狙った恋の落とし方。のレビュー・感想・評価

狙った恋の落とし方。

劇場公開日 2010年4月10日
4件を表示 映画レビューを書く

思ったより全然面白い

この映画に真正面に人生指南や婚カツ求めると 肩透かしだが 映画的には実力十分。

ラブコメはあまり見たこと無いけど イケてる映像に加えて大人の笑い十分だ。これがヒットするなら中国の映画ファンのレベルは低くない。

ogasu
ogasuさん / 2017年10月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男の意地と尊厳を賭けたドラマ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

男の意地と尊厳を賭けたドラマ。

新人狙撃手と上司。
かってのライバル同士と、裏切られた思いを銃弾に込める男。
伝説の狙撃手に挑む新人。

3人が三者三様の思惑で重なり合って行い、少しずつすれ違って行く。

銃撃戦等のアクション場面は良かったのですが、マスコミが全然報道していないのは、まぁ娯楽映画としての省略化として納得しない事もありません。
でもいきなり説明も無く犯人側のアジトが割れていたりするのは…ねぇ。
最後まで観ると途中までは、恋人のエピソードも必要なのは解るのだが、途中は「要るのか…これ?」と思ってしまう。
何だかゴチャゴチャしていて、映される映像を理解するのにちょっとだけ戸惑ってしまった。

(2010年4月21日シネマ・アンジェリカ)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

他者と手に手を取って歩むということ。

航空機内で鑑賞。

コメディータッチでありながら、永遠に解のない、絡まった糸を解こうともがく、男と女のロードムービー。

ロケ地の道東や抗州、美しいです。
既に人生を折り返した、哀愁漂わせつつも、可笑しみや、温かさを纏った主人公。
ヒロインの湛える美しさ、憂い、優しさ、傲慢さ、そして、危うさ。

中華人民共和国に生きる、一人一人の人生に思いを馳せる。
個々の人間を愛しく思うところから始めたら、人間関係も、ひいては国家間の関係も、漸次いい方向に進むんじゃないかな。
そんなことを思わせてくれた作品。

Part.2もあるそうなので、DVDを中華圏で入手したいです。

Nori
Noriさん / 2014年8月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人を傷つける愛、人の傷を癒す愛

うん♪
サクッと言っちゃえば
中国版の婚活に深みを与えた感じだよね♪

〈 一目惚れは眼でするのでなく、匂いでするもの 〉

劇場配布チラシによると、
中国本土では『レッドクリフ』を
上回る日本円で約50億円の興行収入を記録。
ロケ地となった北海道へは、中国人が観光で
大挙して訪れるブームになったそうです(驚)

そんな触れ込みつきですから、
どんな作品なんだろうと、かなり
期待をしていたのですが、結論から言っちゃうと

なんで、中国で今作が、
そこまでヒットしたのかわかんない(苦笑)

たしかに、冒頭に婚活って書きましたけど、
そこに、クスッと笑ってしまうようなユーモアや、
胸が締めつけられる様な切なさ、愛しさもバランスよく
込められていましたが、なにが中国人の心を掴んだのかまでは理解できませんでした。

かと言って
悪い作品かといえば全然悪くない。
むしろ良い作品だと思います。

人間の弱さ、
人間の醜さ、
愛のチカラ、
美しい景色、

そのいずれもが、
私を惹きつけて止みませんでしたから。

結局、とどのつまりは
好みの問題なんでしょう。

コメディーと言えるほど笑えなかったし、
シリアスものと言えるほど考え込んだり、泣けたりはしなかった。

わたしの中では
『おくりびと』を観たあとの、
作品に適応し切れなかった感覚と似ています。

泣く気満々で来たのに、
ユーモラスなシーンが多すぎて、
頭の中の感覚に狂いが生じて乗り切れなかった感じ。

いい作品なんだろうけど、
いいと手放しで賞賛しきれない。
なんだかとってももどかしい作品となってしまいました。

☆彡     ☆彡

キャストですが、
ビビアン・スーさん、
あまり出番は多くありません。

『ニューヨーク、アイラブユー』
スー・チーさんが今作にも出演していました。

星の数、とても悩むのですが、
自分の、基準に照らし合わし、
今作は、1,800円でなく、
特別料金1,500円で鑑賞できます。

それだけの中身はあったと言い切れますので、
3,5点をつけさせていただきます(笑顔)

septaka
septakaさん / 2010年12月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報