アンストッパブル(2010)

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アンストッパブル(2010)
アンストッパブル(2010)
13%
55%
27%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「クリムゾン・タイド」「デジャヴ」「サブウェイ123 激突」でタッグを組んできたトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが、実際の列車暴走事故をもとに映画化したアクション大作。米北東部のペンシルバニアで、大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した最新式貨物列車が、整備ミスにより暴走してしまう。ベテラン機関士のフランク(ワシントン)は、初めてコンビを組むウィルとともに暴走列車を止めようと奔走する。共演はウィルに「スター・トレック」(09)のクリス・パインのほか、ロザリオ・ドーソン。

2010年製作/99分/G/アメリカ
原題:Unstoppable
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第83回 アカデミー賞(2011年)

ノミネート

音響編集賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX

映画レビュー

5.0トニー・スコットの列車映画

2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

映画は列車を描き続けてきた。初期の映画は、運動を再現できるというモーションピクチャーの特異さを示すために運動する媒体を欲したわけだが、当時もっとも大きく速い運動する機械だったのが列車だった。以来、列車は映画を彩り続けてきた。トニー・スコットの最後の作品である本作は、そんな列車の運動性能を最大限に活かした作品だ。
何しろ、無人で走り出してしまった暴走列車が相手だ。そんな列車は手が付けられない。その運動能力が街を脅威に陥れ、二人の男が命がけで列車の停止を試みる。無人の列車という、人間ではない相手であるのが本作の面白さだ。人間のミスから生まれた事故だが、その運動性能は人間の手に負えるものではなくなってしまう。それを二人の男が身体を張って止めるというのが熱い。常に走り続ける列車を映すので、画面も常に躍動感があり、原初の映画の感動がほとばしっている。デンゼル・ワシントンが列車を屋根づたいに渡っていくシーンのスリルがすごい。バスターキートンの「大列車追跡」を思い出す。あれも時折列車が無人で走り出してしまうシーンがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.0震えるほど泣いた

2020年12月18日
iPhoneアプリから投稿

若者がオヤジをブチ抜き、若者の台頭を渋っていたオヤジもスッキリとこれを認め祝福し、そして救われる、というのに最近滅法弱い。

震える程泣いた。

で実はその時点で若者の青春期は終わり始めている、と思うと尚泣く。

快作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

5.0暴走機関車

2020年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

デンゼル・ワシントンが盟友トニー・スコット監督の遺作に主演した。
実話ベースで無人の貨物列車をどのように止めるかを、スリリングに一気呵成に見せていく。
機関車は映画向きだ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

2.0タイトルなし

ケイさん
2020年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

扱う題材はありきたりだがなデンゼル・ワシントンの演技でカバー。しかし人物の背景があまりにも薄く魅力が伝わらない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ
すべての映画レビューを見る(全87件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る