孫文 100年先を見た男のレビュー・感想・評価

孫文 100年先を見た男

劇場公開日 2009年9月5日
2件を表示 映画レビューを書く

革命家孫文の物語ではない

総合:65点
ストーリー: 65
キャスト: 75
演出: 70
ビジュアル: 75
音楽: 70

 孫文は清廉潔白で志高く正義感の強い不屈な人間だった、少なくともこの映画の中では。中国映画ではよくあるのだけど、有名人物をとにかく欠点のない完璧な人として描きたがる傾向があるし、この映画もそうだった。革命って暗殺の危険に怯え、もっと失敗や困難の重圧や不安に押しつぶされそうになりながら、泥をすするような生活をしつつ進めていくようなものではないかと思う。だがここでは豪華な屋敷で気品あふれる人々によって物語がすすむ。
 どうも現実路線を追求した革命を中心に描いた映画ではないようだ。革命の準備の最中に孫文が過ごした日々を、周囲の人々の利益関係や恋愛を絡めながらとにかく綺麗に描いた耽美な雰囲気を持つ作品だった。むしろ革命家の生活の中にひっそりと咲いた儚い恋愛物語が中心なんだろうか。革命家・思想家としての現実の孫文をここではあまり期待してはいけないが、しかし映像の美しさや文学的な雰囲気は好感が持てて、そのような作品として見れば悪くなかった。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

諦めない男。

7度の武装革命に失敗し、さらに中国の未来に向け高みを目指す孫文。

当局から命を狙われ、それでも革命を諦めず、「今度演説台に登れば命はない」との脅迫に抵抗するかのように人々が集まる演説台に立ち、革命必要性を説きそのための資金を募る。

作品は少々長い気がするが、彼の偉業を表現するにはまだまだ足りないくらいなのだろう。

孫文の後ろ楯である富豪の娘とのエピソードは真実だったのだろうか?

描かれてはいなかったが彼が生きている間に9度目の革命を起こし、ようやく成功を収めた、とクレジットがあった。

孫文は正に中国の歴史にその名を残す偉大な人物だ。

ウィンストン・チャオは孫文の威厳と寛容さを持ち合わせたナイス・キャスティング。
役に填まっていた。

L’argent
L’argentさん / 2009年9月27日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi