「誰にも共感はできない。 うさんくらい学生運動家・それを信じて取材を...」マイ・バック・ページ キッスィさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

マイ・バック・ページ

劇場公開日 2011年5月28日
全26件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

誰にも共感はできない。 うさんくらい学生運動家・それを信じて取材を...

誰にも共感はできない。

うさんくらい学生運動家・それを信じて取材をしていくジャーナリスト・正義を振りかざす出版社の社会部。安保闘争の時代背景だからか!?

片桐のあの信頼できない語り口調・・・あれで生きていける時代、権力と戦うことでしか自分を見出せない世相、自由というなの生きづらさ満点ですな。

目的達成のための犠牲者をいとわず、なすりつけの裁判になるお粗末な結末は誰もが想像できたことではないだろうか。

潜入取材中に知り合った男と再会し、自分の今の状態や不甲斐なさからの涙はぐっと迫るものがあった。

キッスィ
さん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi