「かなり良い、SF邦画。」七瀬ふたたび CUTさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

七瀬ふたたび

劇場公開日 2010年10月2日
全4件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

かなり良い、SF邦画。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ゲオでホラーのコーナーにおいてあったけど、内容はSFサスペンスアクションだった(笑)

BGMが映像に自然に溶け込んでて凄く良かった。

ダンテ・カーヴァーや子役も演技面ではあまり気にならないし、主演の芦名 星がはまり役だったと思う。綺麗で、格好良い。

アクションはこの手の映画の中でもよく出来てたと思う。

原作は1975年の筒井康隆の小説。この映画は原作にほぼ忠実とのことだけど、映像として無理のあるシーンは特に見当たらなかったから、その点で原作は今の映像技術に合う、先進的な作品だったのかもしれない。
原作、読んだこと無いけど(笑)。

展開にメリハリがあって引き寄せられ、興奮して見れるとても良い作品だった。
そしてループエンド好きだからとても気に入った。(結末は原作とは大きく異なっているらしいけど…)

ただ説明口調なセリフがあったり、あとメインキャラが超能力者だから共感できるところが少なかったかも。

CUT
さん / 2013年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi