「暗殺の先まで思惑通りであったら」桜田門外ノ変 グッドラックさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「桜田門外ノ変」 > レビュー > グッドラックさんのレビュー
メニュー

桜田門外ノ変

劇場公開日 2010年10月16日
全26件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

暗殺の先まで思惑通りであったら

彼等が何を考え決起したのか、興味深かったです。
暗殺の先まで思惑通りであったら、維新の立役者は顔ぶれが随分違ったでしょう。彼等の何人かはその中にいたのでしょうね。

時間経過を把握しようと、映画の世界からどうもシラフに戻っちゃうのが残念でした。興味深かったけど。
彼等の捜索は思いのほか早かった。裏で何人が厳しい詮議を受けたかと思うと…ゾッとします。
当時、事を起こすということは、そういう事だったんですね。重いです。

グッドラック
さん / 2010年11月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報