「クリスティーナ・アギレラの圧倒的存在感」バーレスク ま ど かさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「バーレスク」 > レビュー > ま ど かさんのレビュー
メニュー

バーレスク

劇場公開日 2010年12月18日
全141件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

クリスティーナ・アギレラの圧倒的存在感

自分が小学生くらいの時に初めて見て、あまりの衝撃に何度もサントラを聴きまくってたのをよく思い出します(笑)

ストーリーは、アイオワから出てきたクリスティーナ・アギレラ演じるアリがバーレスクというナイトショークラブで圧倒的な歌とダンスで夢を掴んでいくストーリー。
またシェル演じるバーレスクのオーナーのテスとの友情や、ラブストーリーも見どころかと。

ストーリーは単純ですが、この映画の見どころはなんと言ってもクリスティーナ・アギレラのセクシーでキレッキレのダンス、パワフルすぎる歌声ですね。

目の前でショーが繰り広げられてるようだし、ほんと、彼女の歌声には口がポカーンって感じです。

テンポもいいのでサクッと見られるし、歌にダンスにノリノリになること間違いなしだと思います。

ぜひ見て頂きたいです!!

ま ど か
さん / 2018年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報