよく有りがちな展開か。
色々なところで絶賛されているが、個人的にはただグロさを強調してインパクトを出しているだけの作品のように思える。それであれば、山田孝之主演の『凶悪』の方がよっぽど良い作品だと思う。大声で騒ぐだけのでんでんも悪くはなかったが、ピエール瀧、リリーフランキーの怪演振りは及ばないか。

321
さん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報