(500)日のサマー 特集: 「(500)日のサマー」特別動画集 製作秘話&キャスト対談&ミュージッククリップ

ホーム > 作品情報 > 映画「(500)日のサマー」 > 特集 > 「(500)日のサマー」特別動画集 製作秘話&キャスト対談&ミュージッククリップ
メニュー

(500)日のサマー

劇場公開日 2010年1月9日
2009年12月28日更新

本作の魅力のひとつが、絶妙なキャスティングやスタイリッシュな映像にあることは前ページでも述べた通り。では、そんな本作はどのようにして生み出されていったのか? 主演のジョセフ・ゴードン=レビットズーイー・デシャネルマーク・ウェブ監督が製作の舞台裏を明かすインタビューや、主演2人のプライベートトーク、本編カットをふんだんに交えたミュージッククリップの動画集をお届け。

「(500)日のサマー」特別動画集 製作秘話&キャスト対談&ミュージッククリップ

魅力的な物語や人物、映像に満ちた「(500)日のサマー」はどのようにして生まれた? 魅力的な物語や人物、映像に満ちた「(500)日のサマー」はどのようにして生まれた?

■「(500日)のサマー」のキャスティング秘話

1本目の動画は、キャスティングについて。マーク・ウェブ監督が主演の2人を選んだ理由は? そしてジョセフ・ゴードン=レビットズーイー・デシャネルが本作に寄せた思いは?

■ズーイー・デシャネル×ジョセフ・ゴードン=レビットのカラオケ談義

本編でも2人が会社のパーティでカラオケを歌い、それを機会に急接近するという展開がある。2本目は、ズーイーとジョセフの2人がカラオケについてのプライベートトークを繰り広げる動画をお届けする。

■ミュージッククリップ

3本目の動画は、本編カットをふんだんに使用したミュージッククリップ。オーストラリア出身のバンド「The Temper Trap」の楽曲「Sweet Disposition」にのせて送る映像は、PV出身のウェブ監督の抜群のセンスと、映画のビタースイートな雰囲気が存分に味わえる。

◇ ◇ ◇ ◇

公式サイトでも特別動画公開中!

「(500)日のサマー」公式サイトでは、このほかにも多数の特別映像を公開中だ。今すぐアクセス!

「(500)日のサマー」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

技ありの演出に俳優も健闘。「自分の消し方」が頼もしい
映画評論

若い男女が出会う。男は思いきり惚れっぽく、絶望的にロマンティックな性格だ。一方、女はきわめて現実的で、恋に恋する幻想などかけらも持っていない。それでもふたりは好意を抱き合う。化学変化も兆しはじめる。となると、これはロマンティック・コメ...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す