「1971の自衛隊殺害事件をテーマに描かれた映画。 その時代臭は感じ...」マイ・バック・ページ tsucchi1989さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

マイ・バック・ページ

劇場公開日 2011年5月28日
全26件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

1971の自衛隊殺害事件をテーマに描かれた映画。 その時代臭は感じ...

1971の自衛隊殺害事件をテーマに描かれた映画。

その時代臭は感じ取れる。

松山ケンイチ演じる口だけの革命家は人間を魅きつける能力がある点だけ惹かれる。

でも、この登場人物は周りに対してすべて答えてないんだけど。

学生闘争とその余韻という時代の流れの中で、
何かを成し遂げたいという欲望と、何をすればいいのかという目標を明確に描けていない。

その点は通じるなぁと。

「なんかいやな気がする」と最後の泣きは重要なポイントらしいです。

tsucchi1989
さん / 2017年8月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi