FLOWERS フラワーズのレビュー・感想・評価

FLOWERS フラワーズ

劇場公開日 2010年6月12日
19件を表示 映画レビューを書く

すごくよかった

なんかいいかなぁ~と思って借りました。こんなにいい映画だとは思いませんでした。

彼女たちがつながっていると気付いた時には、こんな映画の撮り方もあるんだなあと感心しました。

何より俳優陣がいい。

蒼井優さん、鈴木京香さん、竹内結子さん、田中麗奈さん、仲間由紀恵さん、広末涼子さん。みんなすばらしい。

大沢たかおも、いのっちも。

見てよかった。こんな映画が好きです。

51
51さん / 2017年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6人の女優達による命のリレー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これは予告編で既に、6人の女優さん達それぞれの年代が明らかにされている。その際蒼井優の出演場面だけがモノクロになっており、彼女からの命のリレーの作品で在るらしいのが解る。

そうなると興味は、誰が誰の子か?となるのだが、それは映画を観て行く内に徐々に明らかになって行くのだが…。
観終わってしまうと「あれれ?」ってところは在る。特に田中麗奈と竹内結子のその後が不明だったり…と。まあ!それはそれ…って感じか。でも田中麗奈の眉毛と、竹内結子の不気味な笑顔はちょっと…って、感じだが(笑)

基本的にこの作品で描かれるのは《昭和の女性》。時代は平成に跨ってはいても、昭和を生きた女性の《日本の母親》としての理想像を考えたと思って良いかと思う。
その昔は10代で親に決められた相手と、婚礼の式当日に顔を合わせて結婚させられる女性が多かった。それが当たり前の時代で、親の決定に逆らう事等有り得ない事だった。
それだけに、彼女の産んだ子供が、昭和の戦後から高度成長期に至る時期、男女の差別に懐疑的な性格の設定を施しているのには納得する。
この女性を演じているのが田中麗奈。おばあちゃんのお葬式の時に、「美人の家系だからなぁ〜」と語る螢雪次郎(←だったと思ったのだが…)が、後に結婚する河○にあたるのだろうか?となると、その傍に居たおばあさんが彼女になるのだろう?この辺りは、まだ映画が始まった始めの内だけに、たった1度観ただけでは理解出来なかった。
おそらく竹○結○にあたる女性も、その場には居たのかも知れない。

蒼井優が親に逆らい走り出す。時代は変わり平成。走っているのは鈴木京香。この時のジャズの音楽には少し腰が砕けた。意図が判らんわ(笑)
高度成長期の時代には明るい曲で、平成大不況の現在だから?それとも彼女の抱えている悩み事を反映して…なのだろうか?
そうこの作品の女性達は、それぞれでそれぞれの恋愛事情に悩んでいる。1番幸せな家庭を築いているのは広末涼子だが、彼女は彼女で母親の愛を知らずに生きて来た女性である。
彼女なりの悩み事をひた隠しにしながら、明るく振る舞って来た女性だ。
今は、お姉さんの子供が逆に父親の愛を知らずに産まれてこようとしている。彼女はその事を気に病んでいる。
鈴木京香は、今人生の帰路に立ち、どうすれば良いのか1人で悩みを抱えていた。

仲間由紀恵は、何不自由無く幸せな結婚生活を送っていた。そんな彼女に魔の手が押し寄せて来る。彼女はその不安を振り切って手紙をしたためる。

この作品で1番存在感が不明な女性が竹内結子だろう。彼女の悩み事は寧ろ1番分かり易い。
分かり易いだけに、その後がはっきりとは描かれてはいないので、やや不満が残る。彼女は彼女で、その後の人生で辛い思いは払拭したのだろうか?…と。

ところでこの作品はロボットが関わっている。それだけに昭和の時代背景に拘っている様ですが、所々に「あれ?どうだったかなぁ〜」と言った箇所が幾つか有った。
確信が持てないので、目くじら立てる程でも無いのかも知れないが…。

何だかんだ言いつつも、CMから発生した企画ながら、巧い事纏めたんじゃないでしょうか。最年少の蒼井優を上に据え、最年長の鈴木京香を下の世代に据える命のリレーのアイデアも悪く無かったと思いますよ。また新たなリレーも繋がった事ですしね。
個人的に1番良かったのが、頑固親父役の塩見三省。終盤での“あのセリフ”は泣けましたね〜。真野響子のお母さん役も凄く良かった。でも…。

ドリカムの歌は要らない。

(2010年6月15日TOHOシネマズ西新井/スクリーン10)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ごはん美味しかったし、お風呂はあったたかったし ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「FLOWERS フラワーズ」(小泉徳宏監督)から。
日本を代表する女優たちが、それぞれの時代に沿って
それぞれ悩みながら、一所懸命生きている姿を演じている。
その中で、どの時代の誰の生き方が良かった、といえば、
私は、素直に「広末涼子さん」演じる佳に一票を投じたい。
自分がこの世に生を受けるために、母親が命を落とした。
それは、彼女の中で、いつまでも引きずっていくことなのだが、
いつの時からか、それを喜びに変える術を覚えた。
平凡ながらも幸せな生活をおくる妹の佳を、
ピアニストになる夢が破れ、彼氏にも振られ、妊娠が発覚し、
心が折れそうな「鈴木京香さん」演じる姉の奏が呟く。
「桂ちゃんは何をしても楽しそうだなぁ」と。
それを受けて、妹がニコニコ顔で、素直に返す。
「楽しいよ~。ごはん美味しかったし、お風呂はあったたかったし」
妹は、こんなことにも、幸せを感じることができるのか、と
たぶん、驚いたに違いない。
布団に入り、むせび泣く姉を、大丈夫だよ、という気持ちを込めて
妹が、子守歌のようにさするシーン、思わず涙腺が緩んだ。
平凡とも思えることに「幸せ」を感じることは、
自分の生んだ子どもが小さい時に、母親なら誰でも体験しているはず。
「絵なんかすご~く上手なんだよ、天才だと思う。
何でもないことでもね。この子がすると特別に見えるの、不思議だよね」
この時の気持ちを、いつまでも持ち続けられる女性が、増えて欲しい。
きっと、周りも幸せにする力がある、と思えたから。

shimo
shimoさん / 2011年7月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

よかったよぉ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

夫婦の在り方、家族の在り方を考えさせてくれました。少し前の日本の女の強さを、お母さんやお父さんの思い、夫婦の思いやり、こどもへの慈愛を教えてくれました。お互いを力強く支え合えって生きるっていいですよねぇ。なんかじーんときてしまいました。

みと
みとさん / 2011年4月8日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女優という「商品」

「タイヨウのうた」でその名を知らしめた小泉徳宏監督が、現代を代表する女優6人を起用して描く、群像劇。

それぞれの女優に設定された物語は奇を衒うことなく、極めてシンプルな展開を持ち込んでいる。しかし、この作品の場合に重要視されるのは脚本の転がし方ではない。現代の日本映画界にあって、女優という「商品」の価値を見つめ直すこと。それが、本作に託された役割ではないのか。

傍らにビールやら、生命保険やら、金鳥の夏やらが置かれていそうな映像の洗練さに、まずは驚かされる。それもそのはず、資生堂がスポンサーに名を連ねる本作、製作陣に大手広告会社アサツー・ディー・ケイが加わっている。作家の夢、理想を描き出す映画という世界にあって、「商品」を極限まで美しく輝かせることに目的が置かれるコマーシャルの分野が手を貸すこと自体、違和感を感じる。

だが、裏を返せば、広告会社が製作に入り込まなければいけなかったのだ。

ブルーシートの前で、無機質なワイヤーに吊られて、3Dで飛び出て作り出される現代映画界。その中にあって、女優という「美」の象徴は本質を見失いつつある。素朴な風景の中で、ありふれた日常の中で、煌びやかな舞台で女優の内側から輝きだすものを「美」と呼んでいたはずの観客の意識が、変わり始めている。それでは、これまで観客が映画に見てきた「美しさ」とは、何だったのか。

それを探し出すために、時代時代に取り入れられてきた技術を、コマーシャリズムという時代の流行を徹底して取り入れ、素直に女優という商品を売り込もうと挑んでいる。物語を超えて、過剰な演出を超えて、もう一度日本の「女性」が持っている本質的な輝き、魅力を捉えることに心を砕いている。安っぽいかもしれない。刺激的ではないかもしれない。でも、そうやって日本映画は人間を見つめてきたはずだ。それが、正しい時代があったはずだ。

本当に、今の女優は真に美しいといえるのか。正しいといえるのか。その素朴な好奇心が生み出した本作。しかし、現代の映画界がいずれ通らなくてはいけない道ではなかったかとも、思う。

余計なものを削り、削り、必要な魅力だけを丁寧に掬い上げる。フルCGに慣れきった観客を試すような企画の大胆さ。そして、したたかさ。もう一度、クラシックな映画に燦然と輝く女優の魅力を再確認したくなる意欲作である。

いつの時代も、彼女達は映画の中で笑っていたはずだから。きっと、美しかったはずだから。

ダックス奮闘{ふんとう}
ダックス奮闘{ふんとう}さん / 2011年3月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女優陣を見るための映画かなあ

蒼井優の娘が竹内結子と田中麗奈と仲間由紀恵。仲間由紀恵の娘が鈴木京香と広末涼子という超豪華キャスト。
 ひとことで言ってしまうと、この女優陣を見るための映画かなあ。2時間の資生堂のCMと言えなくもないですが、その割には頑張っていたと思います。…が、やっぱり総合的には星2つってところでしょうか。

 ストーリーは、それぞれの女性の、恋愛、結婚、出産、仕事等にまつわる不安や悩みや決意を描いたもの。
 正直、それぞれのエピソードに対して、深い心理が描かれているという感じでもなく、割とサラリと通過していく印象でした。まあ、あまりじっとりしすぎず、カラッとしているので、そこが見やすいといえば見やすいと思いました。

 映像は意外と凝っていて、一番古い蒼井時代はモノクロ、昭和40年前後の竹内・田中・仲間時代は、それらしく色あせた画像処理をしているようでした。
 そして音も、蒼井時代だけモノラルだった気がします(ちょっと自信なし)。音については、BGMがなくセリフも少ないシーンが結構多いせいか、水の流れや波の音、足音、着物の擦れる音などがはっきり聞こえて印象的でした。
 また、単純に時系列にエピソードを並べずに、頻繁に時代を行き来しつつ展開していく構成。悪く言えば、その位しないと話がシンプルすぎてもたないのかもしれません。

 そして、椿の花が何度も写っていたのは、やっぱりアレのCMってことですかねえ(^^;)

ringo
ringoさん / 2010年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お白粉の香り

美しい日本を愛でた2時間でした。
時代順の方が解りやすくて素直に楽しめた気もします。

田中麗奈が良かったかな、お着替えもかわいかったです。
三姉妹のメイク、まさに母の若い頃の感じ、お白粉の香りがしてくるようでした。懐かしくて泣きそうでした。

グッドラック
グッドラックさん / 2010年7月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もったいない

主演張りの女優が5人も出演していてもったいない。観る前から期待はしていなかったのでやっぱりといった感じ。。何かコメントを書こうと思っても「もったいない」しか浮かばない・・。

みっちょん
みっちょんさん / 2010年7月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい__AU_F37E____AU_F37E__

とにかく美しいです!6人の女優さんたちそれぞれがとにかく素敵で、映像の感じも映し出す時代によって色が全然違って、日本の歴史が描かれているようでした。個人的に蒼井優さんが大大大…大好きなので白黒のなかの蒼井優さんを見れたのはホントに嬉しかった__AU_F7B2__ 女性であることを改めて幸せだなって思わせてくれる美しくて強い映画です。

いかれ帽子屋
いかれ帽子屋さん / 2010年7月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

野に咲く花のように。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

資生堂とのタイアップ映画じゃないかと思ってしまうと
それなりに、ということになるんだろうが、ドラマとして
そんなに酷い作りではないし、むしろ昨今では除外視?
されてしまった結婚観をもう一度考えさせられる作品だ。
見たこともない相手と結婚しなければならなかった時代、
女性の自立などあり得ない時代、どんな思いで彼女らは
嫁いでいったのだろうか。ルーツを探る意味でも面白い。
女性の生き様というのは常にその時代の鑑としてお手本
として語られてきた。だから昨今の自由奔放な恋愛観を
羨ましいと見る趣もあるんだろうが、もしもあの時代が
なかったとしたら、私たちは生まれていたんだろうか…^^;

親の決めた相手に嫁いだ祖母には三人の娘が生まれた。
それぞれの娘はそれぞれの恋をして結婚した。
長女は相思相愛の恋愛結婚、次女はキャリアウーマンと
して結婚と仕事の間で揺れ動き、三女は郊外の団地で
幸せな母親となっていた。そしてもう1人を身籠っている。
現代に移り、その三女の娘たちが祖母の葬式で再会する。
姉の方はどうやら妊娠しているらしいが結婚はしていない。
妹は幸せな結婚生活を送っているようだ。

話の断片からそれぞれの時代へと映像が切り替わり、
姉妹それぞれの恋愛・結婚生活を映し出していく。
まるで時代を切り取ったかのような懐かしさが面白い。
どちらかというと昭和の風情がたっぷり味わえるので、
その時代に生きた(私も^^;)女性にはこの上なく懐かしい。

確かに時代は移り変わり、女性の恋愛観も変わった。
家族としての生活環境も昭和と平成では大きく違う。
それでも、根底に流れる絆のように、夫や妻や家族を
大切に思う気持ちと健康に対する願いは変わらない。
どうか元気で、長生きして、たくさんの幸せに出逢って
もらいたい。そんな思いで母親は子供をこの世に産出す。
生まれた子供は、親の願いを背負って背負って(爆)
一生懸命に勉強やスポーツや仕事や恋愛に頑張るのだ。
そんな風に繋がってきた歴史を大切にせねばと思う。

生きてるだけで楽しいんだよ。という台詞があるが、
そんな風に思いながら生きられることがなによりなのだ。
確かに人生は花、かもしれない。

(できれば長女と次女のその後も見たかった。せっかくなので)

ハチコ
ハチコさん / 2010年6月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この困難な時代には自立して行く,強い,優しい女子力で行きましょう

世界で初めて小惑星探査機8年振り帰還,
日本サッカーW杯で初めて勝利,
こんな時、映画は,いじめ,復讐,バイオレンスじゃないでしょう
【Flowers】で自立して行く,強い,優しい女子力で行きましょう。

 6人の女性の生い立ちを交叉に描き、時代時代のタイムスリップを通じて、6人の個々の人生から、
女性全体の生きざまを描くことに成功した。
昔の見合い結婚、自由恋愛の波と、男女雇用均等法などへ到る、現代社会をうまく表現できていて、
庶民の歴史t大河ドラマを見ている様で、共鳴し、共感するところが多かったですね。

病院で父親と広末との間の会話のシーンがとでも感動でした。
広末涼子が、母の決心を辿ったトラウマから立ち直り、明るく、前向きに生きる事を
決心した心理を抑制された演技で圧巻でした。

翠(田中麗奈)と河本(次長課長)が当時流行っていたトリス・バーの話:
 新入社員はトリス,
 若手はレッドかホワイト、
 次長課長は角瓶かオールド,
 部長はリザーブ、
 役員はローヤル、
思いだしましたネ。庶民の時代を。

 Huntingに外の世界に出掛けて行く男性世界の速さ、冷酷さに閉塞感が出て来た今、
家族を繋いで行く女性世界が、ゆったりした時の流れの中に、
普通の女性の普通の営みの方が、一人一人に時に激しいインパクトがあり、時に奥深い優しさで、
動いたり、立ち止まったりして,自らの小さな人生を自ら切り拓いて行き、次につないで行く
 久し振りの、 "い~い"映画でした。

 6人の女性の生き方が、それぞれの時代、時代と自然主義的風景を綺麗に調和させて、
謂わばそれぞれの時代を確認しながら、6人の人生を”クリップで撮って”行き、時代性を軸にして
女性の全体像を描いて行く、と言う、非常に印象的な映画でした。

 自分の辿ってきた経験、これから辿るであろう子供たちの経験に共感、共鳴 する様に、
節目、節目にさざなむ、そよ風の音が聞こえて来る様に、ゆったり描いている点本格派だと思います。
刺激、インパクト、どぎつさ だけでヒットしても人の心は掴めないから、、。

音楽的にはオリビア・ニュートンージョンの「そよ風の誘惑: Have you never been Mellow」は70年代の曲ですが、
2度の石油ショック、ローマクラブの資源・成長の限界で、世界が揺れ動いた時代背景に生まれた、
現代にも通じる応援歌として効果的にBGMしていた。

 文芸的分析として「罪と罰」”誰よりも自分をうまく欺せる者が、誰よりも楽しく暮らせるってわけですよ”とスウ゛ィドリガイノフが言う。
悪事をして、仕方ない、と自分を欺せる者。真面目に生きたい、でも俺は悪事が好きだ、と思えば楽しい。
反社会的な題材、映像のを取り上げるのは、社会的な意味があるから、と内なる良心を宥めるインパクト商業主義は
愛するドウーニャに銃を向けられた、そんな映画は、最後には自分でこめかみを撃つしかないだろうに、、、、

 そこで、バイオレンス、いじめ,復讐などは映画の観客が現実の社会はこんなに恐い、残酷なんだ、と教えて、
と要求するから、それを提供するんだ、と。
でも映画「Flowers」は真面目に、強く生きて行きたい、それぞれ問題を抱えるが自ら決断して、
幸せを掴み”次はあなたの番ですよ”と女性の力で家族をつないでいく、前向きに、
本来の人間の営みを語っている映画だと思っています。

こういう"い~い"映画がヒットする事が、この停滞した日本を元気に出来る、と思いますネ。

まぼろし探偵
まぼろし探偵さん / 2010年6月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

きれいなおねえさん☆

純粋に、美しかったです♪
男性の方もいろいろと好みがあるかと思いますが、
(そのへんはよくわかりませんが・・)
きれいなお姉さん(死語?)好きなら、見ておいて損はないかも。
世の中、きれいごとばかりじゃないけれど、
こんな世界もあり。。☆=と思わせる作品でした。
いまいちの評が多かったので、心配しつつ見に行きましたが、
感じ方はそれぞれですね♪vv ^-^

見て大晴快 (ママ)
見て大晴快 (ママ)さん / 2010年6月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

香水をつけすぎたような映画

親子3代の女系家族を描いたのはいいのだが、それぞれの生活はばらばらで、横の繋がりには殆ど触れず、縦軸を基調にしただけで、これといった強いメッセージがあるわけでもない。
「美しい日本女性」を題材にするのならば、もっと女性を個として掘り下げるべきだろう。年代を行き来して6人の女優を見せただけで、「美しい日本女性」を感じろというのは、なんとも乱暴な話だ。6人の女優も、婦人雑誌の表紙の変遷を見ているようなだけで、誰が誰の娘だったのかごちゃごちゃになる。
昭和40年頃の雰囲気を出したくて、小物を集めた努力は評価するが、こういうものって、写るかどうかわからないところにまで気を配るからプロの味が出る。それを、これ見よがしになんでもかでもカメラに収めるのって、つけすぎの香水みたいで下品だ。
キャスティングでよかったのは、官能小説家の長門裕之ぐらいだ。彼の役にしても、なぜ文芸作家から転換したのか、その過去は結局明かされない。
同じく女優をいっぱい集めた駄作に「NINE」があったが、あっちは女たちを翻弄する魅惑の男が主軸にいたが、こっちにはそれすらもない。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2010年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少子化対策国策映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

蒼井優扮する物語の初代が典型的家父長の父親に反発して、結婚式の当日花嫁衣装のままで家を飛び出す。そして、その子や孫である二代目、三代目の女性たちの生きざまを、今をときめく主役級女優たちの豪華な共演により、1930年代、60年代、70年代、そして21世紀と、それぞれの時代的制約の中で自分らしく生きるために葛藤し、家族、兄弟、夫婦愛のありかたを、時系列を無視して、まるでなぞ解きをするかのようにして描いている。
そのあたりは見事で、観る者を飽きさせず、命の大切さ、家族愛の深さに触れて心が暖かくなる。
それぞれの女優の個性的な美しさや可愛らしさを優しい映像で引き出し、随所に映像美がちりばめられていて素晴らしい。
しかし、結局は時代の制約に妥協し、女性の幸せを子どもを産み育てることに限定するかのような結論のあり方に、「少子化対策国策映画」のような臭いを感じたのは僕だけだろうか・・・

shikahiko
shikahikoさん / 2010年6月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜだかあったかい涙があふれる

資生堂TSUBAKIの企画モノで薄っぺらいかな?と思いきや、いやいや不意をつかれる、心に響くヒューマンドラマ大作。

昭和初期から現代にいたる女系一族の
特別にドラマチックなわけでもなく、
どこにでもありうる女性たちの物語。
なのに、見た後には何か心に一つ、あったかくてひたむきで前向きな気持ちが残って、なぜか涙がじわっとあふれてきました。

なんだろうなぁと思ったんですが、
先週にSATC2を見た後だったので、
そのギャップを考えたら少しわかりました。

いかにも現代な、そしてアメリカな、
なんだかんだで自分が一番かわいくて、自分の気持ちよさだけを追求しているだけのSATCな人生観。

一方、自分よりも大事なものがあることや、周りに流されず自分を信じて生きる人生観のFLOWERS。

正直、SATCな空気や気分に犯されていた私は、この静かな物語にガツンとやられて、ちょっと忘れていた温かなものがこみ上げてきたのだと思います。

心に深く残る、あまり観たことが無い不思議で大切な映画です。

caetano888
caetano888さん / 2010年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

THIS IS THE JAPANESE BEAUTY

主演クラスの女優を全員主演にしたバブリーな映画。
資生堂シャンプーTSUBAKIの映画版。
特別協賛はもちろん資生堂。

こんなに豪華キャストを揃えてしまったから、宣伝にあまり金が回せなかったのか、映画の存在が世の中の中に浸透していない気がする。
今の時期だと、やはり「告白」が強い。

一族の命の繋がりを軸に、
日本の美を伝えていく。

蒼井優
仲間由紀恵
竹内結子
田中麗奈
広末涼子
鈴木京香

このキャストたちそれぞれ命のつながりがあって、
一族として続いていく。

それぞれの時代、それぞれの人生で、力強く生きていく。
それぞれの時代のそれぞれの風習の中で生きていく命の力強さ。
嫁ぐ、ということ、
求められてた男らしさ、女らしさ、
失った愛、
亡くなった命、
だけど、家族はいつまでも家族。

途中で「パーマネント野ばら」の「わたし狂ってる?」というあのシーンのDejavuを感じながら、観ていた。

日本の古きよき美しさ、しきたり、
そういったものに反発しながらも、しなやかに生きる日本人の美が描かれている。

豪華キャストを起用しまくってるわりには、派手さはやく、口数少なめに日本の美を厭味なく描いた点は素晴らしい。

今の時代にはなんだか物足りなく、地味かもしれないけど。
でも、こんな時代だからこそ、こういう映画を撮ったのかもしれない。
映画は、豪華キャストを使えばいいってわけでもないし、
金をかければいいわけでもないし、
涙を誘えばいいわけでもない。
だけど、大金かけたこの映画は、金をかけてキャストを揃えただけのことはある。
だけど、なんでわざわざここまでするの? とも思う。

映画製作について考えを巡らさせる映画でもある。
映画製作において何に比重を置くのか、
何を描くために映画を作るのか、
日本映画とはなにかを観客にぶつけてくる映画であった。

こんだけ豪華なキャストでありながら、厭味な派手さはなく、
淡々と描かれるこの映画は、まさによき日本映画だ。

TOKUSHI
TOKUSHIさん / 2010年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなかどーして男がグッと来る感じ

正直言うと女が観る映画でしょって感じでいたのですが、若干無理やり観てみたら、おいおいスゴイぞこりゃ。
日本映画のカタマリみたいに次々懐かしい映像が。
通じゃないとわからないかもしれないところも満載で魅せるみせる。
昭和の男には案外たまらない一本かもしれませんよ。

白いドア
白いドアさん / 2010年6月14日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

FLOWERS フラワーズ

期待して観たのですが、最近の映画では最大の裏切り映画です。確かに6人の女優は綺麗ですし、映像は最高です。ただ、ストーリーとしては無理がある。最後のこの6人が繋がる、というキャッチですが、観ていて理解に苦しみます。ストーリーが分かりずらい。TVのコマーシャルの延長の画像です。非常にガッカリです。お金を払って観る価値はゼロです。

Supergiver
Supergiverさん / 2010年6月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6女優、尺はほぼ同じ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

可もなく不可もなく。
あるポイントでは涙腺が緩んだりもする。
ただ、全体的に退屈で猛烈な眠気が襲ってくる。

良かった点は、妖艶な鈴木京香、家庭的な団地妻を演じた仲間由紀恵。
広末涼子は現代のパートで鈴木京香の妹を演じたが、相変わらず成長
することができずにいる。
それは「おくりびと」のときから何も変化していないかのごとく。

6女優に比べて、それぞれの夫であり恋人であり……といった面子が
大沢たかお以外は均一に地味。
それでいて、大沢は途中で死んでしまうのだから、何がなんやら。
企画趣旨は非常に興味深いものがあるが、やはり「餅は餅屋」の定理に倣い、
広告屋が映画に手を出すべからず。

中島哲也のような突出した人材も中にはいるかもしれない。
ただし、この作品は資生堂とおおいに絡んでおり、無茶な企画としか
言いようがない。
そのうち民放で放送されますよ、えぇ。

義理人情
義理人情さん / 2010年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

19件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi