劇場公開日 2011年11月11日

  • 予告編を見る

マネーボールのレビュー・感想・評価

3.5138
13%
62%
21%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全138件中、1~20件目を表示

4.0改めて大切なことが何かを振り返る

2021年7月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

実話に基づく話なので、まさしくアメリカンドリームだな。と感じました。
僕も法人を立ち上げたのですが、どんな業界でも通じる話かと思いました。
目標にはいろんな人の力を借りて、みんなで実現していく。仲間を大切にしたいと改めて思う、心打たれる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
玄行じゅんじ

4.0野球というスポーツをプレーではなくブレーン(脳)の視点から見ること...

2021年7月18日
iPhoneアプリから投稿

野球というスポーツをプレーではなくブレーン(脳)の視点から見ることができる。

この視点なら野球に関わらず他の事にも照らし合わせてみれる。

とにかく、ブラット・ピットの悩む顔が渋すぎ。

苦悩が似合う男になりたくなる 笑

大人になってからブラット・ピットの格好良さがわかってきた!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Daichi Kitakata

2.0つまらない

2021年7月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

4.0ゼネラルマネージャーとは?

2021年6月7日
Androidアプリから投稿

メジャーリーグのGMとはどういう立場なのかよくわかりました。プロの世界はきびしいですよね。とっても面白かったですね。もう一度みたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
酒飲む野郎

3.5観戦すると負けるジンクス

kossyさん
2021年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 イエール大卒の新米職員ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)をいきなりGMの補佐にするというのが最高の買い物だった気がする。ジオンビの抜けた穴をどう埋めるか?彼が着目したのは打率やホームラン数じゃなく、出塁率だった。ヒットだけじゃない。四球が多いけど、点を取るためには出塁率だ・・・凄い!

 連勝記録の決め手となった試合はさすがに熱くなったけど、そこまで連勝するのも選手とコミュニケーションを取ってちょっとしたアドバイスを与えたおかげだったのだろうか。初球を逃せば打率が下がるといったことと、先発投手を疲れさせるためにボールを投げさせろとかは矛盾してるけど、まぁ面白い。

 トレードやクビ切りなどというシビアな内容ではあったけど、敵チームが不要だと烙印を押した選手を買い取るところは面白い。シーズン途中でもどんどんトレードする様子はまさしくマネーゲームのようだった。ちょっと・・・人間味が感じられなかったり、株トレーダーみたいなゼネラルマネージャーなんて本当にいいのか?などとも思うが、米野球界の保守的経営を打ち破った男の物語と直球で捕えるのが正解なのだろう。

 フィリップ・シーモア・ホフマンが演ずる監督なんて、ビリーの選んだ選手をとことんまで使わない頭の固い人物。彼らの駆け引きも面白いけど、選手の人間像なんて無視。金のない球団とか言いつつもみんな高給取りだからなぁ・・・なんか別次元。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

3.0野球ずきに伝わるかな?!

2021年5月29日
Androidアプリから投稿

マネーボールって統計?ノムさんと何が違うのかな。マネーボールの詳細、野球選手個々の活躍、ビリーとピーターとのやりとりも薄い。何をして、20連勝したのか、てんで、わからない。トレードの駆け引きとかそこが主の話にしか感じなかった。

投手陣は、野手はどうだったんだ?てんで、わからない。野球映画なのに一人としてまともに選手を映していない珍しい映画だ。ハッテバーグくらい?

ただプラットピットがかっこいい。それだけ。

盗塁はするな、ヒットと四球は同じ。
ヒットは四球と同じは同感。盗塁については、盗塁はしなくても、するかもしれないと思わせないとだめだ。周東、荻野、西川がランナーに出たらそれだけで投手はリズムを崩して投げにくいから。

私は野球好きだが、僕は伝わらなかった。

野球好きには野球出てれば、みちゃうけど、面白くはない。

但し、実在の選手を扱っているから、リアル。ハッテバーグは知らなかった。なるほど打率280、15本の選手ね。

デーモン、ジャスティス、ジアンビ、チャペスなど有名な名前がでてくるだけでたのしいけどね。

娘の歌がいちばん良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
れいすけ

3.5適材適所だね〜

2021年1月29日
iPhoneアプリから投稿

適材適所だね〜

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ホン マサ

3.5既成概念をぶち破れ! 低予算チームのGM(ブラピ)が経済学を修めた...

2021年1月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

既成概念をぶち破れ!
低予算チームのGM(ブラピ)が経済学を修めたスタッフを得て、チームに革命を起こす。

スポーツの常識って変わりませんよね。上下関係の厳しい世界で疑問を呈すこともできないからなのか。野球でも、守備位置は本当にそこが1番なのか、など学問的観点からもう一度検討すべきなのかも。
そしてそれはスポーツだけにとどまらないと思う。もう一度当たり前と思うことを再検討していきたいと感じた。

映画はそんな肩肘張らずに気楽に楽しめます。
SUNテレビ吹替版鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

5.0【”人は野球に夢を見る” 野球を愛する二人の男が、大リーグ野球界の保守的思想を悩みながらも改革していく姿に魅入られる。ブラッド・ピッドの俳優、映画製作者としての力量に驚いた作品でもある。】

NOBUさん
2021年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、VOD

知的

難しい

幸せ

■今作の面白さ(とシビアさ)

・ゴールデンルーキーとしてメッツにドラフト一位で入団した、ビリー・ビーン(ブラッド・ピッド)が、結局大リーグでは芽が出ず、スカウトになった経験を糧に、アスレチックスGMとして、イエール大学経済学部卒!のピーター(ジョナ・ヒル:今作は、彼の出世作でもあるよね。)が分析する選手データを基に、
 外見上”情を捨て”
 当時のアスレチックスの球団運営資金難の中、他球団で燻っている選手たちを引き抜き、代わりに自軍選手をトレード、もしくは馘首する過程をキチンと描いている点である。

・それにより、”経験と直感”を重んじるスカウト達の反発を買い、アート・ハウ監督(フィリップ・シーモア・ホフマン)を戸惑わせ、選手起用について溝を作る過程もしっかり描いている点も、である。

・ビリー・ビーンGMが、非情とも見える人事采配を振るう一方、悩む姿。
保守的思想とGMの人事采配の狭間で戸惑いつつも、データに基づき、的確な答えを提示するピーターの姿。

・”孤独で非情なGM”を励ますかのような、愛娘が奏でるアコースティックギターでのフォークソングが、劇中2度流れるが、いづれも心に沁みる。
 そして、妻からの”貴方を誇りに思うわ”という電話・・。

<組織で働く者にとっては、シビアな物語に見える。
 この映画を評価しない人がいる事も、良く分かる。
 けれど、ビリー・ビーンGMがレッド・ソックスのオーナーから、史上最高額である1250万$の報酬を提示されながらも、アスレチックスGM残留を決めるシーンを見ると、
 ”彼が多額の給料を払えない球団を愛し、自らの手腕で更に強くする・・と言う決意を秘めている”という事が分かる。
 非情に見えるビリー・ビーンGMも、”野球に夢を見る”一人である事が分かるし、
 独り、車を走らせる彼が、愛娘が奏でる”パパのために作った歌:アコースティックギターでのフォークソング”愛に枯れたおバカさん・・”を車中に流すシーンが心に沁みるのだと、私は思う。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
NOBU

3.0ブラピ・・

亮一君さん
2020年12月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

弱小球団のアスレチックスを独特の理論でリーグ20連勝するまでに育て上げたGMの役にブラピ。ブラピのファンは必見の映画。2011年の映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
亮一君

1.5ふぅん...そう...って感じ。

2020年12月2日
PCから投稿

イマイチ野球に詳しく無いからかどこを面白く感じればいいのか分からなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ

3.5先駆者は血を流すもの

さん
2020年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ブラッドピット扮する選手出身アスレチックスGMのビリービーンは、ワールドシリーズに負けた後オーナーと話したが、主力が抜けた後の補填が出来るとは思えなかった。ビリーは、他球団と交渉している時、独特のデータ理論を持つジョナヒル扮するピーターブランドと出会いスカウトした。ビリーは、ピーターの理論に基づきスカウト連に話をしたが、ビリーの発表したリストについてブーイングだった。果たしてピーターの理論にかけたビリーは本望を果たせるのか? 既存の理論と違う事を始めるのは勇気のいる事だ。なおかつ新しい考え方と実績とのバランスで人は評価されるが、新しい考え方に協力を得られないとこれもだめだ。先駆者は血を流すものであり新しい考え方を実行するには権限と人間力が必要だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

4.02度目の鑑賞

2020年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いやぁ、最高だわ
9割型ブラピの1人演技
2度は痺れる。結果、4度は痺れた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぽじのふ

2.5何故勝てるようになったのかがもっと観たかった

2020年9月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

マネーボールとは何なのか。映画を観ているだけではわからない

記録的な連勝が出来るポテンシャルを持つチームが、何故連敗していたのか。なぜ強くなったのか
守備を無視し出塁率を意識するだけで、何故こんなに強くなったのかがわからない

一度敗れたものたちが再び輝き出す物語だが、選手への視点が足りない

ノンフィクションなのに、リアリティが無い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Daiki Sugiyama

4.0ビジネスの参考になる映画

光陽さん
2020年8月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

見応えある映画でした。
ビーンGMをビジネスという観点からとても尊敬します。
過去の考えや固定概念に囚われずに改革や革命をおこすことは、ものすごく信念と勇気がいることだと思いますがそれを見事やってのけたのはスゴいですね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
光陽

5.0弱小貧乏チームが頭脳を使って強くてお金持ってるチームを負かしていく...

2020年8月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

弱小貧乏チームが頭脳を使って強くてお金持ってるチームを負かしていくというサクセスストーリーなんだけど、このチームを率いるGMが心に抱える後悔、お金のために人生の選択を誤った過去からの教訓を背負っているということが、ただスカッとして終わりがちなこの手の話に深みを持たせている。自分はそこが好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
お手紙食べるほうのヤギ

4.0夢があるね

R♪さん
2020年8月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

弱いチームが強くなっていくのは夢があるよね~✨
特に金銭的に余裕のないチームで💦

裕福ではない市民チーム、カープが好きな自分は、ほのぼの応援しながら視聴(*^^*)

いつの間にかブラッド・ピットが嬉しそうにしてるだけでこっちも嬉しくなる✨

実話との事。
野球に詳しくなくても十分楽しめました(*^^*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
R♪

4.0野球の話ですが野球がメインじゃないのが良かった!!

2020年8月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

幸せ

これね、
凄く良かったです🤔!!

野球が好きでは無い人にも
楽しめるし、
見て欲しい作品だなって感じましたね🧐!!

⚪良かった点⚪
①意外な面白さがある!!
選手がメインじゃなく、
チームを構成するマネージャーが
メインとなるSTORYに面白さを感じましたね〜(☞ ͡° ͜ʖ ͡°)☞!!

めちゃくちゃ貧乏球団で、
優秀な選手は金持ち球団にどんどん
買収されちゃう中、
従来の"人を見る"戦略じゃなく、
統計データを用いた"数字を見る"戦略を重視したコスパ主義の運営をしていくのがブラピです⟵( ๑¯◡¯ ๑)!!

選手やチーム構成、
契約から解雇までの流れを
リアルに見れるのは熱かったです!!

②統計データ理論が素晴らしい訳では無い!!
統計データによりチームが強くなり、
快進撃を見せる話では無かったです!!

今まで誰もやらなかった戦略を
取り入れた事で凄い批判に合いながらも
勝利を信じてもがく主人公に
胸が熱くなりました🔥!!

ブラピが十分に目立っていて
カッコ良かったです💪✨

統計データ理論も面白かったけど、
勝つために手段を選ばず、
新しいチャレンジをして
もがき続ける男の話が最高に
良かったです👏✨

③ラストに描く作品のメッセージ!!
好きで始めた事でも、
勝利にこだわり、
負けないために手段を選ばず、
頑張っていると
ふとね‥‥.
なんの為に頑張っているんだろ‥‥.

って思うことは、
誰にでも経験があるじゃないかって思います🤔‼️

趣味でも仕事の場面にも!!

ラストには、
主人公の娘さんから歌のメッセージが
流れる場面があるんですが、
凄くね、
感動して胸に響きました🙆!!

結果を求めて結果にこだわるのも
大事な事だけど、
その過程を楽しむ事も同じくらいに
大事だよって言われたようで
無駄な力が抜けたような気分に
なりましたー(⊙_◎)!!

⚪まとめ⚪
選手よりもチーム構成のマネジメントを担う方にフォーカスを当てた斬新なSTORYで面白かったです👏✨

失敗から学び新しい道を切り開こうとする姿勢には熱くなるし、
刺激になりました‼️

また、何事も結果だけを見ず、
中身を楽しむ事も忘れずに
取り組んでいたらってより結果に
結びつくのかもしれないなって
感じました😎‼️

仕事頑張りたくなる作品です😙!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
yoshiki5291

3.5ビジネスにも共通点のある映画

2020年8月5日
iPhoneアプリから投稿

データ野球の走り。しかし最初は頭の堅い経験則で話をするジジイばかりだった。なぜ結果が出ていないのか何に問題があってどう解決するのか、これらが無視され「俺の目に狂いはない」論で話が進むからおかしくなる。これは実社会でも同じ論点を明確にしないビジネスマンは五流以下だ。
この映画の好きなシーンはピーターがレッドソックスからヘッドハントされた時に「お金で判断するのはやめた」といったシーン。過去の自分を悔い、お金でアスレチックスを判断しないこと。熱男

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
I am not enough

4.0ビジネスマネージャーにとってのケースブック

h.h.atsuさん
2020年7月30日
iPhoneアプリから投稿

映画の内容自体よくできているので、それだけでも十分に楽しめる。メジャーリーグ好きだったり、ブラピ好きならなおさらだ。

しかし、この作品はビジネスパーソンにとってビジネスケースとして観られてこその価値がある。ヘタなMBA本より、よっぽど学ぶべき点がある。

1)ファイナンス
選手のvaluationは、今までの実績(今でもベテラン選手ほど高額年俸の傾向は変わらず)ではなく、これからどれだけアウトプットを出せるかで算出されるべき。スカウトやトレードも、企業のM&Aと同じで、「安く買って、高値で売る」原則を外してはいけない。もちろん、選手を買うときは、valuationだけではなく、組織の戦術に合致しているか、シナジーを生み出せそうか、を検証する必要がある。

2)管理会計
選手を評価する指標は、選手だけではコントロールできない「結果指標(KGI)」で縛るのではなく、選手個人でコントロール(目標管理)できる「プロセス指標(KPI)」で評価すべきである。
そのKPI設定は、組織のミッションやKGIを達成するための、公平で具体的かつプロセスが可視化できる指標設定を行う。

3)有事の組織マネジメント
組織のミッションを達成するためには「誰をバスに乗せるか」を問い続けなくてはいけない。必要に応じて非情な意思決定をおこなわなくてはいけない。
リーダー自身と組織の人間が、各人の進退と組織の存続をかけてどこまで本気になれるか、を共有するためのコミュニケーションも大事。

業績が順調でリソース(財務面、人材面)が潤沢な組織においては、そこまで厳格な運用は必要ないかもしれない。
しかし弱小組織は、リスク(不確実性)をとらなければ、常勝軍団には永遠に勝てない。
徹底して課題を掘り起こし(What’s the problem ?)、業界の常識を疑い、競合とは違う戦略を実行できるか、本作には制約下でたたかうヒントがつまっている。

データ信奉者のBillyが、非科学的なジンクスを信じていて、自身のvaluationには興味を持っていないのが御愛敬。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
h.h.atsu
「マネーボール」の作品トップへ