バッド・ルーテナントのレビュー・感想・評価

バッド・ルーテナント

劇場公開日 2010年2月27日
13件を表示 映画レビューを書く

下衆!

内容もグダグダしてて、救いようの無い刑事!
こんな刑事絶対だめでしょ?!笑
見終わっても気分が悪いです。

Riri
Ririさん / 2017年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ザッ悪徳刑事

腰を痛めた悪徳刑事のニコラス・ケイジの演技が見事であるとともに、エバ・メンデスの出世作になるか!というとこでしょうか?
アメリカのギャングの世界の裏と真実を見事に描いたのと合わせて、善悪の有る刑事の山あり谷ありの人生が表現してある。
エンディングでハッピーエンドってのがハリウッドらしいかなぁー
サスペンスだったら最後anHAPPYであっても良かったかと。
それと昔刑務所で助けた囚人との水族館のシーンは何となくピンとこないかな。

iga-max
iga-maxさん / 2017年3月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高だ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 久しぶりに見返したら改めて素晴らしかった。

 ヤクをカツアゲしたり、ラリったりしながらもお父さんの面倒を見たり犬を預かったり、犯罪捜査をしたりと世の務めをきちんと果たそうとしているところがいい。借金も踏み倒さない。

 クズなのに、そんなもろもろを放棄せずに懸命にやりくりしている。

 ストーリーもとても面白い。警察署の机に座っていると次々関係者が現れて問題解決を語っていくところが面白かった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2016年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グズ警官の話

ヤク中のニコラスケイジがヤクのためならなんでもするという話。最後に助けた囚人が公正していて皮肉たっぷり。
1作目(30作品中)

斉藤くん
斉藤くんさん / 2015年1月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最近の映画にないパターンが面白かった。

オリジナルは見てないけど、リメイクだけに、最近見ない感じの映画だった。

内容は、グダグダ、ドロドロの泥試合を見ているような感じで、面白いというより、この映画、最後どうなるんだろう?とそればかり考えていた。

野球に例えると、チームのことなどまったく考えない個人プレーばかり、反則とエラーを繰り返すみっともない打撃戦で、時々乱闘などで中断しながら、サヨナラで終わる26対25の試合みたいだった。

ニコラス・ケイジが演じている主人公の警官は、ちょい悪でなく、かなり悪いオヤジ。

普通の映画の主人公だと、実は悪いことするには理由があって、最後に本当はいい人でした、みたいな感じで終わるんだけど、そうはならず、最後まで警官の立場を利用して悪いことをする役だった。

でも、なんとなく憎めないのは、悪いことはするんだけれども、暴力はふるわなかったし、どんな悪い人でも、殺すことだけはしなかった。

殺してしまった方が、自分の利益になるような人や、自業自得みたいな人でも手にかけなかったし、仲間が逮捕しないで殺してしまおうとするのを止めたりする。

他の登場人物も似たりよったりで、平気で悪いことする犯罪者や、けっして正しいとは言えない人ばかり。

このパターンだと登場人物がみんな死んで終わりになるのが普通ですが、そうはならなかった。

最近の映画にない変わった感じの映画ですが、後味はそんなに悪くなく、実際の世の中も、この映画のように、ひどいことだらけのような気がする。

それでもなんとか収まり、続いていくものなのかもしれないし、たまにはこういう泥試合みたいな映画も面白いかもしれないと思った。

Push6700
Push6700さん / 2014年1月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

獣性が支配する世界において、獣になりきれなかった哀れな男 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんとも奇妙な傑作である。監督はニュー・ジャーマン・シネマの鬼才ヴェルナー・ヘルツォークである。まあ彼が監督であるから、まともな映画になるはずもなく、案の定オリジナル版とは全く違ったゴーン・クレイジーなカルト作に仕上がった。
アベル・フェラーラ監督のオリジナル版は、ハーヴェイ・カイテル演じる主人公・警部LTの苦悩を通して描かれる罪と救済についての、極めて宗教的でシリアスな映画であった。そしてこちらは、ハリケーン・カトリーナ襲来直後のニューオリンズが舞台。ニコラス・ケイジ演じる警部補テレンスは、俳優の実人生がリンクするようなダメな役柄だ。ヤクや賭博で借金まみれになっているその哀れな姿は、浪費癖がたたって同じく借金苦に陥っているニコラス・ケイジの八方塞がり状態そのままではないか。そのおかげて彼は最近のデニーロ同様、作品を選ばず手当たり次第にゴミのような映画に出演し続けているのだ。それはウォーク・ザ・ラインやザ・マスターのホアキン・フェニックス、またはレスラーのミッキー・ロークに匹敵するほどの、役柄と俳優の実人生が合致した瞬間である。だからニコラスはメソッド技法によってテレンスになりきっているのではなく、テレンスそのままの男なのだ。
もう一つこの映画が妙なのは、時折唐突に挟まれるテレンスの幻覚シーンである。彼はヤクで四六時中ラリっているので、そこにいるはずのないイグアナやブレイクダンスをする死者の魂など、到底理解できない幻覚を見る。しかし彼はそれに苛まれるような様子を見せずに、ニヤニヤと己の幻覚を見つめるのだ。踊る死者の魂を見て「もう一発撃て!魂が踊ってる」と嬉々とした表情で叫んだりもする。アタマが行くところまで来てしまった男なのだ。
しかしこの作品の面白さは、そんなどうしようもない生き地獄のような場所に生きるダメ男にも、わずかに残されたプライドと優しさが存在するところにある。じっさい彼は映画の冒頭で囚人を助けたことで警部補に昇進し、女を健気に愛し、最後には担当事件を執念深く追った末に解決。更に警部に昇進し、恋人との間に子供まで授かる。気がついたら物事が自然と良い方向に行き、呆気にとられるようなハッピーエンドを迎えてしまう。それはある意味で彼の才能なのかもしれない。考えてみたら、そういう何故か運の良いヤツって周りに一人くらいいたりする。そういう類の男なのだ。そのダメさも優しさも含め、とても人間臭く憎めないキャラクターである。
この作品は上記のようなブラック・ユーモアと皮肉に満ちてはいるが、決して露悪的ではない。ラストシーンは見る者によって希望とも絶望とも取れる絶妙なバランス。ではこの作品から一体何を読み取ればいいのか?これはあくまで勝手な解釈ではあるが、いわば「獣性が支配する世界において、獣になりきれなかった哀れな男」を描いた映画なんだと思う。非常になろうと思えばどこまでも非常になれる凄惨な世界で、獣になりきれなかったために訪れる希望と救い。それが一人の男を救った。しかしその皮肉がこれからも上手く機能するかは分からない。彼はそんな世界のいたずらさに振り回され、たまたま救われたに過ぎないのかも知れないから。
最後にこの映画の特徴として、やたらと爬虫類が出てくるということ。しかも彼らは前触れなくテレンスのまえに現れては、どことなく消えてゆく。幻覚のイグアナ、車に惹かれたアリゲーターとそれを見つめるもう一匹のアリゲーター。映画冒頭に出てくる濁水の中を悠々と泳ぐヘビ。彼らはいわば「獣性が支配する世界」における住人たちであり、獣性に満ちたその眼を光らせ、半ば同じ匂いのするテレンスをどこからともなく観察していたのかもしれない。

rbebe
rbebeさん / 2013年12月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ニコラスによる、ニコラスのための映画?

腐敗しきった刑事をコミカルに描いた作品。なんだか良く分からないけれど良い作品だ。これは、恐らくニコラスケイジによるところが大きいのであろう。彼のためにあるようなストーリーで、こういうテイストの役柄を彼以上にこなす役者はいないだろう。

どこか普通じゃない人間の生き様を描くことで、この世の真理の一端を垣間見させるような作風の多いヘルツォーク監督だが、これほどコミカルな彼の作品は初めて観た。さすがに名匠というだけのことはあり、ストーリーも表現手法もたんたんとしてはいるが、質感の良い作品に仕上がっている。ラストシーンのほのぼのとした感じも良い。思わず、結局人間ってこんなもんだろうなと感じさせてしまう。

k.mori
k.moriさん / 2010年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それでも、生きていく

渋い
重い
スッキリ晴れやかになる映画ではないな

~~~

予告編からは
コミカルな内容かと思っていたのですが、
渋みのあるニコラス・ケイジが満載になっていました。

犯人逮捕
警部補昇格→警部昇格
愛する女性が新たな命を宿す

しあわせは一瞬の幻
いつも残るのは孤独だけ

出世しても
家庭的な幸せに恵まれても
けっして満たされることのない喪失感

それでも彼は生きていく
生への執着もみせる

死んでるように生きている

そこに生の煌きはみられなかった

☆彡     ☆彡

ニコラス・ケイジが
そこにいるだけで漂う存在感

練りこまれた脚本

隙のない演出

ラストに浮かべた笑みは
未来への希望だったのだろうか
未来への絶望だったのだろうか

septaka
septakaさん / 2010年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イカスハゲ

オリジナルのハーヴェイ・カイテル版は見ていないので解らないんですが
結構な面白さでした。

ただ自分は、「正義ってなんだろう?」って観終わったあと結構考えこんでしまいました。売春婦をかこってドラッグの転売、悪徳の限りを尽くし、破綻して行く。
でもあっと驚く結末に、この世の不条理というか正直ものがバカをみるというか…何なんだろう?俺みたいな人間はやっぱだめなんかなぁ…

あ、ニコラス・ケイジの映画ってまともに観たの始めてですが良い役者ですね。つっても比較してるのが20年前のwild at heartですけど…

ゲオルゲ・ハジ
ゲオルゲ・ハジさん / 2010年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まだまだいけんじゃん!ニコラス!!

とにかくニコラス・ケイジの独壇場です。
◎を何個でもあげたいし、彼の演技だけにお金を払ってもいいと思いました。

徐々にドラッグ中毒が進行していく主人公を、演技だけで表現しています。
しかも、頬をこけさせる、などの身体的なアプローチではなく、表情や演技だけでそれを表現しているのです。
ここまで狂気に満ちた演技を見せられると、悲惨というのを通り越し、怖くて笑ってしまう…もうスクリーンに釘付けです。

最近は普通のおじさんになっていたニコラスですが、やはり彼には怪演がよく似合います。

演出、音楽、どれをとっても衝撃的。ハイテンションなときに是非観てみて下さい!!

KENTA
KENTAさん / 2010年3月13日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

独特の世界に浸る2時間+α

ヘルツォークは好きだったけど、ニコラス・ケイジ主演で舞台がアメリカの刑事ものだなんて、ヘルツォークも終ったなと思ってました。とは言いつつ、久々のヘルツォーク映画だったので、観に行っちゃいました。
結論から言うと、かなりの傑作、いや怪作です。まず、冒頭からして不穏な空気が流れまくり、ニコラス・ケイジの形相がハンパない。最初から最後まで、ヘルツォークらしさ、異端児といわれる所以がありました。舞台や俳優が変わっても独特の世界を表現し続けていることを、ヘルツォーク自らがを証明した凄い作品だと思います。

もぐら
もぐらさん / 2010年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目から鱗の衝撃映画

92年に公開した『バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト』のリメイクだそうです。私はオリジナルは見てないのですが、
刑事なのにめちゃくちゃ、やりたい放題。どんどん壊れていくニコラス・ケイジが面白くてしょうがなかったです。
悪いやつなのに、完全な悪じゃない。しかも、それがニコラス・ケイジが演じるからこその憎めないキャラクターというのが最高にはまり役でした。

しかも、悪い奴なのにぽんぽん順調にことが進んでいくさまが、
巨匠ヴェルナー・ヘルツォークならではの皮肉がたっぷり含んであるようでよかったです。この映画は北野武さんとかに観ていただきたいですね。
この単純じゃない人、とか人生とか最近日本の単純なドラマばかり見てた私にとっては、衝撃度がすごくて新鮮でした。
映画ってやっぱりすごい超オススメです。
あと、ニューオリンズっていうのはジャズの発祥の地らしく、
ニューオリンズが舞台なだけあって、
音楽がかっこよかったです。
太りすぎたヴァル・キルマーはご愛嬌。
エヴァ・メンデスもはまり役でよかったですよ。

お時間あれば是非。でも、映画館でどっぷり浸かってみたほうがいいと思います。

トントン
トントンさん / 2010年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャラは立っていましたが、最後は何とも歯切れの悪い終わり方だったのです。

 麻薬漬けになり、目も虚ろなテレンス刑事を演じるニコラス・ケイジが凄くはまっていました。やっぱりダークヒーローを演じた方が、性に合っているのではないでしょうか。 役どころは、単なる悪徳刑事ではなく、どここか警官としての誇りや人間味を捨てきれない二面性をもつ憎みきれない奴なんですね。その微妙なニュアンスをニコラスはきっちり役作りしておりました。
 但し、ラストになって急にストーリー展開が急になって、中途半端にエピソードを処理していったのが気になります。
 テレンス刑事がどういうきっかけで、まっとうな家庭を持ってみようと思ったのか。そして移民の一家を惨殺した犯人を殺さず生かしておいたのか、最後は何とも歯切れの悪い終わり方だったのです。

 それにしても白昼よくまぁ、仕事中でもテレンス刑事は麻薬をかかさず吸い込むものです。よく同僚にバレずに済んだことが驚きです。といっても署内にグルになっている警察官がいて、容易に証拠品の麻薬を横領することができたのでした。
 そして、麻薬を手に入れるためには、売人を脅して麻薬を巻き上げるなんて朝飯前。カップルでラリっているところを発見すると、見逃してやるからと彼氏の前で彼女を犯してしまうなんてことまで、やってのけます。
 だけれどこんなダーティーな刑事でありながら、表の顔は水没した警察署の中に置き去りにされた容疑者を救ったヒーローで、署長からの信任も厚かったのです。
 その裏でテレンス刑事は、ワルたちも手玉にとって出世の肥やしにしてしまう悪辣さでした。連んでいた麻薬の売人一味を罠にはめて逮捕に導き、自分の手柄にしてしまうのです。逮捕するまで麻薬の売人一味を彼は徹底して利用しました。賭博の借金の穴埋めとして、捜査情報をリークして高額の報酬を得たり、押収した麻薬を金に換えたり、はたまた自分を脅迫した人物を殺害させたり、この一味を自分の都合のいいように振り回すわけですね。その辺のワル知恵の回し方は、感心するほかありません。
 問題は、本人の心の問題。オリジナルでは宗教にも触れられていたのが、本作ではカットされてしまい、テレンス刑事の心の葛藤や良心の呵責するところが分かりづらくなったことが残念です。唯一、父と自分と二代にわたって警官として写っている写真を眺めているテレンス刑事のシーンを描写することで、警官としてのプライドを取り戻そうとしているのかなと思わせるところぐらいでした。

 それにしても父親もその後妻もアルコール中毒患者だったのです。義理の息子が薬漬けになっていることを知っているこの後妻に向かって、テレンス刑事が酒は止めた方がいいと忠告するとき、あんたにだけは言われたくないと言い返します。全くそのとおりだと思いましたね。
 親子二代に渡って、警官にであるにもかかわらず酒と薬の中毒になってしまったこの二人に共通するトラウマを描ければ、もっと深みが出たのではないでしょうか。
 そしてテレンス刑事の愛人フランキーに抱く、ラストシーンでの優しさは本物であったのかどうか。見てきた人の感想を教えてください。
 そしてテレンス刑事は最後に変わったのか?ワルのままなのかについてもご意見ください。
 (コメントはmixiかYahoo!ブログで流山の小地蔵を検索して、そちらへ。)

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2010年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi