恋するベーカリー : 映画評論・批評

恋するベーカリー

劇場公開日 2010年2月19日
2010年2月9日更新 2010年2月19日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

本能に忠実すぎる大人たちの性懲りもない愛の彷徨

邦題に惑わされ、初老のキキが恋に揺れる“リアル魔女宅”的ロマンスを夢想していると、まさかの淫らさに驚かされる。実際、日本ではR15+指定。原題「It's Complicated=込み入った/理解しにくい」の通り、屈託なきラブコメには程遠い。恋愛に年齢不問という自己啓発的メッセージを読み取るのは自由でも、むしろ性懲りもない大人たちを溜め息まじりに笑いとばす方が健全だろう。

3人の子を育て上げたシングルマザーは、心と体が満たされず、再婚した元夫と“不倫”して愛が再燃するという前代未聞の展開へ。臆面もなくよりを戻す2人の駆け引きと貪るような老獪なSEXは大いに笑えるが、いくつになっても大人になりきれない性<さが>には軽いめまいを覚える。とはいえ、人生最終ステージに差し掛かり、元の鞘に収まることを笑いと涙で祝福する感覚は奇妙でありながらも、やれやれ、これでいいのだと言わしめる妙な説得力がある。

70年代から同時代の女性の生き様を体現してきたメリル・ストリープがヒロインを演じることで、重層的な意味がもたらされている。ここには、アメリカ映画が描いてきた夫婦関係のこんがらがった変容という時間軸がある。家庭よりも自立を重んじ、自我を優先してきた親たちの愛の彷徨は決して素敵なものじゃない。最大の犠牲者である子供達が唖然として見守る傍観者としてのみ描かれるのも、アラ還世代のナンシー・マイヤーズ監督が露悪的に自らをさらけ出し、どこまでも本能に忠実だからこそ。呆れつつ、ビバ・アメリカと呟くしかあるまい。

清水節

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全35件)
  • 今観ると色んな人生のヒントが隠されてるなと思う。 昔映画館で見たときは、「こんなもんか」と思っていたけど、今観ると色んな人生のヒントが隠されてるな、と思う。 人間関係で人って悩むものだけど、大人になっても愛ってなに?の繰り返しだし、答えはない... ...続きを読む

    金井亜希子 金井亜希子さん  2019年2月27日 23:39  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 悲しくもかわいいおじさんのあるある 元、というのはちょっと安心して冒険できるもの。 主人公がととどまった事が感心したけど、こういうものなのか? 男ってどうしようもないんだなぁと、解っているから、結論を出せたのか? 出会った人が良か... ...続きを読む

    em emさん  2016年9月3日 18:08  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 大人の恋 メリルスリープ演じる大人の恋を味わえる映画でした。ある程度の年齢と経験を有する人でないと、この映画を楽しむことは難しいと感じました。 ...続きを読む

    まさ まささん  2016年4月10日 11:12  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • スノー・ロワイヤル スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレット コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バック ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報