「核ミサイル発射コードを巡る攻防戦!~やっぱりトムはすごいなぁ…」ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル syu-32さんの映画レビュー(感想・評価)

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

劇場公開日 2011年12月16日
全160件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

核ミサイル発射コードを巡る攻防戦!~やっぱりトムはすごいなぁ…

「ミッション:インポッシブル」シリーズ第4作。

「プレミアムシネマ 年越し映画マラソン」での放送にて3回目の鑑賞。

クレムリン大爆発から、イーサン・ハントたちがまさかのテロリストに仕立て上げられ、さらにはIMFが解体されてしまうという衝撃の展開で幕を開けます。一気に物語に惹き付けられました。

核ミサイルの発射コードを巡って、“ゴースト・プロトコル”が発動し組織の後ろ盾も無い孤立無援の状況で、しかもロシア当局から追われる身でありながら、先手先手を行く狡猾な敵に決死の戦いを挑むイーサンたちがカッコ良過ぎました(笑)

シリーズ恒例のトム・クルーズの命懸けスタントは、やっぱり鳥肌物だなぁ、と。ブルジュ・ハリファの窓ガラスをよじ登って行くシーンは、手に汗握り、思わず呼吸を止めてしまうほどにスリリング! 実際にやっているんだから、恐れ入ります…。

満足な装備も無いまま、後は勇気と実行のみ、みたいな気合で臨むミッションは、まさにインポッシブル! しかし、“不可能を可能にする”のがイーサン・ハントという男…。一生着いて行きます!(笑)

syu-32
さん / 2019年1月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報