アヒルの子
ホーム > 作品情報 > 映画「アヒルの子」
メニュー

アヒルの子

劇場公開日

解説

「ゆきゆきて、神軍」で知られるドキュメンタリー作家・原一男総指揮のもと、小野さやか監督が日本映画学校の卒業制作として製作したドキュメンタリー。東京でひとり暮らしをしながら専門学校に通う小野は、5歳のときに農業を中心とした理想社会を形成するコミューン団体「ヤマギシ会」幼年部に1年間預けられた過去を持つ。親に捨てたれた記憶としてその過去に苦しみ、それ以降、家族の前で偽りの“いい子”を演じてきた。小野は自らを鬱屈(うっくつ)から開放するため、家族ひとりひとりと正面から対じすることを決意する。2018年1月、小野監督の新作「恋とボルバキア」公開を記念して7年ぶりにリバイバル上映。

スタッフ

監督
製作総指揮
原一男
撮影
山内大堂
録音
伊藤梢
編集
大澤一生
音楽
小倉里恵
制作
大澤一生
アドバイザー
小林佐智子
栗林豊彦
浜口文幸

キャスト

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 ノンデライコ
日本初公開 2010年5月22日
上映時間 92分

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • 私の不幸自慢 ネタバレ! 監督自らが被写体による《私の不幸自慢》 “怨みはらさで於くべきか” いや〜参ったね!今まで沢山の映画を観て来たけれど、これほどハチャメチャな内容のドキュメンタリー映画は、それこそ初めて観たかも。... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2015年3月25日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 「八日目の蝉」:スピンオフ・ドキュメンタリー 『八日目の蝉』 北乃きいさんが演じた薫が実在して、何かの拍子に 『戦場にワルツを』に触発をされ失われてしまった 自分の記憶を探し求め始めたのをドキュメンタリーに したらこんな感じになるんだろうな... ...続きを読む

    septaka septakaさん  2011年1月16日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アヒルの子」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi